木村眞理さんと我が家の納戸をオーガナイズ!

一応、ライフオーガナイザー(片づけのプロ)
のわたくしですが、
先般ご案内しました通り、
ライフオーガナイザーさんに
我が家の納戸のオーガナイズを依頼しました。

先般の記事↓
「プロだからこそプロに頼る!」

 

 

今回私は、
クライアントとして
オーガナイズをやっていただいたわけですが

ライフオーガナイズというのは

ライフオーガナイザーが伴走者として
走ってくださるわけで

クライアント自身が走らなければ
ゴールにはたどり着けません。

 

ゴールテープの先に
「どんな景色があるのか」よりも
「どんな景色を見たいのか」を
クライアント自身が明確にイメージし
一歩一歩踏みしめて前に進むから

ゴールした後に
見たかった景色が
必ずそこに現れるのだと思います。

その景色は
ライフオーガナイザーが見せてくれる景色
なのではなく
クライアント自身がイメージした景色
なんだと私は思っています。

 

とまぁ、
前置きで熱くなってしまいましたが(笑)

 

伴走者となるライフオーガナイザーさんとして
木村眞理さんにお願いし、
と~っても気持ちよく走れました。

眞理さん、ありがとうございました!

 

 

私も(一応まだ)オーガナイザーなので
物量は少なめですし、
生活のキャッチフレーズとして

「全員スタメン!」

を掲げているので
(って家族に言ったことはありませんが)
使っていないモノは
極力所有しないでいましたが

今回の作業で、
出てくる出てくる・・・

これだけ手放しました

DSC_5444

 

ちなみに
オーガナイズ前はこんなでした

DSC_5428

DSC_5424

 

オーガナイズの最中
眞理さんは基本的には
手放すことを促しません。

それどころか、

私「これ、好きだけど使わないんですよね。この機会に捨てようかな・・・でも、父が買ってきてくれたもので思い入れがあるんですよね・・・でも、使いにくいし使わないんです・・・捨てます!」
眞理さん「え~、そうなん?こうしたら?」

IMG_7705.JPG

キッチンの一角に
私の大好きな象さんコーナーが
出来上がり♪

 

象の置物の後の黒地の象のアイテムは
石でできた箱のフタでした。

箱として使うことしか
考えていなかったのですが

これぞ眞理さんのオーガナイズの真骨頂

「思い込みを外す!」

で、こんな空間になりました。

 

 

と、今回はここまで。
年内に最後までかけるかな?

木村眞理さんと我が家の納戸をオーガナイズ!」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: プロだからこそプロに頼る! | つながるいえ

  2. ピンバック: オーガナイズがもたらすもの | つながるいえ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です