コンテンツへスキップ

TSUBAKI ホームページの写真撮影 1年前の彼女とその後の変貌

先月、つばきちゃんこと友田陽子ちゃんのホームページ写真を撮影(スタイリングから撮影まで)させていただきました。

ハンドメイドのカバン屋さん
TSUBAKI~handmade & only one~

http://tsubaki.gift

このホームページには、つばきちゃんの想いが溢れるくらいに詰め込まれたものであるのはもちろんのこと、彼女の想いに共感した人たちが関わり製作されました。

サイト制作(IT担当)は、松村直人さん
ライティングは、海外からオンラインで参画された愛さん
スペシャルサンクスとして的野竜一さんのお名前も上げられています。

私は、つばきちゃんを介してのやりとりでしたが、
勉強になりましたし、関わらせていただけてありがたかったな〜!と思っております。

ありがとうございました!←直接言えってな、自分ツッコミ

 

 

実は、つばきちゃんは私が
「プロフィール写真撮影はしない!」と断固お断りしていた2016年4月、
「そこをなんとか〜」と菓子折り持ってやってきました。

ついでにこのとき初対面(笑)

このときの彼女は、ライフオーガナイザー®という、心と空間を片付けるプロとしての資格を取得したばかりで、これからそのお仕事を始めようとしていました。

1年以上前のこの撮影を思い出すと、
「知識や技術、概念などは、すごいものだと思うし、理解しようと思えばできる。
だけど、腹に落ちていないから、提供できる気がしない。」
というようなことを話してくれていた記憶があります。

経験値の問題というよりも、表現しきれない違和感みたいなものを感じているように見えました。

そのときの私ものんきなもので「頑張んなきゃね」なんて言った気がします。

 

しかしね、そこからのつばきちゃんの変化は興味深かった。
彼女は、がむしゃらに頑張るというよりも、
違和感を見つめ、自分にパチッとはまるピースを妥協せずに探し続けたのです。

そして、出会ったのがドリームマップコーチングでした。

 

いやいやちょっと待てよ・・・。
今回つばきちゃんがオープンしたのは、カバン屋さんのサイトなんですよね。

なのに、ライフオーガナイザーも出てこれば、ドリームマップやコーチング・・・って?

 

実は彼女は、カバン屋さんとして、ネットでバンバン売ってきた実績があります。

作れば売れて、売れるから作って・・・
そんなときに、出産子育てが重なり、カバン作りを一旦横におきました。

そのとき見えたのは、散らかりまくった部屋や、「私、何がやりたいんだろう?」という葛藤だったのです。

 

そこからの、ライフオーガナイザー・ドリームマップ・コーチングで、
それらを吸収した上で、「やっぱり布が好き、カバンが好き」に戻ってきたのでした。

でも、ただ戻ってきたわけではなく、
カバンをつくるために、それらの知識や技術、そしてつばきちゃん自身が感じてきたものを全力投入し再稼働したのです。

 

そして、出来上がったのがTSUBAKI

 

実際に、カバンのオーダーを受ける時のヒアリング&コーチングを拝見しましたが、
ただカバンを作るためにオーダーを聞き仕様を決めるスタイルではなく、

ライフオーガナイズのヒアリングであり、
ドリームマップの夢や楽しさの要素もあり、
コーチングの手法も盛り込まれた濃厚なものでした。

 

ヒアリング&コーチングが終わった後で、つばきちゃんが発した言葉
「ね、私、話聞くのうまいでしょ!」
って。
クライアントさんの表情がどんどん変わっていったので、この発言につながったそう。(本人談)

つばきちゃんは、自分のいいところも知っているので、人のいいところを見つけるのがめっちゃくちゃうまいのです。

ってことで、私も思わずコーチングうけちゃったよ♪

 

 

ホームページ写真撮影・プロフィール写真・家族写真撮影など
八木橋に撮ってほしいという方からのオファーをお待ちしております♪

撮影メニュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »