ココロも呼吸にあらわれる

昨日の記事
「カラダは呼吸にあらわれる」
に関連して・・・

ココロも呼吸にあらわれています

kokoro

分かりやすいところでいうと

  • イライラ
  • ソワソワ
  • ピリピリ
  • ドキドキ
  • ホッ

想像しやすいワードで列記してみました。

これ以外にも、
ココロの動きは呼吸をみているとわかります。

 

じゃあどんなココロの動きか?
と説明したいところですが、
ココロが感じていることを言葉にするのって
とっても難しいのです。

そのかわり、
ココロで感じていることは
共感という形で人に伝えることができます。

 

それを実現するのが、
「合わせる呼吸」
という呼吸法です。

もともと「合わせる呼吸」は、
日本語の慣用句でいうところの
「息を合わせる」ための呼吸法です。

なのですが、私はこの合わせる呼吸を
相手の想いを感じるために使うことがあります。

 

やり方を簡単に説明すると

  1. 相手の呼吸を観察する
  2. その呼吸に合わせて、自分も呼吸をする

だけ。
簡単すぎました?

 

ご家族、とくにお子様とやってほしい呼吸法です。

例えば、
子どもがぐずったり、
イライラしたりしているとき、
いたずらをしているとき、
その行動を叱って注意することもできますが、

合わせる呼吸をすると、
子どものココロが伝わってくるかのように
感じられるのです。

そうすることで、
子どものその行動の本当の理由をわかってあげられたり
最短の対処方法を提示してあげられたりもします。

IMG_7388.JPG

↑我が家の惨状?
静かだな~と思ったら、寝室がすごいことに!
ま、ここでは合わせる呼吸をするまでもなく
ニマニマしながらそっと扉を閉めました♪

 

「目は口ほどにモノを言う」
といいますが、
「呼吸は口ほどにモノを言う」
でもあるんですよ♪

 

ぜひお試しあれ♪

 

「うちのこは言うことを聞かない!」
と悩んでいる親御さん、
呼吸法セッションで呼吸法を
本気で身に着けてみませんか?

呼吸法セッションはこちら

 

妊婦さん、お子様連れのママ向けの
子育て呼吸法も開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です