呼吸法を通して得られた父との関係(5)

呼吸法を通して得られた父との関係(1)
呼吸法を通して得られた父との関係(2)
呼吸法を通して得られた父との関係(3)
呼吸法を通して得られた父との関係(4)
の続き、今回が最終号です。

父からの突然の謝罪メールに涙し、
私も自分の正直な想いをメールで父につたえました。

すると、すぐに返信がありました。

「お父さんね、今日確定申告に行ってきたよ」

って。
へ?っぽっかーん。

うちの父、ぶっ飛んでます(笑)
感動のメールのやり取りはずが、
もう気持ちへ別のところへ飛んで行ってますね(汗)

でも、いいんです、これが父なんです。
こんな父と仲良くしていたいんです。

IMG_0004

 

そして、一連の出来事を呼吸法のテストクラスで
皆さんにご報告しました。

 

父に対する怒りに目を向けるきっかけとなり、
何を言ってもジャッジされない場(呼吸法のクラス)で
自分が思っていることをゆっくりと話し、
呼吸法で、今の正直な想いにフォーカスしていく。

もちろん、呼吸法だけでなく
マインドマップで書き出し続けられたことも
価値がありました。

 

父が陳謝する以外に解決はできない
と思っていましたし、
最終的には父から謝ってくれましたが、

父に謝られなくても、
私の父への怒りは手放すことができました。

きっと、私が怒りを手放せていないまま、
父からの謝罪のメールを見ても、
「そんなこと今更言っても・・・!」と、
別の火種を探して怒っていたことでしょう。

 

私は、父のせいで怒っていたのではなく、
怒りの原因を父にしていたのですね。

 

 

呼吸法は、

頭で考えていることをいったん手放し
心のセンサーを覆っている埃をお掃除し
感じていることにどんどん正直になっていくこと。

頭で考え過ぎて、
過去の恨み、未来の不安を追ってしまったり、
損得で捉えるのではなく、

「今」に立ち戻り、
自分の心が真に感じていることに
目を向けること。

自分の軸を確認すること。

そして、その軸を自分でつかむこと。

 

これからも、年を重ね親子の関係も変わっていくでしょう。
その中で、この経験と呼吸法が、
私にとってどんなふうに影響していくのか
楽しみにしていたいと思います。

 

長々お読みくださり、ありがとうございました。

 

呼吸法を通して得られた父との関係(5)」への1件のフィードバック

  1. かおる

    こんばんは
    最後まで読み終えました
    父と子・親子の感情・親子だからこそ難しい時がありますよね?
    親孝行したい時に親は無し…
    私は20歳で父と別れたので切実でした。

    寿美子さんとお父様の気持ちが通じて良かったです。
    親子って鬱陶しい!でも繋がりは深い。
    厄介だと思うこと然り、、、な今日この頃です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です