子供のなぜなぜ期、どんな風に接してる?

赤ちゃんから物心をついたころから始まる
「なぜなぜ期」

うちの娘達もなぜなぜ期真っ最中で
どこに行っても、
誰彼構わず、

「これなに?」
「どうして?」
「どうしたの?」

と聞いています。

IMG_8168.JPG

「掃除機には乗らないで!」というと、
「なんで?」

テレビや映画である俳優さんが別の役名で出ているのを見て
「なんで名前が違うの?」

外食でビールを頼む我ら夫婦を見て
「なんで私はジュースじゃないの?」

私の足の裏の角質を見て
「なんでこんなに固いの?」

頭部の寂しめの方を見つけ
「なんで髪の毛ないの?」

 

かわいいものから、
ギョッとするようなものまで
様々です。

 

簡単に応えられる「なぜなぜ」も多いのですが、
「本当にこの答えであってるか?」
と不安になったりもします。

 

 

そんななぜなぜ期の次女と
先日、洗面所でこんなやり取りをしました。

IMG_9051.JPG

小さいサンプルの石鹸を手に

次女「これなにー?」

私「なんだと思う?」

次女「わかんなーい」

私「食べれるんじゃない?」

次女「えー、食べれないよー」

私「なんで食べれないのー?」

次女「石鹸だから」

私「えー!それ石鹸なんだ!んじゃ食べてみようか」

次女「だから、石鹸だから食べれないの!」

 

こんな風に、
わかってるのになぜなぜすることも
多いんですよね。

それ以外にも
正解を求めていないときもある。

そんなときは、答える代わりに、
「なんでだと思う?」
と逆質問したり、

とにかく面白い答えや、
明らかに間違った答えを返して、
一緒に笑うようにしています。

 

 

「なぜなぜ?」

に答える前に、

「なぜ、なぜなぜ聞いているのか」

に気付いてあげられると
大人も子供もラクちんですね。

 

私の子育てってこんな感じにゆるーいです💦

といっても
「こういうときはこうする」というような
ハウツーがあるわけでもなく、

娘の呼吸から、
「なんで?」と聞く娘の
本当の気持ちに気づく
子育て呼吸法をしているだけです♪

 

今日はどんな爆笑がまっているか
楽しみです🎵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です