呼吸法を通して得られた父との関係(4)

なんだか長い連載になってしまいました(汗)

呼吸法を通して得られた父との関係(1)
呼吸法を通して得られた父との関係(2)
呼吸法を通して得られた父との関係(3)
の続きです。

 

呼吸法を続ける中で、
私の今の想いにフォーカスし
「父と私」というマインドマップを描きだしたところ、

父と仲良くしたい
父に私の娘たちと遊んで欲しい

という思いが、大粒の涙と共に
ボロボロとこぼれ始めたのです。

自分で蓋をしていた素直な気持ちに触れられたような
今思い返しても不思議な時間でした。

 

このマインドマップを機に
私の心は一転し、
怒りの感情は芽を出すこともなくなりました。

 

 

それと前後関係ははっきり記憶していないのですが
同じ頃に姉から連絡がありました。

「父が倒れた」

と。

父が仕事などのストレスで職場で倒れ、
病院に運ばれたというのです。

姉は母と連絡を取り合い、
大病ではないとすぐにわかり
あれだけ嫌だと思っていた父のことなのに
心から安堵しました。

しかしそれでもまだ、
父に連絡をすることはできませんでした。

 

そして数日後、
突然父からメールが届いたのです。

「お父さんが悪かったよ」

と。

検査のために病院に行った際に、
私とのことを看護婦さんに話したのだそう。

そうしたら、その看護婦さんに
「そりゃ、娘さんが大変な時に、そんなこと言っちゃダメ!」
と注意されたそうな。

 

メールを読み返しては
ボロボロと涙が出ました。

そしてやっと
私が呼吸法とマインドマップで気づいた
自分自身の思いを父にメールで伝えました。

「お父さんと仲良く過ごしたいんだよ」

と。

そんなことを父に伝えたのは、
人生で初めてのことでした。

 

そして、
父との決別を心の中で撤回した瞬間でした。

IMG_8004

従兄弟と私、そして左に写る父

今の私は、体系は父にそっくりになり
私の次女は、この写真の私にそっくりに育っています。

 

続きはまた明日。
次回が最終回かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です