コンテンツへスキップ

心地よい時間を過ごせたやぎはしすみこです

先週末に
プレスプレゼントクラス
を開催いたしました

全8回の第2回目でしたが
実質的には今回が初回
その訳はこちら⇒「ママのためのブレスプレゼントクラス 先月のこと」

今回は2名の方がご参加くださいました

お二人の人柄があふれた
本当に心地の良いクラスとなりました

 

そしてクラスの空気は
私が2割・参加される方が8割
の割合で作られます(笑)

私ができることは
皆さんがまた来たいと思える
空間を作ることなのだな
と改めて感じました

 

つながる家をチラ見せ↓

IMG_7280

開催時間直前に
遊びスイッチONの長女でしたが
すぐに協力してくれました!

ありがとう

 

 

さて
来月の開催は
9月27日(土)10:00~12:00
です

途中からのご参加
単発での参加も
大歓迎です!

定員6名です
お申込みお待ちしております

 

 

[class info]

1

ママのためのブレスプレゼントクラスを開催中のヤギハシです

今月は8月23日(土)に第二回目を開催します

お申込みは前日まで可能ですので
急に予定が空いちゃった方など
大歓迎です!

なお
初回体験価格も設定いたしました
詳しくはこちら⇒ブレスプレゼントクラス

 

記念すべき第一回目を
振り返ってみようと思います

それは
7月の新月の日

受講者のママたちはどこかしら…?

あれ?
ママじゃないオットだけなんですけど…チーン

てな感じで
娘たちが走り回る中
オットと一対一でクラスを開催しました
通常は娘たちはオットと出掛けしてもらう予定です

オットと数える呼吸(坐禅のようなもの)
をやることはあるのですが
それ以外は初めて

特にブレスアウトは
私はココロと言葉の呼吸と呼んでいます
声が上ずりそうになりながら
緊張して行いました

普段は
オットの話は雑に聞くツマ(私)
想いを表現するのが苦手なオット
という組み合わせですが

はじめての夫婦でのブレスアウトは
娘が走り回る騒がしい中
心地よい時間を過ごせました

 

ブレスアウトの時間は
利害も上下も評価も存在しません

誰もがしている呼吸と同じように
想いという息を吐き出し
別の視点の想いを吸い込む

吐ききれないものは吐くこともないし
無理して吸い込むこともない

ただ深い呼吸をするように
言葉を使ってココロの呼吸をするのです

大切な人だからこそ
言えなかったり
聞けなかったり

大切な人だからこそ
自分の価値観を投影しすぎて
押し付けてしまっていたり

オットと二人のブレスアウトは
心地よい気づきをくれました

このために
初回は参加される方が
いらっしゃらなかったんですね~!

 

そんなこんなで
第二回目のママのためのブレスプレゼントクラスは

次の土曜日 8月23日(土)に開催いたします

現在2名の方にご参加いただく予定です

実質的には初回ですので
残りの7回で8つすべての呼吸法を
お伝えしちおうかなと考えています

詳しくはこちら⇒ブレスプレゼントクラス

会場となるのは
2年前に超中古マンションを
スケルトンリフォームした我が家です

ライフオーガナイザー(思考と空間の整理人)
の自宅をご覧にただく
機会にもなるかと思います
自分でハードルあげちゃってます(汗)

32184_613821858634832_1926261489_n

では
当日を楽しみにしております!

素直になりたいヤギハシです

 

「人の素直を引き出す人」
になりたいと思いながらも
私自身が素直じゃないときが
たくさんあります

 

私はこの方の素直な姿に
自分をみつめるきっかけをもらいました

 

ブレスプレゼンター仲間の
小山田薫さん
診療放射線技師Kaoruのブログ

 

この夏から彼女も私と同じく

ブレスプレゼンター(呼吸法の指導者)
として講座を開講しています

 

でも
異業種から飛び込んできた彼女は
集客に苦戦しています

 

受講者ゼロで始まった
彼女の講座・・・

 

さて
彼女はどうしたでしょう?
ぜひ彼女の下記の記事をご覧ください
診療放射線技師Kaoruのブログ「準備中」

 

私もなかなか集客できずに
じと~っと悩んでいますが(笑)

 

私は
あたかも集客できているかのように見せて
見栄を張ることしかできませんでした

 

でも彼女は全く違った

正直すぎる彼女の行動
ココロに刺さりました

 

自分のココロに素直になるって
簡単そうで難しい

 

でもね
自分の素直を引き出すのは
人の素直な行動だと思う

 

彼女のブレスプレゼントクラスで
自分の素直な気持ちと
向き合ってみませんか?

☆小山田さんの講座の詳細☆

 

てなかんじで
私も素直に
自分のクラスのことを
書いてみようと思います

 

[class info]

料理が苦手なヤギハシです

味のしないものから
ヘンテコなメニューまで
いろいろ作れます(笑)

料理上手なオットが
我が家の料理長なのは
言うまでもありません

さてさて
美味しいものに出会ったとき
何が入っているのか
気になることってありませんか?

私は
料理上手なオットに
家で再現してもらいたくて
何が入っているのか考えながら
モグモグすることがあります

作った方に聞ければいいのですが
そうではないときは
記憶や勘を頼りにモグモグ

いくらがんばっても
材料や分量の違いもあり
なかなかその味に
たどり着けません
私の舌に問題あり?

でも
できたものもそれはそれで
美味しかったりもするので
結果オーライだったりもします

 

 

話は変わりますが…

私はライフオーガナイザーと
ブレスプレゼンターになり
人に何かをお伝えする
機会が増えました

お伝えするときに
決めていることがあります

それは

基本のレシピはお伝えしても
わざとお伝えしないことを決める

ということ

私が皆さんにお伝えする目的は
レシピに忠実に
同じ味を出すことではなく

100人いたら100通りの味を
みんなで味わうことなんです

そこには
私のレシピよりも
美味しくないものは一つもなく

それどころか
感動するような味に
出会えることも沢山あるんです

IMG_5511-1.JPG
写真はオーガナイズのモニターになってくださったママ友のお料理
このおいしさは忘れられない!!!

私のお料理の腕が上がらないのは
周りの皆さんが
美味しいものを
食べさせてくれるから
かもしれませんね

うふふふ♪

[class info]

外されては掛けて・・・を繰り返していたヤギハシです

我が家のギャンコ達
ギャング娘をギャンコと命名
読書も好きですが
絵本のカバーを外すのも大好き

寝る前に読む本を選びながら
カバーを外して遊ぶので
寝る前のリビングは
毎晩惨事…

カバーは外されるたびに
掛け直してを
繰り返していました

…ん?ちょっとまって!

貼ってしまえば外せないぜ!
テープで留めてしまえ!

ペタペタ ペタペタ

ん…?ん???

絵本って
カバーと本体の装丁が
ほぼ一緒じゃない?

大人が読む本のカバーは
カバーと本体の装丁が
異なることが多いですが

絵本のカバーって
何のためにあるの?

ということで
出版の仕事をしている友人に聞いてみた

「広告と、本自体の保護、それと、バーコードで売上データ、書誌情報が見るため。」

たしかにバーコードは
カバーにしかついていない!

つまり!
それらの機能が
必要ない人にとっては
絵本のカバーは
なくてもいいものなんですよね

ということで
カバーは資源ごみで
廃棄しました

20140706-004722-2842204.jpg

あとは
ボロボロになるまで
読み尽くすのみ!

めでたしめでたし

カバーをつけるのが
「あたりまえ」
だと思っていましたが

「あたりまえ」を
見つめ直してみるのも
面白いものですね

[class info]