子供と喧嘩をしたあとは、息を合わせて仲直り

子供と喧嘩をしたり、
子供を怒ったり、叱ったりした後は、

「ごめんね」だけじゃなくて、
静かに抱きしめて息を合わせてみてほしい。

3分だけでいいから。

 

言葉だけじゃ、上っ面なやりとりになってしまうこともある。
でも、呼吸は嘘をつかない。

呼吸で、お互いの心を感じられるから・・・。

 

「ごめんね」っていったけど、

まだ、怒っていたり、
まだ、怯えていたり、
まだ、泣きたかったり、

その気持ちを最後まで受け止めてあげよ。

子供の気持ちだけじゃなくて、
ママの気持ちも、ちゃんと子供に伝わるから。

 

IMG_9870.JPG
↑ご飯より活字好き、七つの習慣を眺める5歳児。
ご飯食べてよって言いにくい状況(汗)

 

この前、疲れのせいか、どっか〜んと怒った。

長女は、涙をこらえて怒られていた。
次女は、「誰のこと?」といった感じで鼻歌を歌っていた。
私は、5歳の長女に低音で怒った。

怖かっただろうな。

言葉で仲直りしたあとに、ぎゅって抱きしめて呼吸を見つめた。
「怖かったんだろな、寂しかったんだろな、悲しかったんだろな」

最後に長女がいった一言
「ママのことが大好きなの、今度二人で飲みに行こうね」

だって。そうしようね。

IMG_9491.JPG
↑ビールの横でも、絵本を読む長女

 

 

<<子育て呼吸法>>

子育てシーンで活用出来る呼吸法をお伝えしています。

子育て呼吸法

 

<<ゆるく続ける呼吸法>>

月に1回、呼吸のメンテナンス

ゆるく続ける呼吸法のクラス

 

<<呼吸法セッション>>

1対1で呼吸を深めるセッション

呼吸法セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です