コンテンツへスキップ

「人生観変わった?」ってそんなに簡単にかわるかアンポンタン

過去に2回富士山に登ったことがあるのですが、

登山後に何人かから
「富士山登って、人生観変わった?」
と聞かれました。

 

出産をしたあとも、何人かに聞かれました。

 

以前、母にも
「お遍路さん行ってこようと思う、人生観変わるっていうから」
って言っていました。(結局行かなかったけど・・・)

 

富士山を登った時も、出産をした時も、
なにかしら感じたことは確かです。

「人生観が変わる」って
「薬を飲んで劇的に調子が良くなる」とか、
「電気のスイッチをパチンっと切り替える」
みたいなものなんでしょうか・・・?

 

 

以前、とある私塾に入塾していました。
「ブレークスルーという気づきのステージを超えると、見える世界が変わる」
とひたすらを言われていました。

一応、私もそのラインを超えたと認定されたわけですが・・・

そのステージを超えたと認定された他の方々が、
「超えたからわかることってあるよね」と、
サウナを出た時のような爽快顔を揃えて言うわけです。

違和感・・・

ほんとなの〜?
もっと正直になりなよ。

 

登山や出産みたいに到達点があったとしても、
みんな同じ感覚になるわけじゃないし、
ゴールテープがあるわけでもない。

人生観を変えようと思って生きてたって、
人生観は変わらない!
人生観の変え方を聞いて実践したって変わらない。

そもそも「人生観」自体をわかっていない!

 

 

って、書きましたが・・・

私も富士山に登る前に、登頂した先輩に
「人生観変わりました?」って聞いてました。

私塾にも、何かを変えたくて入りました。

 

みんな何かを変えたくて生きてるのかな〜。
「今」をまるっと受け入れていかないと、次のステージには行けないんだろね〜。

私も、道半ば。ず〜っと、道半ば。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です