コンテンツへスキップ

「なんなら、シミ、シワも消して、綺麗に見せたい」
「嫌いなところは隠して、少し痩せているように写して欲しい」
「せっかく撮るなら、ヘアスタイルも、メイクもお願いしたい」
「プロフィール写真は、現実よりも素敵に撮って欲しい」

というのは、プロフィール写真を撮ってもらう時に浮かぶ、当たり前の心理だと思います。

 

スマホの自撮り写真では、画質や背景など、プロフィールに向かないものも多く、
だから、それなりのお金を払ってプロに撮ってもらうことになるのですが、
「せっかくお金を払って撮ってもらうならば、やっぱり特別な自分を撮って欲しい。」と、
プロフィール写真がちょっとずつ盛られた写真になっていくのは、自然な流れなのです。

↑自撮りで盛ってはいませんが、底上げしてます

 

しかし、プロフィール写真で鉄則のように言われるのは、

「プロフィール写真は盛ってはいけない」ということ。

※「盛る」とは・・・普通よりも多くする、大げさにするという使い方の若者言葉で、現実よりも数段可愛く、綺麗に、ヘアやメイクなどを作り込む意味合いがあります。

 

「とは言ってもさ、大盛りじゃなければいいでしょ?小盛くらいなら♪」
と思っている大盛りの方、もたまにお見かけします(笑)

 

 

もとい、プロフィール写真を見てお仕事を依頼する側にたった時に、

信頼できそうで、
優しそうで、
できたらキレイで、
仕事ができそうで・・・

と無意識に人相で判断しているのは、自然な行動です。

やっぱりそういう現実を考えると、
プロフィール写真にどんどん気合が入っていくわけです。

 

 

さて、
私はプロフィール写真を撮る者として、
プロフィール写真のことを日々よく考えています。

それは、
「いかにいい写真を撮るか」
「どうしたらその人を引き出せるのか」
ということだけではなく、
「プロフィール写真って、どんな写真がいいんだろう?」
ということも、日々ぐるぐると考えています。

その中で、脳裏によぎった疑問・・・

「『プロフィール写真は盛ってはいけない』は本当か?」
ということ。

上で散々、「盛らないほうがいいよ」というようなことを書いてきましたが、
最近考えていることは、

「盛り盛りでもいいんじゃない?」
ということ。

 

そんなことを考えながら、こんなイベントを開催します。

しぶくらまつり2017

日時:2017年9月22日(金)10:00~15:00
場所:渋谷区文化総合センター大和田 2F学習室2
入場料:1,000円(当日お支払い・出入り自由)
しぶくらホームページ:https://shibuyakurashi.jimdo.com/

 

プロフィール写真なんてどーでもいい

 

みなさんの経験談や実感をシェアしながら、
写真を撮り・撮られてきた私の実感も交えながら
一緒にお話をしたいと考えています。

撮影:神取知華子さん

 

1

呼吸法のクラスを続けていて、いろんなご質問をいただきます。

人によって見解は異なるとは思いますが、
私が続けてきた実感と、
講座で伝えてきた経験を踏まえて、
お答えします!

息を吐く時・吸う時は、鼻から?口から?

吐くときも、吸うときも、鼻から、が理想です。

が、大事なのは、息をゆっくり&しっかり吐ききれること。
なので、吐くときは、口からでも大丈夫です。

 

口呼吸・鼻呼吸 吐く・吸う
のには、理論的な理由や解釈があり、心と体にアプローチするためには、
理想的なバランスで行うことが大切です。

が、難しいと感じたら、無理をせず、やりやすいほうで呼吸をしてみてください。

理論的におしりになりたい場合は、こちらの講座でもお伝えしておりますが、
続けていれば、自ずと鼻呼吸が楽になっていきます。

 

眠たくなってしまう

深く呼吸ができているのに、眠くなっちゃった場合は、
「寝ちゃってあげてください♪」

呼吸を感じ、体を感じ、結果的に眠い!と、心と体が結論を出したから、眠くなることがあります。
だから、その声に従って、眠っちゃってあげて欲しいんです。
眠ってみたところで逆に違和感があったときは、起きればいいだけなのです。

 

ただ、眠くなった時、呼吸が浅くなっているようでしたら、
呼吸をぐ〜っと深めるために息をしっかり吐ききってみてください。
これがうまくできるようになると、脳が覚醒し、眠さを吹き飛ばせるようになります。

 

呼吸法を続けていると、夜の睡眠の質がどんどん良くなり、
日中に眠くなることが減り、活動している時の脳が活性化してきます。

すると、夜は気持ち良く眠れる、
という良い循環が生まれていきます。

 

夜、寝つきが悪い方は、睡眠導入に呼吸法をしてみるのも効果的ですよ。

 

目を閉じたくなる

瞑想をやっている方や、独自に目を閉じて集中するようなことをしてきている方は、
習慣的に目を閉じたくなってしまうようです。

また、コンタクトが乾着やすかったり、ドライアイの症状がある方も、
目を開けているのが辛くなることがあるようです。

その場合は・・・
「目を閉じちゃってください♪」

そして、感じ方が違うかを観察してみてください。

 

目を閉じてやるのと、目を開けてやるのでは、効果は少し変わってきます。

呼吸法で目を開けるのは、動くものが見えている状態でも、「今ここ」にアンカーを下ろす意味もあります。

見えているものに焦点を当てる必要も、凝視する必要もないので、目を開けて
「あ〜、目ってみえるんだ〜」
くらいの感覚でやると良いかと思います。

 

吐ききろうとすると、お腹がプルプルしてしまう

「もっとプルプルしちゃいましょう♪」

これも、呼吸法を続ける通過点なのだと思っています。

なのですが、呼吸法を続けていると、腹式呼吸って力を入れなくてもいいんだ、とだんだんわかってきます。

しかし、そう気づくためには、プルプルしながら吐き切る経験が大切なんです。

それを繰り返してきたら、
「あれ?力入れなくても吐ける」
という時がくるんです。

それは、インナーマッスルが鍛えられた、ということではなく、
吐き切るコツがつかめた、ということなのです。

 

プルプルするのって、すんごく大事な通過点です。

なので、もっとプルプルしましょう♪

 

息を吐く・吸うがスムーズにいかない

スムーズにいかない、というだけでも、十分呼吸に意識を向けられている証拠だと思います。

ただ、
「スムーズにできない」=「ダメ」
という気持ちが湧いているのであれば、雑念として手放しちゃいましょっか。

 

そのうえで、
「あ〜、スムーズじゃないね〜、そんなときなんだね〜」
くらいの気持ちで観察し続けてみてください。

その後、どんな風に呼吸がかわるのか、はたまた、悩んでいたことを忘れてしまうのか、人それぞれの感じ方があると思います。

 

10分間同じ姿勢を保てない

10分間って、普通の生活の中では、
「たった10分」という感覚

それが、動かずに座るためには「長い」と感じるのです。

それに気づくけるだけでも意味があって、
「10分間同じ姿勢を保つってことを、今までしてこなかったんだ」
ってことなだけです。

この10分間の感覚を知ると、
今までは「たった10分」と思っていた日常の10分間が変わってきます。

 

あ・・・答えになっていないですね。

他の問いでもお答えしたように、
「10分間同じ姿勢を保てない」=「ダメ」
と思ってしまうようなら、雑念として手放しちゃいましょう。

 

呼吸に集中できるようになっていくと、
体の体勢が気になることも減っていきます。

もっと行くと、少々マニアックですが、
蚊が体を刺した痒さも、
足のしびれも、
忘れることができ、それが心地よくなってくることもあります。

もっと先の世界もあるのだと思いますが、私にはまだ未開の領域です。

 

雑念が浮かんでばかりで、呼吸に集中できない

「そんなもんです。」

どんなに修行を積んだ僧侶も、雑念が浮かんでいます。

 

これは、「たぶん」なのですが、
呼吸法を続けていくと、浮かぶ雑念の質が変わってきます。
言い方を変えると、無意識に引っ張られてしまう雑念の質が変わるのです。

 

はじめのころは、
「夕飯なんにしようかな」
「早くSNSチェックしたいな」
「あと何分かな?」
という雑念が浮かんでいたのが、

普段は思いつかないようなアイデアが浮かんだり
悩みが解決するような幸せな思考に陥ったり、

もっといくと、
遠く鳴く鳥の会話が耳に届いたり、
天気の変化を感じやすくなったりもします。

しまいには、
もっと目には見えないものが、見えるようになってくるのかもしれません。

 

雑念が浮かぶから集中できないのか、
集中していないから雑念が浮かぶのか。

どっちなんでしょうね〜♪

ってことでもあったりします。

 

無になるってどんな感覚?

無になるって、無なんでしょうね。
私もわかりません。

というか、
「これが『無』だ〜!」とつかんだ時点で、『無』ではないのです。

 

『無』になりたいという欲望があるうちは、『無』になることはないのです。

 

 

ご質問はこちらから

いろんなご質問をいただくのですが、こんな風に中途半端に回答をしているので、質問をいただくことがずいぶん減りました(笑)

回答を怠けているわけではなく、答えは自分の中にしかなくて、それを見つけるきっかけしか私にはお答えできないんです。

他にも、ブログには書けないようなご質問は、こちらのオンライン講座でお話ししています。
 
「呼吸法が心と体にいいわけ」を話す会
http://tsunagaruie.com/archives/5326

 

こちらのフォームからも、呼吸法に関してご質問いただけます↓
(フォームからのご質問は、ブログに掲載させていただきます!)

呼吸法に関するご質問

「冷蔵庫を見れば、その時の食生活がわかるのはもちろん、
その人の価値観や、心の状態もわかっちゃうんですよ♪」

というのは、この方の言葉。

ハッピー冷蔵庫アドバイザーの大野多恵子さん

大野さんとは、shibukura(しぶくら)というグループでご一緒させていただいているのですが、

大野さんに、しぶくらメンバーの冷蔵庫を見ていただきました。

 

ジャン!!!

しぶくらメンバーの冷蔵庫の写真を、みんなで見せ合ったところ、

「◯◯って冷凍庫にしまうの〜?!」
「◯◯ばっかじゃ〜ん!」
「◯◯はストックしてないの?!」

など、発見がたくさん!

10人10冷蔵庫!
自分のあたりまえは、人のあたりまえではない。

 

しぶくらメンバーの家族構成は、
3人家族から5人家族、
お子さんは大学生から未就学児まで様々。

よ〜く見ていると、
冷蔵庫から、その人の価値観も心の状態もわかるというのは、頷けます。

 

 

ということで、
どの冷蔵庫が誰の冷蔵庫かは、こちらのイベントで答え合わせができます。

しぶくらまつり2017

日時:2017年9月22日(金)10:00~15:00
場所:渋谷区文化総合センター大和田 2F学習室2
入場料:1,000円(当日お支払い・出入り自由)
しぶくらホームページ:https://shibuyakurashi.jimdo.com/

 

イベントでは、冷凍庫や野菜室のリアル写真も公開しますが、
これまた個性がでていて面白いのですよ!

 

ぜひ、遊びに来てください。

ちなみに、私はプロフィール写真のことをお話ししたいと思います♪

プロフィール写真なんてどーでもいい

 

 

 

今朝も、朝のオンライン呼吸法からのスタート。

2017年8月29日(火)からスタートし、
今日で2週間が経ちました。

流れもできつつあるので、どんなことをやっているのか、ご紹介します。

 

こんな流れでやってます

6:25 ZOOMのミーティングルームをオープン

6:30 ご挨拶してスタート

呼吸法の超概略、やり方を説明

6:35 10分間の数える呼吸

姿勢を意識しやすくリードから
音声をミュートにし、呼吸法開始
10分間坐禅を組むイメージです

6:45 終了

 

土日はこの後、10分ほど、ご質問をいただいたりトークをして終了します。

 

参加人数は日々変動しますが、5〜10名ほどの方が参加されています。
ご予定のある方は、ご自分のペースで退出なさっていきます。

効果はどんな?

ご感想などは、過去の記事にもシェアしていますが、

他にも、

  • 朝からスッキリ!
  • 日中に呼吸を意識できた
  • 日中のイライラが変わって、客観的に自分をみているよう。
  • 呼吸法中に部屋が気になって、片付けた
  • 朝が苦手だったのに、気持ちよく目覚められる

といった声もいただいています。

竹村由佳さんのこちらの記事も、とってもわかりやすく素敵です!

同じ朝でさえ2度とこないのだから1日を漠然と過ごすのはもったいない

 

毎朝参加できないとダメ?

毎朝参加できなくても大丈夫です!

平日はお弁当作りや、家族やお仕事などでの時間拘束で参加が難しい方もいて、
「週末だけ参加!」
という方もいらっしゃいます。

 

 

6:30以降の入室は、気が散ってしまうといけないので、ご遠慮いただいているのですが、毎朝参加できる必要はないですし、参加できる時にご参加いただけます。

 

この「朝のオンライン呼吸法」は、
呼吸法を続けるためのツールです。

一人だと、「今日は、いっか」と妥協してまいがちだったり、
一度中断してしまうと、重い腰がどんどん重くなってしまったり、

どんなに「やらない言い訳」を並べても、他の誰も困りません。

自分のために続けたいと思った方が、その方のペースで続けられることを大切にしています。

 

八木橋にとってもよい効果が

私は朝が苦手で、
「主催者なのに、オープンできない日ができちゃったらどうしよう」
「あの心地よい二度寝ができなくなっちゃうじゃん」
と、始める前は不安でした。

ですが、
始めてみたら、毎朝心地よくって、
毎朝目覚ましの前に目が覚めています。

 

そして、いままでよりも、部屋の掃除をする回数が増え、
朝の時間の使い方も含めて、良い循環が生まれています。

 

これも全て、
参加してくださる皆さんのおかげだな〜、
と改めて感じています。

 

ご参加者募集します

参加人数が変動しているので、
新たにご参加いただけます。

ご興味がある方は、ぜひご連絡ください。
オンラインで朝の呼吸法 9月も開催します

ご依頼

 

※呼吸法ネタが続いていたので、箸休め的に、衝撃画像をどうぞ。

 

「そこ」とは「ここ」

いまどきのタンクレスでもない、我が家のトイレ

手を洗うところも別にないので、基本的にはここで手を洗うことになります。
小さいので、家族は洗面所で手を洗っていますけどね。

 

ふたを開けると、複雑っぽい構造があらわに。

一番上のパネルも外せるようになっていて、
ひっくり返すとこんな形をしていました。

と、綺麗に見えますが・・・

実はこれ、お掃除後だったります。

お掃除前は

・・・

・・

なんと

・・・

・・

このあと、汚画像あり

・・・

・・

4年半、開けずにいたここは、
清水の流れる場所ではなかったようです。

 

 

実は、この写真もお掃除後だったりします。

before撮り忘れましたが、
ぜひ、おたくのお手洗いでチェックしてみてください。

 

 

便器や床、壁はお掃除しても、
ここはなかなかお掃除しないのでは?

 

では、チャオ♩←汚かったので、ちょっと爽やかに