コンテンツへスキップ

ぐるぐる考え悩んだあとだから、気づきが一気に浸透する

先日、
SNSに投稿しようとした言葉を
一回飲み込んだ。

『「風邪ですね。一応お薬出しておきましょう」と言った医者には、二度とかからない』
と書こうと思っていた。

でも、思いとどまった。

それから、
いろんなことを考えていました。

本当にそのお医者さんはダメなの?
本当に薬はダメなの?
お医者さん、薬の意義は?
風邪ってなんなの?
なんで娘は風邪になったの?
子供の病気は親の心の写し鏡?
意味づけ自体が無意味では?

自分の中では
ぼやっとした落とし所は
見つかったのですが、
頭を整理できず
言葉も整理できずにいました。

でも、
昨日参加した勉強会で
「いいんだよそれで」
と言ってもらえた気がします。
※先生がまさにそうおっしゃったわけではありません。

 

参加した勉強会というのは
山梨の小児科医 横地真樹先生
「やまびこ勉強会 in東京」
横地先生の記事:10/16(日)、11/13(日)東京で「やまびこ勉強会」を開催したします!

西洋医学による現代医療の矛盾
矛盾から目を背けない勇気
直感と気づきと違和感

 

西洋医学に楯突く内容かと思いき
最後の言葉で、
これまで悶々としてきたことが解けました。

 

西洋医学は二元論(善悪で判断する)
東洋医学などの医療を推奨し、
西洋医学を悪と批判することも二元論的考え。

存在するもの全てに、存在意義があるのだ。

 

そう、そうなんですよね。

冒頭のお医者さんのことを「悪」
と書くのをやめたのは、
二元論的考え方だとうっすら気付いたから。

ぐるぐる考えたあとだったから、
先生の言葉が当たり前のように染み込みました。

 

勉強会では、
先生がど〜っとしゃべられるので、
パーツを理解するので必死だったのですが、

今朝、夫にシェアをしながら、
横地先生が話していたことが
ぷちぷちっとつながり、
「お〜、そういうことだったのか〜!」
と、またまた理解が深まったり。

 

でも、かと言って
横地先生がおっしゃること全てに
「感服します〜」
となることはなく、

私がわからないことはわからない。
それは、知識がないからではなく、
直感的にまだまだわからないだけ。

だから、それはそれでよしとする。

 

勉強会中に
「迷ったら、やってもやらなくてもいい。どっちを選んでも、必要な方向に転がるだけ。だから、悩まなくても大丈夫」
と感じてノートの端に書落とした瞬間に、
先生がぜんぜん違う話からそのことを話し始める、
なんて場面もあり、
一人で「うぉ〜」となっていました。

 

ともあれ、
この勉強会に参加しようと思ったのは、
直感でしかなく、
参加費も安くはないけど、
どうしても行きたいと思った。

その直感に従って、
本当に良かったと思った1日でした。

 

次回は2016年11月13日(日)10時〜16時半@新宿

催眠療法のこともお聞きできるそう。

先生の話を聞きながら、
直感が開いていきます!


(左)八木橋、(右)横地先生
横地先生48歳・・・めちゃくちゃお若い!!!

 

 

<子育て呼吸法>

子育てで、息を抜けるママになるために
呼吸法を取り入れてみませんか?

日程:
2016年11月16日(水)10:30~12:00 ②
2016年12月19日(月)10:30~12:00 ③

場所:授乳服専門店モーハウス青山ショップ
モーハウス青山ショップへのアクセス

参加費:1,500円

2 thoughts on “ぐるぐる考え悩んだあとだから、気づきが一気に浸透する

  1. 横地真樹

    八木橋さん、こんにちは。

    先日は勉強会に参加して頂き、ありがとうございました。
    勉強会の準備をする事は、自分の中にある物を整理する事にもなります。

    勉強会の最後の部分は実は、2日前に思いつきました。それまではどう閉めたらよいのか、自分の中でも判然としない所があり、モヤモヤしていたのです。

    勉強会の2日前にうちのスタッフの1人と話をしていた所、「そうだこういう事が伝えたかったんだ!」と気づき、そこで最後の部分が出来上がりました。

    自分の中にはあった事ではあるけれど、それに気付く事が出来、まとめる事が出来、発表することができ、そして八木橋さんの言葉から、ちゃんと伝わったんだと確認する事が出来、とてもありがたく感じました。

    やはり今出来る事を魂を込めてやっていると、最高の結果が生み出されるのだと実感出来ました。それを確認させて頂き、ありがとうございました。

    来月の勉強会も残っていますが、次こそ僕の伝えたかった事です。一回目以上に魂込めて準備しますので、又よろしくお願いいたします。

    返信
    1. SumikoYagihashi

      横地先生
      コメントも下さり、ありがとうございます。
      そうなんですか!あのストーリーの中で、とっても魂がこもっていました。
      次回、楽しみで仕方がありません。私の中でも何かが起こってきそうで、ワクワクしています。
      どうぞよろしくお願いいたします!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です