コンテンツへスキップ

防災備蓄とお片づけ、そして呼吸法

ずいぶん前の話しですが・・・
昨年開催された
日本ライフオーガナイザー協会の
カンファレンスにて
この方の講演を聞きました

IMG_8036
↑は代表理事のあいさつ

 

家計管理とお片づけアドバイザー 岡部梨恵子さん

okabe_pro
岡部梨恵子さんのHPから拝借しています

「片づけ・備蓄が命をつなぐ」という
少し重めなテーマなのですが

会場は
ドッカンドッカン
大笑いの連続でした

防災備蓄は
ただ必要量を備えればいいわけではない

それに
モノで溢れた家で被災したら?

積み上げられた荷物が
凶器にもなりうるし

必要なものをら見つけるのすら
時間がかかってしまうかもしれない

それをモノの場所を把握している人が
災害で亡くなってしまったら?

大切な家族を守るためには

ただ防災備蓄をするのではなく
片づけをすることも
とっても大切なのですね

ということで
我が家の防災備蓄と安全性を
見直しました

そしてもうひとつ

呼吸法を身につけることも
一つの防災だと確信しました

昨年11月に
震度6強の揺れを
旅先の長野で経験しました
その時の記事はこちら
「地殻変動と自分をリンクさせてみる」

DSCN5101

大きな揺れの中で
初めにワタシがしたことは
自分の呼吸を確認し
整えることでした

シェルフの引き出しが飛び出し
廊下では消火器が倒れ噴射し
大騒ぎでした

突然の予期せぬ出来事で
不安と恐怖に襲われ

呼吸は自ずと浅くなります

呼吸が浅くなると
冷静な判断が効かなくなり
二次災害につながることがあります
9月1日防災の日には
防災備蓄と片づけ
いざというときにあわてない

呼吸法を身に着けていたいですね

オーガナイズサービス(お片づけ)はこちら⇒
呼吸法のクラスはこちら⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です