ふと思い立ち、
呼吸法の動画を撮ってみました。

「呼吸法ってどうやってやるの?」
という疑問に、
2分36秒でお答えします。

 

​​

​​

呼吸法のやり方は
とってもシンプル。

  1. 姿勢を整え
  2. 呼吸の回数を数える

これだけ。

 

1. 姿勢を整える

姿勢の整え方は様々あり、

体を前後左右に振って
ポジションを見つけたり

頭頂から天に向かって
糸で引っ張られていると
イメージして姿勢を整る

という方法もあります。

 

私の姿勢の整え方は、

  1. 目を閉じて
  2. 息を吸わずに
  3. 息を吐き切りながら
  4. 吐き切りやすい姿勢を探す

 

吐き切りやすい姿勢は
体質や体調によっても
異なります。

私は臨月妊婦で呼吸法を始めたので
先生や本に書かれている通りには
姿勢を作れず、

自分の呼吸に
姿勢を教えてもらう
という今のスタイルに行き着きました。

 

2.呼吸の回数を数える

目を開けて、
呼吸の回数を数えます。

吐いて→吸って、
で一回と数えます。

 

ここからは、
呼吸の回数を数えることだけに
集中をします。

 

どんな呼吸でもいいですが、
最初に姿勢を整えるときにやった
息を吐き切る呼吸を
続けられるといいですね。

 

 

<<開催予定の呼吸法のクラスはこちら>>

2017年6月9日(金)午後 「ゆるくつづける呼吸法」開催します

2017年6月30日(金)午前 講座「セルフケアのための呼吸法」開催します

呼吸法クラス

「漢方・便秘薬・浣腸に頼っても、2週間出ない!」
が当たり前の便秘体質だった私

呼吸法を始めてからは
便秘は呼吸の力で治せるようになり
怖くなくなりました。

呼吸法が便秘に効くのは

  • 便秘の最大の原因「ストレス」を解消しやすい
  • 睡眠の質は「う ん ち」の質を上げる
  • 朝一番の呼吸法が腸をマッサージ

という作用があるからなんです。

一つずつ解説をしていきますね。

 

便秘の最大の原因「ストレス」を解消しやすい

慢性的に便秘の方は
ストレス抱え続けている方が多く、
便秘がストレスの原因になり
よけい便秘になるという
悪循環を招いている方も多いです。

ストレスを感じると
自律神経が交感神経に偏り
浅い呼吸が続きます。

浅い呼吸は
腸から離れた胸のあたりで
小刻みに息をするので

腸に近い腹部は
常に緊張した状態になります。

つまり、
便を排出しにくい状態
を継続してしまうのです。

 

呼吸法を続けることで、
呼吸とともに
心と体を緩められるようになります。

すると、
腹部や腸が緩み
便を排出しやすい状態に
導くことができるようになります。

 

 

私は呼吸法を始めてからも
予期せぬストレスで
便秘になることがあります。

でも、
薬に頼らなくても
呼吸を使えば出せる
とわかっているので
便秘も怖くなくなりました。

 

「ストレスは悪」ではありません。

ストレスをうまく使うことで
新しい環境やチャレンジを
していくことができるのです。

 

睡眠の質は「う ん ち」の質を上げる

「う ん ち」の質は
食べ物だけでなく
睡眠の質が重要なのです。

というのも

寝ている間に腸の蠕動(ぜんどう)運動で
「う ん ち」は作られます。

しかし、
睡眠の質が悪いと
この蠕動運動が起こらず
良い「う ん ち」が作られないのです。

 

睡眠の質を上げるためには
・夕食の時間
・食事や飲酒の量や質
・寝室の環境
を変えることも効果的ですが、

旅先や新しい環境では
なかなか変えられないものです。

 

寝る前に呼吸法を行うことで
入眠時の自律神経を整え、
・寝つきが良くなる
・眠りが深くなる
という効果をもたらし
睡眠の質が自ずと上がるのです。

 

睡眠の質が上がり
睡眠中に蠕動運動がおこり
良い「う ん ち」が出来上がり
朝、すっきり目覚められる。

というわけなんです。

 

朝一番の呼吸法が腸をマッサージ

朝起きたら
呼吸法をします。

呼吸法をしたら
お手洗いに直行です。

 

朝一番の呼吸法をすることで、
睡眠中に作られた「う ん ち」に
「出てきていいよ〜!」
という合図を送るように

呼吸法の腹式呼吸が
腸をマッサージするように
刺激を与えてくれるのです。

 

 

ついでに、
朝一の呼吸法は
ゼロの状態から1日を気持ち良く始められる
気持ちのよい時間にもなります。

 

「朝は忙しいからできない!」
と思うかもしれませんが、

呼吸法をたった3分でも行うことで、
朝の時間に
不思議と余裕が生まれるんです。

イライラしない、
アクセクしない、
頭もお腹も朝からスッキリ

 

 

という具合に
便秘もセルフケアで治せる呼吸法
ぜひ試してみてください。

 

2017年4月19日(水)に
呼吸法の講座を開催します。

便秘に悩んでいる方も
ぜひご参加下さい。

2017年4月19日(水)午前 講座「セルフケアのための呼吸法」開催します
2017年4月19日(水)午後 「ゆるくつづける呼吸法」開催します

 

「ゆるく続ける呼吸法」
というクラスを続けています。

私が一番大切にしているクラスですが、
ぶっちゃけ・・・

つまらないです。

その理由は、

  • 呼吸法は簡単だから
  • 呼吸法のやり方を教えてもらえないから
  • 質問にまともに答えないから

あえて、そうしているのですが、
つまらないと思うんですよね・・・(汗)

 

上の三つの理由を解説します。

 

呼吸法は簡単だから

呼吸法はとっても簡単です。

簡単というか
シンプルです。

必要最低限のことは
3行あれば説明できます。

呼吸だけに意識を向け、他のことが浮かんでも手放す
息を丁寧に吐ききり、吸いすぎない
体の力は抜き、目は開けておく

 

わかってしまえば、
わざわざクラスに来なくても
ご自分で続けることができます。

ですが、
簡単だからこそ
一人で続けていくことが大変なんです。

そこが
「ゆるく続ける呼吸法」を
続けて開催している理由で、

クラスに参加することで
自己流になっていた呼吸を整え、
初心に戻り、
また毎日続けていく
きっかけになっていくのです。

 

実は私自身もこのクラスを
自分を整える一つの機会にしています。

 

呼吸法のやり方を教えないから

クラスでは
呼吸法のやり方を
事細かく説明したりはしません。

あえてそうしているのですが、

その理由は、
「呼吸法は頭で考えることの対局にある」
からです。

ひたすら考えることを手放したいのに
やり方を説明しすぎると
考えることをストップ出来なくなってしまいます。

 

上に書いた
必要最低限のことは説明しますが、

それよりも、
自分の呼吸が教えてくれることに
耳を傾けていくことが
なによりも大切なのです。

 

質問にまともに答えないから

 

やってみてわからないことが出てきたとき
初めて
「わかる」
のです。

なので、
基本的にはその方が
「それがわからない」
と思った状況や様子を聞くばかりで
すっきりするような答えは
しないようにしています。

 

ただし、ご質問によっては、
私の体験をもとに回答します。

が、これも
あくまでもそれは「今の私の答え」であって
質問くださった方にとっての
ドンピシャの答えとは限りません。

ご参加くださった方にも
質問を回答いただくようにしていますし、
答えが一つではないところから、
ご自分の体験に落とし込んでいただこうと
答えるようにしています。

 

でも、聞いてくださったら
ご自分で答えは必ず見えてくるので
ぜひ質問してみてくださいね!

 

 

 

そんなわけで、
私の「ゆるく続ける呼吸法」のクラスは
すこぶるつまらないクラスです。

 

でも、
呼吸法を続けることで
生き方が変わった私としては
お一人お一人が呼吸の力を信じてほしくて
このクラスを続けています。

 

ぜひ呼吸法を体験しに来てください。
東京都渋谷区・世田谷区で開催しています。

そんなこといってもさ、呼吸法のことちゃんと理解したいんだよ、という方はこちら↓
2017年4月19日(水)午前 講座「セルフケアのための呼吸法」開催します

つまらなくてもいいから、続けてみたい方はこちら↓
2017年4月19日(水)午後 「ゆるくつづける呼吸法」開催します

 

『「呼吸が浅い」と指摘された』
お問い合わせをいただくことが
よ〜くあります。

他にも、
私が「呼吸法の講師もしています」と名乗ると
「呼吸が浅いとよく言われる」
とおっしゃる方もとっても多いです。

私は、
「それなら呼吸を深めましょう」とも
「呼吸法やらなきゃだめです」とも
「気にしなくても大丈夫ですよ」
とは言わず、

「気になっていらっしゃるんですね」
とお返ししています。

 

 

私も、
人と会うときは呼吸を見てしまいますが
「この人は浅い」
「この人は深い」
と判断しようとはしません。

呼吸には個性があり、
その体型による深さ、
その場での深さ、
その状況による深さ、
などいろんなものに影響を受けるからです。

体調や動作だけでなく、
考えていることによっても変わるし、
「心」も呼吸に大きく影響します。

 

もちろん、
呼吸が深い方が楽ですし、
呼吸が浅いと辛いことも増えます。

 

なので、
呼吸が慢性的に浅く、
辛い思いをしている人には
その人を知った上で
その人が楽になるヒントを
私なりに探すようにしています。

 

でも、

呼吸が浅い
から
呼吸を深くすべき

ではないんだなと
感じられてきました。

 

普段呼吸を意識していない方が
「呼吸が浅い」と指摘されると
気になってしまうとは思います。

ありがたいご指摘かもしれませんが、
気にしすぎる必要はないですし、

気にしすぎて、
逆に呼吸を浅くしてしまうことも
あります。

 

それよりも・・・

ご自分の呼吸を感じ
「呼吸が浅いな〜」と気づいては
呼吸を使って自分でメンテナンスできるようになると
指摘が気にならなくなってくるかと思います。

 

呼吸法は、
健康法でもあり
メンタルトレーニングとしても
認知が広まりつつあります。

いずれも
呼吸を深める効果が言われますし、
深い呼吸でいる方が楽なのですが、
「深い呼吸が正しい」
とは私は思っていません。

 

呼吸法は、
難しいことではないけれど
ひたすらシンプルで
続けることでやっと見えてくるもの。

自分の呼吸がわかると
自分と付き合いやすくなり、
人の呼吸もわかってきたり、
人との付き合い方もかわってきます。

私の呼吸を感じる大好きな写真
photo by masato yamabe

 

2017年4月19日(水)に
呼吸法の講座を開催します。

「呼吸が浅い」と気になっている方、
ぜひお見逃しなく。

2017年4月19日(水)午前 講座「セルフケアのための呼吸法」開催します
2017年4月19日(水)午後 「ゆるくつづける呼吸法」開催します

直感を鍛える方法・・・
もとい!
直感を目覚めさせる方法を
ご紹介します。

「鍛える」ではなく「目覚めさせる」と
言い直したのは

直感は特殊な能力ではなく、
人が生まれながらに持つ
野生的な本能だからです。

現代人の多くは、
その本能を使わずに
鈍らせてしまっています。

 

 

直感を目覚めさせるために
ジャングルに飛び込むか
砂漠を旅するのもいいですが

現代の日常を送りながらも
直感を目覚めさせることができます。

 

直感のために
私が心がけているのはこの3つ

  • 部屋の片付け&掃除
  • 情報を入れすぎない
  • 考えない時間をもつ

直感とどう関係するの?
というものもありますが
一つづつ解説します。

 

部屋の片付け&掃除

生活空間を
すっきりさせておくことは
五感を鈍らせないことに
つながっています。

直感と五感はつながっています。

五感が鈍ると、
直感も鈍ります。

直感と五感では
五感の方が使いやすいですし
わかりやすいので、
五感を鈍らせない努力が
「部屋の片付け&掃除」
なのです。

 

自分の部屋を片付けることは、
定常的に目から入ってくる情報を
整理することにつながります。

部屋が散らかっていると
イライラしやすかったり、
気ぜわしくなります。

そして、
部屋が掃除できていないと
頭で認識していなくても、
足の裏や手の平などの触覚から
嫌な信号がひっそりと脳に送られます。

 

部屋の状態は
視覚や触覚を刺激し続けるのですが、
それを無視し続けると
感じるのをやめ始めるんです。

 

「散らかってるのが気になる、けど、しかたない」
「汚れてるけど、死にはしないから、ほっておく」
と後回しになる部屋の片付け&お掃除

それで直感が鈍らせることは
悪循環を招きます。

 

情報を入れすぎない

過度な情報は
直感の働きを妨げます。

 

情報化社会と言われるだけあって、
情報は人をコントロールする
ツールともなっています。

私自身も、
このブログで情報発信しているので
使っている立場ではありますが、

たくさんの情報を
全部漏れなく知ろうとすると
直感が働く暇がなくなり
鈍っていきます。

 

もちろん、
知ることは判断にはつながります。
でも、
知りすぎることは
情報を直感的に判断できなくし、
情報をこちらがハンドリングするのではなく、
情報にハンドリングされることになります。

 

もちろん、
必要な情報はあります。

でも、
必死に取り入れなくても、
必要な情報には
直感的に入ってくるようになるんです。

 

ニュースを見ない、
チラシを見ない、
情報雑誌に踊らされない。

 

これは、
先日旅したFrance Lyonで
友人のフォトグラファーLoLoと話し
お互いに共感しまくったことです。

 

考えない時間をもつ

私が一番大切にしているのが
これ!

直感を働かせることは、
考えることの
対局にあります。

なので、
考えない時間を持つことは
直感を目覚めさせるために
不可欠なことなのです。

 

そして、
考えない時間をもつようになると
上にあげた二つ(部屋の片付け&お掃除・情報を入れすぎない)
が自然とできるようになってきます。

考えない時間をもつことで
頭の中がすっきりし、
部屋の中の不要なものや汚れ
不要な情報や感情にも
気づきやすくなっていきます。

私は、
考えない時間を1日最低3分は
持つようにしています。

「たった3分?簡単じゃ〜ん」
と思いました?

いえいえ〜!
そんなことないんですよ♪

考えない=ぼーっとする
ではないのです。

 

 

手始めに、
タイマーで1分間セットし
目を開けてじっと座り
1分間何も考えないでいられるか
試してみてください。

手の位置が気になる
背中がかゆくなる
このあと何しようか考える
この1分をSNSになんて書こうか考える
・・・

いろんなことが頭をめぐります。

はじめから
「へっちゃら♪」
という方もいらっしゃいますが
残念ながら、
「考えていることにも気づいていない」
ということもあるんです。

 

 

直感を目覚めさせたい、
ついでにお部屋もキレイにしたい
という方は
ぜひ呼吸法を体験しに来てください。

2017年4月19日(水)午前 講座「セルフケアのための呼吸法」開催します
2017年4月19日(水)午後 「ゆるくつづける呼吸法」開催します

 

あ〜、私にとって書くことは
まだまだ直感的にはできないので
とっても疲れました。

10分呼吸法して
緩めることにします。

あ〜。