コンテンツへスキップ

爪をかむ私 指をしゃぶる娘 つづき…

両親の努力虚しく爪かみをやめられなかったやぎはしです

「爪をかむ私 指をしゃぶる娘」の後編です

両親は私の爪かみをやめさせようと
爪にマジックを塗ったり
絆創膏をはったりと
色々試みるのですが

そうすると今度は
隠れてまた爪をかみ
気がつけばまた血だらけ…

社会人になってからは
そんな爪で名刺を差し出すのが
恥ずかしかった

けどやめられなかった

そんなこんなで
30歳近くまで
爪を噛んで深爪していました

だから
娘が指をしゃぶりたい気持ちは
とってもよくわかる

今思い返すと
両親が爪かみをやめさせようとしていたのは
私の将来を考えてのことだったと思うんです

歯並びが悪くなる
爪が汚くなる
自制できない子だと思われる

親の愛という名の「心配」ですね
改めてありがたいです

そうはいっても

今その親の心配の結果を考えると

爪を噛んでいても歯並びはよかったし
それよりも
社会に出てからのストレスで
歯ぎしりが酷くなったことの方が
歯並びと骨格に悪影響を与えている気がします

爪は
ジェルネイルの登場で
おしゃれを楽しむこともできるようになり

自制心は
呼吸法に出会うことで
身に着けられつつあります

そんな風に考えていたら

娘が指をしゃぶっている娘を
そのまままるっと受け止めよう

と思えました

なんだか結論が飛躍しているようにも感じますが・・・

そう思えてから数日たったある日
指をしゃぶる娘にオットが
「その指は大切なお友達なんだよね」
っていいながら
娘をぎゅーっと抱きしめる姿を見て

それでいいんだね
って思えました

ありがとう

この記事は・・・
指しゃぶりや爪かみに悩む方や親御さんの
心の支えになればと思い書きました
ここに書いたことは私の経験談であり
今の私のこたえです
人それぞれの解決策が見つかることを
心から応援しています

1 thought on “爪をかむ私 指をしゃぶる娘 つづき…

  1. ピンバック: 爪をかむ私 指をしゃぶる娘 | つながる家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です