【写真展のついでに】子鉄&ママ鉄が喜ぶ世田谷線

2017年6月23日(金)〜25日(日)に写真展を開催します。


写真展については、こちら

 

開催場所は東京都内ですが、都心というわけではなく、
踏み込んだことのないエリアという方も多いはずです。

なので、写真展のついでに、こんなところにも寄れちゃう♪
という情報をアップしてまいります。

その第一弾は、世田谷線!

 

写真展の最寄駅は、東急世田谷線の上町駅

この世田谷線、全長5km、駅は全部で10駅、車両は2両編成。
小鉄&ママ鉄が手を振る姿を、毎日のように見かける、ほのぼのとした路線です。

 

ほとんどが無人駅

世田谷線で改札があるのは、

  • 三軒茶屋駅
  • 上町駅(上りホームのみ)
  • 下高井戸駅

の3駅のみで、他の駅に改札はありません。

ほとんどの駅はこんな感じ


上町駅下り電車(下高井戸方面)

 

運賃は、バスに乗るように、車内で支払います。

運賃箱は、一番前の扉か、一番後ろの扉にのみあるので、
それ以外の扉から乗ってしまったら、運賃箱のところにお金を払いに行ってくださいね。

もちろん、ICカード(パスモ・スイカ)も使えます。

 

運賃と1日乗車券

運賃は、距離に関係なく一回150円(ICカード144円)
子供運賃は、80円(ICカード72円)です。

現金 ICカード
大人 150円 144円
子供(小学生以上) 80円 72円

子供運賃を現金で支払う場合は、「こども」のボタンを押してからお金を入れましょう。

ですが・・・
世田谷線に1日3回以上乗る場合は、一日乗車券がお得なんです。

一日乗車券:330円(子供170円)

発券場所:三軒茶屋駅、上町駅(上り)、下高井戸駅

購入場所が限られているのですが、購入前に乗ることも可能。

運賃を現金で支払い、運転手さんか車掌さんに「一日乗車券お願いします」とお願いすると、一日乗車券に精算してくれる券を発行してくれます。

その日のうちに発券場所での精算は必要ですが、私はよくこの手で利用しています。

 

宮の坂駅前の旧車両

宮の坂駅下りホーム

線路を走る車両とは別に、左に緑色の車両が見えます。

これ、古い車両を使ったコミュニティースペースなんです。

床は板張り、つり革も懐かしい雰囲気です。

休日は、子供たちは自然と猿に還る、楽しいスポットです。

 

というわけで、
ほのぼの世田谷線に乗って、写真展にいらしてください。

 

写真展のついでに、他にもこんなところに立ち寄ってみてください。

【写真展のついでに】子鉄&ママ鉄が喜ぶ世田谷線
【写真展のついでに】神社に詣でる
【写真展のついでに】世田谷線上町でおみやげを買うならこれ!
【写真展のついでに】美味しいコーヒーを飲もう
【写真展のついでに】お腹が空いたらここに寄ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です