コンテンツへスキップ

【つながるいえ通信】#73 呼吸法で風邪に強い体を手に入れる

 

2016年1月18日(月)
【つながるいえ通信】#73 呼吸法で風邪に強い体を手に入れる

◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇
おはようございます。
【つながるいえ】のやぎはしすみこです。

 

先週から体調を崩していました。
「風邪だろうから、呼吸法と睡眠で治せるわ!」
と高を括っていたのですが、
週末に「溶連菌」と診断されました。

治らない訳ですね(汗)
過信は禁物です。

 

 

さて、本日の内容は
そんな私が言っても説得力がないですが
自戒をこめて書こうと思います。

 

 

呼吸法をしっかり続けていると、
風邪をひきにくくなります。

 

その大きな理由の一つとして
「基礎体温が上がる」
ということがあります。

 

数える呼吸(坐禅のようなもの)を数分やるだけで
体温が上がるのを感じられます。

 

基礎体温が低いと、
癌リスクが上がり、
妊娠確率も下がる、
と言われています。

 

呼吸法を続けていると、
基礎代謝が上がり、
同時に基礎体温が上がります。

 

それによって
免疫力も上がり、
風邪に強い体が作られていくわけです。

 

 

数える呼吸のやり方をご紹介しますね。

※過去もブログ等でご紹介していますが、
その都度、要所を押さえて書いていますので少しずつ違っています。
いずれも「数える呼吸」で同じものですので、ご容赦ください。
数える呼吸は、
呼吸の回数を数えることだけに
意識を向ける呼吸法です。

 

手順としては、

  1. 数分間座っていられる姿勢をとります。
    座っていても、立っていても結構です。
    目は開け行いましょう。
  2. 呼吸を、吐く・止める・吸う、の順で繰り返し、
    その回数を数えます。
  3. 吐くときは、細く長く吐き、最後まで吐ききることが重要です。

 

これを、「呼吸10回」「10分間」など
ご自身で決めただけ続けてください。

 

数える呼吸は、呼吸だけに意識を向けることで、
雑念を手放す、メンタルトレーニングという
側面もあります。

 

同時に、
吐ききる力を鍛えることで
内臓がマッサージされ、血流も良くなる
身体的な効果が得られるのです。

 

 

 

さて、いかがでしたか?
ポカポカしてきましたか?

 

その調子で、基礎体温を高めて
風邪に強い体を手に入れてください♪

 

 

<<クラスのお知らせ>>

 

呼吸法のクラスはこちら

 

<<編集後記>>

 

上でも書きましたが「溶連菌」にかかりました(汗)

娘の保育園で溶連菌が出ていたのですが、
娘ではなく私が持ち帰ってきました。

送り迎えのちょっとの時間で、
もらっちゃったんですね。

マスクは必須ですね。
皆さんもお気をつけて。
雪で始まった今週も、皆様にとって心地よい一週間となりますように。

 

 

◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇

呼吸とともにある心地よい日常「つながるいえ通信」

<発行>
つながるいえ代表 やぎはしすみこ

撮影アルバム

当メールマガジンは転載は自由です。
ぜひ多くの方にシェアしてください。

<配信解除>
配信の解除は、こちらからお手続きください。
http://www.mag2.com/m/0001669005.html
ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です