コンテンツへスキップ

呼吸は自分のものなのに、人の呼吸には影響を受ける

昨日のblogで告知いたしました
呼吸法のクラスへ
早速お申込みをいただきました

昨日のblog⇒呼吸法のクラスをゆる~く再開します

本当にありがたいです

20141104-3

 

呼吸って
人と一緒にはしないですよね

あなたがしている呼吸は
あなたが生きるためにしています

しかし
その呼吸は周りの人に影響します

息(呼吸)に関するの慣用句を見ると

息が合う・・・人と気分がぴったり合う
息をひそめる・・・そこにいることを人に知られないようにする

なんてのもあります

DSC_0664
↑息が合っているようないないような、我が家の娘たち

 

私は日々呼吸法をやるときは
基本的に一人でやっていますが

人と一緒にやる呼吸法をするときや
クラスなど他の方と一緒にやるときは

普段と全く違う感覚が得られます

 

 

 

先日
どうも調子がイマイチで
一日中呼吸法をやっていました

  • 朝起きて数える呼吸(坐禅のようなもの)
  • PCに向っては緩める呼吸
  • 買い物に行く途中で歩く呼吸
  • 娘が泣いたら合わせる呼吸
  • 寝る前の絵本タイムには声に出す呼吸(読経のようなもの)
  • 眠る前に見つめる呼吸

少し回復したけど
まだまだ本調子じゃないな・・・

と、そんなタイミングで
今日急遽
友人と呼吸法をする機会を得ました

深く心を落ち着け
呼吸に意識を向けることで
自分のココロとカラダを感じる

すると、あらびっくり

立ちくらみもなくなっちゃったわ♪
↑医学的根拠はありませんよ

 

あなたは一人じゃない

一緒にやるから

感じられることもある

DSC_1845

これも呼吸法の醍醐味かもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です