以心伝心はテレパシーじゃない

5歳の長女が保育園で覚えてきた遊び

ピコピコピコピコテレパシー

e5e6a0b90ac97692126aeff104a02698_s
↑ピコピコのイメージ

調べてみたら、異様に著作権やらで守られているような印象があったので、
リンク掲載は避けますが・・・

娘が歌う歌詞から想像して
テレパシーを送ってそれを当てる
という遊び方で、我が家では盛り上がって遊んでいます。

たぶん、保育園でやっている遊び方と違います(苦笑)

 

 

それ以来、私と娘の間ではテレパシーが流行っています。

「ママに見て欲しいときは、ママにテレパシーを送る」
「娘に手伝って欲しい時は、娘にテレパシーを送る」

はい、もちろんどっちも気づかず、

「今テレパシー送ったよ!」

って言っては笑っています。

 

 

息づかいシルエット

 

テレパシーじゃないですが、家族ほど期待してしまうこと

「以心伝心」

 

毎日顔をあわせてるんだから、なんとなくわかるよね?

今日はそっとしておいて欲しいの、言わなくてもわかるでしょ?

 

 

言わななくてもわかることはあるけど、
家族であれど、言わないとわからないこともある。

相手には伝わっているだろうという以心伝心は信じていても
相手のことを感じている以心伝心は実践していない

それって・・・もしや、テレパシー?

それも、受け手が確実に受け取ってくれていること前提

 

我が家では、文頭に書いたテレパシーごっこで、
以心伝心でもテレパシーでもない
言葉をかわすコミュニケーションを楽しんでします。

 

では、最後に一句

「テレパシー 送れず結局 声かける」

 

 

私は、呼吸法で娘たちの気持ちに気づきやすくなりました。

興味のある方は、子育て呼吸法のクラスがオススメです!

子育て呼吸法の詳細はこちら↓

子育て呼吸法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です