コンテンツへスキップ

これまで撮影させていただいた
プロフィール写真は

お客様に確認した上で、
ブログで紹介させていただいています。

こちら→撮影アルバム

profilepic

 

プロフィール写真を撮りながら、
いろ〜んなお話をするのですが、
話して、撮ってするうちに、
その方の魅力に
私がどんどん引き込まれていくんです。

 

撮りながらお話しするだけで、
ご自身の魅力を再確認される方も多いのですが、

撮影とお話を振り返り、
改めて私が印象に残ったことを
書かせていただいています。

 

ついでに、
「こんな写真を撮っています」
という宣伝的意味もあったのですが、

今は、
撮らせてくださった方へのファンレター
になっています。

 

ここで重要なのは、
お礼でも、ラブレターでもなく、
ファンレターということ。

ファンレターだから、
届いたか届いていないかも気にしない。

そもそも、
ファンになれなそうな方からは
撮影のご依頼はないのですが、

より一層ファンになっても
書かないということもある。

ファンレターだから、
男性にも気兼ねなく書ける。

 

ってことで、
一方的なファンレターを
ここに公開していきますので、
どうぞよろしく♪

 

なお、
ブログでの公開は必須ではありませんし、
非公開ででもご希望の方には、
メールで送らせていただいています♪

 

<写真撮影>

・撮影写真
http://tsunagaruie.com/archives/category/shooting

・プロフィール写真撮影
http://tsunagaruie.com/profilepics

・家族写真
http://tsunagaruie.com/familypics

<呼吸法>

・呼吸法対面セッション
http://tsunagaruie.com/breathsession

・子育て呼吸法
http://tsunagaruie.com/kosodatebreath

・ゆるく続ける呼吸法
http://tsunagaruie.com/breathhome

<モデル>

ファッション、撮影モデルなど、
やぎはしすみこを撮ってみたいと思った方も、
お問い合わせいただけると幸いです。
http://tsunagaruie.com/contact

 

プロフィール写真を撮ってもらい、
その中からどの写真を選ぶか。

 

表情や角度やよりも、
私が大切にしているのは、コレ!

息を吐いているか

 

一瞬を切り取った写真ですが、
その瞬間に息を吐いているか、
息を止めているか、
息を吸っているかは、
よ~くわかります。

 

 

プロカメラマンの神取知華子さんが撮ってくださった私

DSC_2579-2 DSC_2587-2

 

撮られながら呼吸を意識していたので、
どちらも息は吐いていましたが、

どちらのほうが、
より息を吐いているかわかりますよね。

 

この二枚を出されたときに、
顔がわかりやすい一枚目(左)を
選ぶ方が多いと思いますし、
正解はないのですが、

日常でよくある私の表情は、
髪の毛はどうあれ、
二枚目(右)だな~と思うわけです。

 

撮ってくださった神取さんも、
二枚目(右)がいいね♪
とおっしゃっていました。

 

 

笑っていれば、息を吐いていることが多いですが、
笑っていても、気を使って笑っていると、
息は止まっています。

だから、

私が撮りながら大切にしているのは、
あなたが自然に息を吐きたくなるようにすること。

 

 

 

写真を撮られるのが苦手な方は、
息が止まりがち。

だから、写真を撮られるのに
必要以上に疲れてしまって、

写真を選ぶときに、
写真を見返すのが苦痛になってしまう。

 

それって、
その写真を見る人にも、
な~んとなく伝わるものですね。

 

ということで、
私が撮った、息の止まらないプロフィール写真はこちら↓
http://tsunagaruie.com/

プロフィール写真撮影についてはこちら↓
http://tsunagaruie.com/profilepics

 

 

<写真撮影>

・撮影写真
http://tsunagaruie.com/archives/category/shooting

・プロフィール写真撮影
http://tsunagaruie.com/profilepics

・家族写真
メニュー化の準備中です。
ご興味ある方はお問い合わせください。
http://tsunagaruie.com/contact

<呼吸法>

・呼吸法対面セッション
http://tsunagaruie.com/breathsession

・子育て呼吸法
http://tsunagaruie.com/kosodatebreath

・ゆるく続ける呼吸法
http://tsunagaruie.com/breathhome

<モデル>

ファッション、撮影モデルなど、
やぎはしすみこを撮ってみたいと思った方も、
お問い合わせいただけると幸いです。
http://tsunagaruie.com/contact

「どんな表情で撮られたいですか?」

嬉しそうな表情
楽しそうな表情
クールな表情
・・・

 

この質問を、
プロフィール写真を撮る前に聞くと

「自分がどんな人だと思われたいか」

に変換されてしまうので、
聞きません。

 

私が撮りながらするのは、
その人が好きなことなどを
探っていくだけ。

そんな表情を写真に撮ってます。

 

名刺に乗せるために撮った私の写真

IMG_0739.JPG

自撮りです。

DSC_3834

自宅の講座部屋 兼 スタジオにしている
小さな一室で撮りました

もちろん一人で。

DSC_3866
↑こんな風に失敗しながら・・・

 

「これだ!」と思えるのを撮れるまで
撮っていて楽しいと思うものを
家中で撮っていたら、

最終的に楽しい表情になりました。

 

 

「どんな表情で撮られたいですか?」

この答えを探すために、
鏡の前で自分とにらめっこしても
答えは見つかりません。

そもそも鏡は左右逆だし、
鏡の前でできる表情を
カメラの前でできるとは限らない。

 

「自分がどんな人だと思われたいか」

を考えたところで、

思われたい姿と
今の自分の姿が
乖離していたら

プロフィール写真にはなりません。

参考記事:名刺を「優秀な営業マン」にするための大切なポイント

 

「どんな表情で撮られたいですか?」
「どんな人だと思われたいですか?」

その答えがないと、
撮られちゃいけないと思っていませんか?

 

<写真撮影>

・写真撮影
http://tsunagaruie.com/pics

・撮影写真
http://tsunagaruie.com/archives/category/shooting

<呼吸法>

・呼吸法対面セッション
http://tsunagaruie.com/breathsession

・子育て呼吸法
http://tsunagaruie.com/kosodatebreath

・ゆるく続ける呼吸法
http://tsunagaruie.com/breathhome

<モデル>

ファッション、撮影モデルなど、
やぎはしすみこを撮ってみたいと思った方も、
お問い合わせいただけると幸いです。
http://tsunagaruie.com/contact

「痩せたら撮ってください」
「起業したら撮ってください」
「シミやシワが消えたら撮ってください」

って言われることがよくあります。

 

その「◯◯したら」が成就する日が来ないか、
成就しても私には依頼がこないんだろな・・・

と思って、笑顔でスルーします。

 

カメラマンである私への社交辞令だったり、
私の魅力不足もあると思うのですが、
「◯◯したらの前に撮った方がいいよ〜!」
と、いつも思います。

 

なぜならば・・・

 

痩せる前に撮れば、
今の自分の魅力を知ることができ、
ダイエットのモチベーションにもつながる。

ついでに、
ダイエットに成功すれば、
before→afterをネタにできる。

起業する前に撮れば、
起業するときの自分のウリが見えてくる。

起業する前に撮れば、
起業している自分のイメージが湧きやすい。

 

シミやシワはあなたが気にしているだけで、

周りからは
チャームポイントと思われていることは
よくある話。

私自身も、
しわくちゃな表情で
私を覚えてくださっている方が
たくさんいます。

 

 

 

そして、プロフィール写真は、
今のあなたをPRするものなので、
1年〜1.5年おきに撮りなおすものです。

ただし、
特殊なお化粧や美容術で
お顔が変わらない方は、
この限りではありませんが。

 

 

今が一番美しい(かっこいい)

 

そう思っているから、
もっともっと美しく(かっこよく)なれるのです。

 

 

 

<写真撮影>

・撮影写真
http://tsunagaruie.com/archives/category/shooting

・プロフィール写真撮影
http://tsunagaruie.com/profilepics

・家族写真
メニュー化の準備中です。
ご興味ある方はお問い合わせください。
http://tsunagaruie.com/contact

 

<呼吸法>

・呼吸法対面セッション
http://tsunagaruie.com/breathsession

・子育て呼吸法
http://tsunagaruie.com/kosodatebreath

・ゆるく続ける呼吸法
http://tsunagaruie.com/breathhome

 

<モデル>

ファッション、撮影モデルなど、
やぎはしすみこを撮ってみたいと思った方も、
お問い合わせいただけると幸いです。
http://tsunagaruie.com/contact

カメラマンになる人は、
誰しもが写真を撮るのが好きだとは限らない

ライフオーガナイザー(思考と空間を整理する職業)になる人は、
誰しもが片づけが好きとは限らない

講師になる人は、
誰しもが人に教えるのが好きとは限らない

インタビュアーになる人は、
誰しもが話を聞くのが好きとは限らない

 

 

 

それが苦手で、克服するためにやっている
という人もいるでしょうが、

プロであるためには、
必ずそれが好きじゃなきゃいけない!
というわけでもないと思うんです。

 

 

私自身、「写真家」と名乗っておきながら、
写真を撮ることが好きなわけではないんです。

日常で、
「撮ってください♪」
って言われるとドキッとするし、

子供のイベントでも、
写真を撮らないことの方が多い。

 

それでも、写真を撮ることをお仕事にしているのは、

その中のピンポイントに、
「好き」
が潜んでいるから。

 

自分の「好き」ってなんだろう?
と悩んでいるとしたら、
もっとピンポイントで探してみては?

 

その「好き」がピンポイントで潜んでいるのは、
「人」
だったり
「空間」や「もの」、「感覚」
だったりさまざまだし、

「好き」のピンポイントは、
共感されやすいことじゃなくてもいいし、
称賛されることである必要もないし、
言葉で表現しにくいことであってもいいと思う。

 

その「好き」のピンポイントがわかると、

お料理が好きだから、ごはんやさん
お花が好きだから、お花屋さん
子供が好きだから、保育士さん

という短絡的な職業選択からも解放される。

 

 

昨日、フォトセラピストのマノユキオさん
お話をしてまして。

 
↑ズームってどうなの?って話しながらiPhoneで撮ったマノさん 

マノさんにも、
「写真撮るの好きですか?」
と聞いてみました。

すると・・・

「嫌いだけど、かなり限定的な好きはある」
ですって♪

その「限定的(ピンポイント)」に共感♪

 

 

私が写真を撮る「好き」のピンポイントは、
「息づかいに引き込まれる感覚」

その息づかいも、
「好き」とか「夢中」とか「ワクワク」
している表情やたたずまいから感じるもの。

今は、その息づかいを撮る写真家をしています♪

 

DSC_1688

 

 

<<写真撮影メニュー>>
あなたの好きも見つけます♪
未来のお客様に届けるプロフィール写真

 

<<マノユキオさんの講演会>>
2016年7月8日(金)19:00~
撮られ上手になる!「息を合わせて撮影される技術」