コンテンツへスキップ

子供のお手伝い、歓迎できる?

我が家には
今年5歳になる長女と、
3歳になる次女がいます。

私や夫が台所にいると
お手伝いをしたがります。

 

有難いのですが・・・

親が安心して任せられることよりも
子供には少し危ないようなことを
子供たちが手伝いたがります。

 

長女の3歳のお誕生日に
まな板と包丁をプレゼントしました。

 

はじめの頃、
何度も指を切りました。

「切りそうだなー」と見守りながら
手や口を出したくなるのを
ぐっとこらえました。

 

というのも、

その程度では死にはしない!

と思ってのこと。

さすがに包丁を振り回したら止めますが・・・

 

案の定、
何度か指をざっくり切り、何度も大泣きしました。

 

トラウマになってやらなくなってしまうのでは?
成功体験を積ませたほうがいいのでは?
と考える方もいるかもしれませんが、

私は、

娘が失敗するチャンスを見守りたい。

 

 

でも見守るって結構苦しい。

私にはそこで呼吸法があったから
ヒヤヒヤせずに見守れる深い呼吸と
失敗しても冷静に対応できる平常心で
子供の指の傷の治りも早く
娘も涙を引きずらずにすんでいます。

 

失敗しても
「だから言ったでしょ~」
って言わないで
ただひたすら
子供の呼吸を読み
こちらの深い呼吸を伝えていく。

これだけでココロとカラダの傷は
癒せると実感しています。

 

子育て呼吸法ですね♪

 

 

台所のお手伝いだけじゃなくて
子育てのいろんな場面で
活用できると思います。

 

さて、
今でも失敗はしますが、
いろんなものを独創的な形に
切ってくれる長女。

 

先日は切るものがなくて
アボカドを切ってもらいました。

IMG_7831.JPG

その足元で

「私も手伝いたいのにー」と

オムツで泣き叫ぶ次女

IMG_7834.JPG

長女が楽しく切ったアボカドを
スプーンでくり抜いてもらいました。

IMG_7835.JPG

いつの間にか頭の上に…

 

子供のお手伝い
丁寧に見守りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です