コンテンツへスキップ

垣根のない空間

パスポートの期限はとっくに切れているやぎはしすみこです

NHKオンデマンドでこの番組を観て
パスポートを更新しよう!と思いました(笑)
単純・・・(笑)

「迫力満点!究極の動物エンターテインメント~シンガポール動物園の舞台裏~」
残念ながらNHKオンデマンドでの配信は終了しています

世界中の動物園マニアの方が
こぞって行くような動物園が
シンガポールにあるそうです

 

シンガポール動物園

3545806_s

この動物園が有名な理由は
「オープン・ズー(open zoo)」
というコンセプトにあるようです

なんとこの動物園では
動物を間近に感じられるよう
観客と動物を隔てる柵は
ほとんど設けられていません

百獣の王と呼ばれるライオンですら
柵が設けられていないのです!!!
ドキドキ

動物たちの習性を利用した
動物たちが観客に危害を及ぼさない工夫が
観客から見えないところに施されているため
安全なんだそうですよ!
ホッ

また
仲の悪い種類の動物同士が
わざと接してしまうような環境も作られています
それによってケンカが起こることもありますが
それが動物たちに緊張感を生み
動物たちの生命力にもつながるのだそうです

この番組を観ながら
シンガポール動物園に住みたい♪
なんて思っちゃいました(笑)
オラウータンの仲間になるのかなぁ

といいつつ
我が家も
このOpenZooと似たような想いをこめて
リフォームをしました

 

我が家の価値観は

最低限の安全と
最大限の信頼をもって
相互にとって健やかな場であること

丁寧に扱わないと壊れてしまうものがあったり
それで遊ぶとママを困らせる(怒らせる?)楽しいアイテムがあったり
入るための場所ではないけど
子供の体でしか入れないような場所があったり
そこを秘密基地にしてみたり

それらを排除したり
禁止したりするのではなく
それらに触れて知ることができる
楽しい場所でありたいと想っています

だから我が家には
ベビーゲートもなければ
収納の扉もとことんありません

「つながる家」という名前には
「人と空間の垣根がない」という意味も込めています
これは尊敬する先輩あかはねみきさんがくださった言葉からインスパイアされたものです

とかなんとか書いちゃつて
いかにも穏やかに生活しているかのようですが
現実は・・・

オラウータン化してきた1歳の次女が
一昨日は重曹を撒き散らし
昨日は土鍋の蓋を割り
「やめてー!」と叫ぶ回数が増えました(苦笑)

この家に込めた想いに
向き合い直すときなのかもしれません♪

IMG_7280

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です