コンテンツへスキップ

子供の緊張を和らげる、呼吸のお守り

小さな子供でも
いろんな舞台に立ったり
試験や注射など
緊張する場面が沢山あります。

大人からすると
「それも経験だ!」
「緊張する姿も可愛い」
なんて思えたりもしますが、

緊張せず普段の力を発揮できたら
と願うものだと思います。

かといって、
舞台に立つのは子供。

親ができることって
限られているものです。

 

今日は、
私が娘にプレゼントしている
呼吸のお守りをご紹介します。

 

材料

  • 大人の深い呼吸
  • 大人の手

この二つがあれば
お守りを作ることができます。

 

お守りの作り方

 

必ず、子供の前で作ってください。

 

まず、
大人が自分の呼吸を整えるために
考えることをやめて
深く息を吐き
心から落ち着きます。

お団子を作るように
手を合わせます。

手の中に集中し
深く3呼吸ほどしましょう。

手の中が暖かくなったら
お守りはバッチリ完成です。

 

特殊能力も呪文も
必要ありません。

呼吸を整え、
真剣に集中すれば
誰にでも暖かいお守りを
作ることができます。

 

お守りを子供に埋め込む

手の中で作ったお守りを作ったら、
早めに子供に埋め込みましょう。

埋め込むのは
臍下丹田という場所です。

おへその下3〜10cmくらいの位置です。

そこに、
お守りが浸透させるように
優しく手を当ててください。

 

「お守りに手を当ててね」と伝える

緊張したり、不安になったら
お守りを思い出して
優しく手を当てるように
子供に伝えてください。

 

緊張すると
身体中に力が入ってしまったり、
頭が真っ白になってしまいます。

臍下丹田は
力を入れることができない部位です。

人間であれば
丹田の位置は、直感的に知っています。

丹田を意識できれば、
体の力が抜け
思考から呼吸に
意識が切り替わります。

 

 

「深呼吸!」はしないでね♪

「緊張したら深呼吸!」
と考えがちですが、
私はこれは伝えないようにしています。

なぜなら
深呼吸をしようとすると
息をいっぱい吸ってしまうからなんです。

息をいっぱい吸うことで
交感神経を刺激し、
肩は上がり、体に力が入るので、
緊張を助長しがちなのです。

 

なので、
丹田を意識する方が
緊張を和らげるためには
良いのです。

 

 

長女にやってみたところ・・・

先日、
長女(年長)にお守りをしてあげました。

その日は、
緊張した時に何度かお守りに手を当て
緊張を和らげることができたようです。

「3回くらい触っちゃった。
あったかかったよ♪」

とのこと。

お守りとして機能したようです。

 

そう、これはあくまでもお守り。

力を発揮するのは
自分自身なんですよね。

 

 

さあ、今週末には、
娘にとってもっと緊張する
イベントがあります。

どうなるでしょうね♪

 

こちらの記事も
合わせてお読みください。
子供に「呼吸のお守り」をあげない二つの時

 

<セルフメンテナンスのための呼吸法>

■日時:2017年2月22日(水)10:00~12:00
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加費:5,000円
■定員:8名
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です