コンテンツへスキップ

撮影のご依頼をいただいたあとは、
スケジューリングやロケーションだけでなく、
撮影主旨をヒアリングさせていただいております。

先月オファーくださった方も
同じように進めるはずでした。
でも、できませんでした。

ご依頼のメールの時点で
「あれ?」と手が止まってしまったんです。

なぜ手が止まったのか・・・

その方が撮って欲しいと思うものが
その方の本音と繋がっていないと感じたからなんです。

 

メールでのやり取りを重ねても
「あれ?」は解消せず、
私には撮れないかも・・・と諦めかけていました。

が、やり取りを重ね、
撮影を進めることに決定しました。

 

 

今の時代って、
写真が身近になり
写真が上手い方はそこらじゅうにいます。

だから、
わざわざカメラマン(フォトグラファー)に頼まなくても
”いい写真”はいくらでも手に入ります。

そんな世の中だからこそ、
「私に頼んだから撮れた写真」を撮りたいと思っています。

 

私は、写真学校で学んできたわけではないので、
写真のクオリティーには劣等感があります。

が、それでも撮りたいし、
撮って欲しいと思ってくださる方がいる。

それはなんなのかを考える
大きなきっかけになりました。

 

 

 

写真は何かを伝えるツールになります。

居合わせられなかった過去の時間や場所、
未知の場所や時間、
未知の人

その写真を見て
「行ってみたいな」と妄想したり
「会ってみたいな」と思ったり・・・。

 

私が撮った写真を見て、会ってみたいと思う方がいて、
そのうち何割かの方が会いに行き、
「会って(サービスを受けて)良かった!」と思っていただけることで
はじめて「撮って良かった」と思えるんです。

だから、
「ただ綺麗に撮る」では足りない思っています。

場合によっては
綺麗な写真じゃなくてもいい、とすら思っています。

 

私が撮るときに大切にしているのは
「その方の本音がどこにあるのか」
を掴んで撮ること。

本気の写真なら、
本音を掴まないと撮れない。

 

本音じゃないものでもいいのであれば
もっと気軽に撮影します。
(そんな気軽なメニューは、近日アップ予定です)

 

「本気なら本音の姿を撮りたい!」
と思っているので、

お客様によっては、撮影の1ヶ月以上前からやり取りを重ね、
撮影後も何往復もやり取りを重ねます。

 

 

今回オファーをくださった方に関しては、
当初ご依頼くださったものとは、
全く違う撮影をさせていただくことにしました。

それでも、その方にとって
これからの未来の大切な軸になっていく
と確信しています。

 

フォトグラファーって、
撮るだけが仕事じゃないです。

撮ったものに愛情かけてます!

写真の撮られ方講座を開催します。

<写真の撮られ方(全3回)>

■日時:
第1回 2017年6月16日(金)13:30〜15:30
第2回 2017年6月30日(金)13:30〜15:30
第3回 2017年7月19日(水)13:30〜15:30
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加費:24,000円
■定員:10名
■お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S19040366/

 

写真を撮られるのが苦手
写真写りが悪い
カメラにどんな顔をしていいかわからない
集合写真には入りたくない
写真自体に苦手意識がある

という方に受けていただきたい講座です。


撮影:加藤彰

 

この講座は、
より美しく、
よりかっこ良く写るための
ポージングや角度などは
一切お伝えしません。

ポージングや角度、姿勢よりも大切な
写るための基礎の大切さを
知って実践いただく講座です。

その基礎をすっ飛ばしては
美しく、かっこ良く写ることはできません。

 

その基礎となるのは、
「感情」と「呼吸」と「自己承認」

 

どんな「感情」で、
写真に写っていますか?

どんな「呼吸」で、
写真に写っていますか?

写真に写った自分を
どんな風に見ていますか?

 

それがわかると、
写真が苦手だった理由もわかり
撮られることも嫌ではなくなり
写真に写った自分も好きになることができます。

 

撮られ方は1回聞いただけでは変わらない。

だから、
しっかり身につけていただけるよう
全3回1ヶ月をかけて
一緒に実践してまいります。

 

 

私自身、
写真を撮られるのが
ずっと苦手でした。


写真嫌い時代の八木橋スミコ

 

写真を撮られるのが嫌だから、
他の人も嫌だろうと思い、
人を撮ることができませんでした。

でも今では、
人物を撮るフォトグラファーで
写真を撮られるモデルをしています。

撮ったり、撮られながらわかった
「写真の撮られ方」を
この講座ではワークを交えながら
実践的にお伝えしていきます。

 

この講座を受けることで、
集合写真も
プロフィール写真も
旅先での記念写真も
怖くなくなります!

<写真の撮られ方(全3回)>

■日時:
第1回 2017年6月16日(金)13:30〜15:30
第2回 2017年6月30日(金)13:30〜15:30
第3回 2017年7月19日(水)13:30〜15:30

■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)

■参加費:24,000円

■定員:10名

■お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S19040366/

 

【関連記事】

撮られ慣れていない方が陥りがちな3つの誤解

写真を撮られる時は、写真に写るものを大切にする

写真を撮られるとき「呼吸」が大事なわけ

「写真の撮られ方」がわかると人は笑うんですね

新しいお仕事を始めるとき、
プロフィール写真で
お顔を露出することが
大切な一歩と言われています。

なので、
プロフィール写真を撮る前に
「私はこれで仕事をするんだ!」
と方向性を明確にしてから
プロフィール写真を撮ろうとする方が
とっても多いようです。

が・・・

その方向性を明確にするのに時間がかかり
とりあえず・・・の写真のまま
悩む時間だけが過ぎていく
という方をよくお見かけします。

 

つまり、
自分のやりたいことや
ブランディングを明確にしないと
プロフィール写真を撮るという
ステップにたどり着けないのです。

言い換えると、
プロフィール写真を撮るのがゴール
になってしまっているのです。

↑私のFacebookでのプロフィール写真の変遷

 

さて、

プロフィール写真は
ビジネスのスタートなのか?
それともゴールなのか?

いずれも違います。
自分のステージの変化点です!

スタートするためのものでも
ビジネスの準備段階の終止符でもなく

これからたくさん出てくる
自分のステージの変化点でしかありません。

 

 

その変化点は例えば、

現実の自分と写真に
ギャップが生じはじめたり

今のプロフィール写真に
違和感を感じはじめたり

体型や服装、環境の変化

など、いろんな形で現れます。

そして、その変化点は
幾度と現れることがあります。

写真に違和感がある場合は、
変化点に差し掛かっているのだと思います。

なので、
その変化の波に上手く乗るために
写真を変える。

すると、
見ている人にすぐに伝わり、
変化の波がちゃんと動き始めるんです。

 

 
「そうはいっても、どんな自分で写ったらいいのか、やっぱりわからない」
という方もいらっしゃいます。

そういう場合は、
複数のパターンで撮影して
その写真を見比べることもできますし、

直感的に話をしながら撮影するので
どれが生きやすそうなのか、
どれが合っていそうか、
撮りながら見出していくのも
一つの方法だと思います。

関連記事:ファインダー越しだと見えちゃうんです、私。
 

<プロフィール写真撮影>

自然光の我が家の自宅スタジオでの撮影、
出張撮影、
屋外での撮影、
ご要望にあわせて撮影いたします。

http://tsunagaruie.com/profilepics

デジタル一眼レフを手に入れても
「私には人は撮れない」
と思っていました。

そ2年後の今
人ばかりを撮っているとは
想像すらしませんでした。

私のinstagramのプロフィール写真に使っている写真
 

思いかえすと
ファインダー越しに見える人の心が
怖かったのも
撮れなかった理由の一つでした。

 

普通に話しているときは
まったく見えないものが、

ファインダーを通すと
「あれ?」
と見えるものが変わるんです。

決して
「背後に人が・・・」
「オーラが見える」
ではないので、ご安心を。

その方が不快に感じていることや
「違和感」や「仮面」が
見えてしまうことがあるんです。

そして当初はそれが
カメラを向けた私のせいだと思っていました。

 

そんな私が
2016年4月から撮ることをメニューとし
たくさんの方を撮らせていただいています。


親友satomiちゃんが撮ってくれた私と長女

 

私の何が変わったのか・・・

見えてしまうものを見てしまうことにしました

 

福島県郡山市での撮影会に
ご参加くださったみづきさん
「八木橋さんの撮り方は、チャネリングですね!」
と表現してくださいました。

チャネリング (channeling, channelling) とは、高次の霊的存在・宇宙人・死者などの超越的・常識を超えた存在、通常の精神(自己)に由来しない源泉との交信法、交信による情報の伝達を意味し、アメリカで1980年代に隆盛したニューエイジ運動の中で使われるようになった名称である。   Wikipediaより

 

いえいえ、
霊とか宇宙とか
全然わかってませんよ、私。

でも、
言われて「そうかも」
と思ったんです。

 

私の撮影は
高尚な技は何一つ使っていませんが、

被写体の呼吸を見たり
考えるのをやめたり
直感的に質問したりして、

「違和感」や「仮面」を
とり去ろうとするのではなく、
その下にある部分を感じています。

 

「違和感」や「仮面」は
その人が必要としているものだから
「取ったほうが楽になるよ」とか
「気づかせてあげる」なんてことはしません。

でも、
その下にある素顔が
いかに素敵かを見せたいと思っています。

見たがらない方もいらっしゃるので、
それはわきまえて撮っています(笑)

 

 

と、
あたかも特殊な撮り方のように書きましたが

私が写真を撮るのは、
その方を癒すためのセラピーでもないし、
その方の運命を見せる占いでもないし、
その方を実物以上につくり込むアートでもなく、

こんな風に
ただただ人を撮っています。


またまた、親友satomiちゃん撮影

 

<プロフィール写真撮影>

チャネリングのような撮影だけでなく
お料理写真、ライブやモデル撮影などもしています。

http://tsunagaruie.com/profilepics

プロフィール写真を撮るときに
大切にしてほしいこと

それは、
「素顔の自分を好きになる」
ということ。

 

 

 

素顔の自分を好きになると、

写真に写る素顔が変わってきます。

写真に写った自分を見る目が変わってきます。

納得できない写真が減っていきます。

 

すると、

見てくれる人が変わってきます。

「あの写真の方ね!」って言われるようになります。

 

そして、

普段の気持ちが変わってきて

どんどん自分が好きになります。

 

だから、
私が撮るときは、
自然な表情を引き出し、
その表情をご本人が好きになれることを
一番大切にしています。

 

私は、
ずっと写真を撮られるのが怖かった。
「素顔の自分」を見れなかった。

でもね、
素顔の自分を好きになるのに必要だったのは、
勇気でも
努力でもなく、
自分への許可だった。

 

素顔の自分を、
もっともっと好きになってほしい。

それが、
私のプロフィール写真撮影にかける想いです。

素顔の自分を好きになってみませんか?

 

<<プロフィール写真撮影>>

素顔の自分を好きになるプロフィール写真撮影
詳細はこちら http://tsunagaruie.com/profilepics