コンテンツへスキップ

怒りの副作用

子供に理不尽にキレまくった、やぎはしすみこです

怒った理由は
些細なことなんですけどね

ワタクシ、やぎはしすみこは
毎日怒ることもなく
穏やかに笑顔で
子育てしている
なんて勘違いしている方も
いらっしゃるかもしれませんが

ときどき怒ります
「ときどき?」とオットに突っ込まれそうですが

子供の頃から
「短気」
「瞬間湯沸かし器」
はワタシの代名詞でした

だから
こんなに怒らずに
子育てができていることの方が
奇跡に近いです(笑)

でも先日は
久々にガッツリ怒りました

それも理不尽に(苦笑)

怒るワタシを見ながら長女が
次女の耳元で
「やだねぇ、ママ怒っちゃって・・・」
というつぶやきを
ワタシの地獄耳がキャッチし
「ぬーん?今なんて言った?」
と鬼の形相で振り返る
ごめんね〜娘たち・・・

普段なら呼吸法で
怒りを初期消火するか
相手の呼吸に合わせ
落ち着くのですが

この日はそうもいかなかったのです
修行不足ですね・・・反省

その後
怒りの感情をざっくりと鎮め
お布団に入ったのですが
眠れない・・・

呼吸法をしながら
全身をスキャンしてみることにしました

す・る・と・・・

右半身がバッキバキ

特に
首から右の僧帽筋が
墓石のような堅さ

怒りの感情に任せて
「あ〜だこ〜だ」言っているときは
ストレスを発散しているようにも
感じられます

しかし
自分の体は
喜んでいなかったわけですね

そして
怒っているときほど
その言葉は届かない・・・

怒りの感情を
感じたことがない人は
いないと思います

悪い感情とも思いません

しかし
怒りの感情とのつきあい方を
上手にしていかないと

自分の体を
自分の心を
蝕んでいくことに
つながるのでしょう

娘たちよ・・・ごめんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です