『「呼吸が浅い」と指摘された』
お問い合わせをいただくことが
よ〜くあります。

他にも、
私が「呼吸法の講師もしています」と名乗ると
「呼吸が浅いとよく言われる」
とおっしゃる方もとっても多いです。

私は、
「それなら呼吸を深めましょう」とも
「呼吸法やらなきゃだめです」とも
「気にしなくても大丈夫ですよ」
とは言わず、

「気になっていらっしゃるんですね」
とお返ししています。

 

 

私も、
人と会うときは呼吸を見てしまいますが
「この人は浅い」
「この人は深い」
と判断しようとはしません。

呼吸には個性があり、
その体型による深さ、
その場での深さ、
その状況による深さ、
などいろんなものに影響を受けるからです。

体調や動作だけでなく、
考えていることによっても変わるし、
「心」も呼吸に大きく影響します。

 

もちろん、
呼吸が深い方が楽ですし、
呼吸が浅いと辛いことも増えます。

 

なので、
呼吸が慢性的に浅く、
辛い思いをしている人には
その人を知った上で
その人が楽になるヒントを
私なりに探すようにしています。

 

でも、

呼吸が浅い
から
呼吸を深くすべき

ではないんだなと
感じられてきました。

 

普段呼吸を意識していない方が
「呼吸が浅い」と指摘されると
気になってしまうとは思います。

ありがたいご指摘かもしれませんが、
気にしすぎる必要はないですし、

気にしすぎて、
逆に呼吸を浅くしてしまうことも
あります。

 

それよりも・・・

ご自分の呼吸を感じ
「呼吸が浅いな〜」と気づいては
呼吸を使って自分でメンテナンスできるようになると
指摘が気にならなくなってくるかと思います。

 

呼吸法は、
健康法でもあり
メンタルトレーニングとしても
認知が広まりつつあります。

いずれも
呼吸を深める効果が言われますし、
深い呼吸でいる方が楽なのですが、
「深い呼吸が正しい」
とは私は思っていません。

 

呼吸法は、
難しいことではないけれど
ひたすらシンプルで
続けることでやっと見えてくるもの。

自分の呼吸がわかると
自分と付き合いやすくなり、
人の呼吸もわかってきたり、
人との付き合い方もかわってきます。

私の呼吸を感じる大好きな写真
photo by masato yamabe

 

2017年4月19日(水)に
呼吸法の講座を開催します。

「呼吸が浅い」と気になっている方、
ぜひお見逃しなく。

2017年4月19日(水)午前 講座「セルフケアのための呼吸法」開催します
2017年4月19日(水)午後 「ゆるくつづける呼吸法」開催します

毎月自宅でのみ開催してきた
「ゆるくつづける呼吸法」
を渋谷で開催します。

 

呼吸法は
飲めばすぐ効く薬でもなく、
思い出した時だけやれば効くものでもなく、
毎日少しずつでも続けていくことが
とっても大切です。

 

呼吸法を一人で毎日黙々と続けることは
お金もかからなければ
特別な場所も必要ありません。

必要なのは、
たった3分の時間と
椅子か半畳のスペースと
呼吸法で得られる心地よさを求める気持ち
だけ。

 

でも、
ほんの数分だったとしても、
一人でも黙々と続けるって
とっても大変。

「ゆるくつづける呼吸法」は、
呼吸法の心地よさを実感いただくことで、
呼吸法を続けるヒントを
キャッチしていただける場として
開催しています。

 

クラスの流れ

  1. ご挨拶
  2. 自己紹介
  3. 呼吸法の説明
  4. 呼吸法(10分)
  5. ブレスアウト
    (言葉をつかった呼吸法)
  6. 呼吸法(10分)
    or 日常に取り入れやすい呼吸法レクチャー
  7. ブレスアウト
    (言葉をつかった呼吸法)
  8. 呼吸法(10分)
  9. シェア
  10. ご挨拶

※参加者の様子をみて、内容を変更することがあります。

 

開催情報

日時:2017年4月19日(水)13:00~15:00
   ※同日午前中には、「セルフケアのための呼吸法」という
   呼吸法ってなに?という方のための講座を開催します。
   詳細:http://tsunagaruie.com/archives/4401
定員:10名
場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4 アクセス方法
参加費:1,500円
お申し込みhttp://tsunagaruie.com/breathclass_appl

「セルフケアのための呼吸法」
という講座を開催します。

 

呼吸法は、
特別な場所も、
特別な道具も必要ない
セルフケア法です。

冷え性や便秘などの
慢性的な体の不調だけでなく、

イライラや不安などの
心理的なケアにも効果があります。

必要なのは、
呼吸だけ。

普段無意識にしている呼吸が
健康の味方になってくれます。

 

日時:2017年4月19日(水)10:00~12:00

※同日午後には、「ゆるく続ける呼吸法」という
 呼吸法を続けていくための、定期開催クラスを開催します。
詳細はこちら:http://tsunagaruie.com/archives/4404

定員:10名

場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4
アクセス方法

参加費:5,000円

内容

・呼吸法とはなにか
・呼吸法によるセルフケアとは
・「自律神経」「体」「心」への呼吸法でのアプローチ
・心に意識を向けるとはどういうことか
・続けられる呼吸法のバリエーション
・八木橋が呼吸法でどう変わったのか

お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl

写真の撮られ方講座で
「写真には何が写ると思いますか?」
という質問をしています。

 

みなさん、よくわかっていらっしゃって
「心」
とおっしゃる方が8割です。

「おばけ」
という中学生な答えも
「カメラマンの心」
という哲学的な答えも
今のところ
出てきてはいません。

 

写真には「心」が写る

写真を「写心」と書く方がいるほど
写真には「心」が写ります。

 

もちろん他にも
撮る方との関係性や
景色なども重要ですが、

「心」が写るとわかっていながら、
写真を撮られる時の「心」を
大切にできていないことを
よくお見かけしています。

 

どんな「心」を写したいですか?

「心」つまり
どんな気持ちを写したいか
にフォーカスしてみましょう。

  • 友達との久しぶりの再会の嬉しさ
  • 憧れの人に会えた高揚
  • 子供の成長の喜び
  • かけがえのない時間のありがたさ
  • 大爆笑するような面白さ

いろんな感情があると思います。

 

それを写真に残そうとして
カメラを手にしたり
カメラを向けられたりするはずです。

 

カメラを向けられた途端に忘れる「心」

しかし、
カメラを向けられた途端に、
その「心」を忘れてしまうのです。

  • お化粧くずれてないかな?
  • 隣の人の顔が小さくて、私の顔が大きく見える
  • 痩せて見えるようにお腹を引っ込めよう
  • シワがよらない笑い方をしよう
  • こんなならもっといい格好してこればよかった

そう、
カメラを向けられた瞬間だけ
写真に残したかった「心」
を忘れてしまうのです。

 

そして、写真に写った「心」は?

お気づきになりましたか?

写真に残したかった「心」と
カメラを向けられたときの「心」が
違うものになっているのです。

では、
最終的に写真に写る「心」は
どちらの「心」でしょうか?

そう、
カメラを向けられた時の「心」
なのです。

 

そして、

  • やっぱり化粧が下手だ
  • やっぱり私は顔が大きい
  • やっぱり私は太っている
  • 私も老けたものだ
  • この服は似合わない

と、
化粧品を買い替えたり、
ダイエットを始めようと意気込んだり
するのです。

 

撮られる時の「心」のコツ

そんな努力をしなくても、
撮られる時の「心」を変えるだけで
写り方は変化します。

 

カメラを向けられたときに
少しでも良く写ろうとする「心」ではなく、
写真に残したい「心」に
フォーカスすることです。

 

これは、
少しでも良く写ろうとする気持ちを
否定しているわけではありません。

もちろん私も、
少しでも良く写りたいですし、
少しでも良く写したいと思っています。

 

でもそこで、
カメラを向けられた時に
写真に残したい「心」を
しっかり意識できていると

写真を見返した時も
自分にダメ出ししたいスイッチが
入りにくくなります。

 

太って見えるのが嫌だから
と思って写真を撮られると
「太って見えるのが嫌だ」
という気持ちが写ります。

その写真を見返した時に
思い浮かべるのは
「やっぱり太って見える」
という気持ちで

けっして、
「このとき楽しかったな〜」
という気持ちではないのです。

 

 

ということで、
今感じている「心」を大切に
楽に撮られてみてください。

 

 

2017年2月22日に開催した
写真の撮られ方講座に
ご参加くださった方々のご感想です。

 

 

写真を撮られることが苦手で、今回参加させていただきましたが、
最後の最後に今まで変な顔でうつっていたのは、「なりたい自分」と「現実」にギャップがありすぎるんだな〜と思いました。

大人っぽく知的な感じにうつりたいという希望が先行してしまっていましたが、本当は笑い顔全開系なので!

佐野律子さま

 

 呼吸法を取り入れ、自分がどんな風に撮られたいかを意識してみようと思いました。
楽しかった時の自分を思い出すこともやっていきます。
目を閉じて、目を潤わせてから、写る!いろいろなポイントを教えてくださって、ありがとうございました。イメージコンサルタント 河井あゆみさま

 

 

 写真は心が見透かされているような気分になり、自ら固まらせてしまっていたことに気づきました。

スミちゃんにカメラを向けられても緊張しないのは、スミちゃんの感情がしっかりレンズを通して伝わっているからなんですね。

写真を撮られる時に、楽しいを意識すること。
撮る人撮られる人を一瞬で好きになるスミちゃんの心を、まねしてみます。

自分の写真、見返しましたが、人を撮った写真が全くありませんでした。その事実にびっくり!

滝口明子さま

 

 今まで考えたこともなかった感情。
ただ自分のコンプレックスを隠すことを考えてたと思います。撮る方が好きだったのですが、呼吸を意識して自分らしさをそのまま出します。錯覚いいですね。もっとそのまま自分を大好きになります。海老原杏菜さま

 

 ・撮られる時に、呼吸を意識することは全く考えていなかったので、今後は生かしていきたいと思いました。

感情が写ることは「想い」ですね。やはり楽しいことを想っている時が一番自分らし姿ではないかと思いました。

・家族の写真を撮る時にも、撮られる家族を楽しくさせてから撮ることを意識したいと思います。

ファイナンシャルプランナー 渡邉正広さま

 

 今日、きてよかった♪

パン屋・イベントプランナー 安田紀子さま

 

 なぜ写った写真を見てガッカリするのかが、よくわかりました。

参加する時に思っていた内容と全く違いましたが、
明日からすぐに実行できる内容だったので、期待以上でした。

写真をどんどん撮っていただきたくなりました。

今日はありがとうございました。

野村奈央さま
ご感想記事:「コンプレックスはただの思い込み」

 

 「写真の撮られ方講座」ってなんだろう、と思い興味があり参加しました。

まさか呼吸と関係があるとは・・・。
呼吸が浅いと記憶にも影響するという点は、面白かったです。

振り返ると「なるほど」と思うことがたくさんありました。

しっかり呼吸をして、リラックスして、撮ったときの情況も記憶に残る良い写真がこれから1枚ずつ増えていったら良いと思います。

ありがとうございました。楽しかったです。

K.S.さま

 

講座前は
「どんな顔したらいいの〜?」
と仰っていた皆さんが、

講座後には、
カメラを見た途端に
自然と笑顔が出てきていました。

 

恥ずかしくても、
変顔したくなっちゃっても、
楽しい!と思っている笑顔が大好きです!

 

<写真の撮られ方>

■日時:2017年3月21日(火)13:30〜15:30
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加費:6,000円
■定員:9名
■お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S86489582/