コンテンツへスキップ

「なんなら、シミ、シワも消して、綺麗に見せたい」
「嫌いなところは隠して、少し痩せているように写して欲しい」
「せっかく撮るなら、ヘアスタイルも、メイクもお願いしたい」
「プロフィール写真は、現実よりも素敵に撮って欲しい」

というのは、プロフィール写真を撮ってもらう時に浮かぶ、当たり前の心理だと思います。

 

スマホの自撮り写真では、画質や背景など、プロフィールに向かないものも多く、
だから、それなりのお金を払ってプロに撮ってもらうことになるのですが、
「せっかくお金を払って撮ってもらうならば、やっぱり特別な自分を撮って欲しい。」と、
プロフィール写真がちょっとずつ盛られた写真になっていくのは、自然な流れなのです。

↑自撮りで盛ってはいませんが、底上げしてます

 

しかし、プロフィール写真で鉄則のように言われるのは、

「プロフィール写真は盛ってはいけない」ということ。

※「盛る」とは・・・普通よりも多くする、大げさにするという使い方の若者言葉で、現実よりも数段可愛く、綺麗に、ヘアやメイクなどを作り込む意味合いがあります。

 

「とは言ってもさ、大盛りじゃなければいいでしょ?小盛くらいなら♪」
と思っている大盛りの方、もたまにお見かけします(笑)

 

 

もとい、プロフィール写真を見てお仕事を依頼する側にたった時に、

信頼できそうで、
優しそうで、
できたらキレイで、
仕事ができそうで・・・

と無意識に人相で判断しているのは、自然な行動です。

やっぱりそういう現実を考えると、
プロフィール写真にどんどん気合が入っていくわけです。

 

 

さて、
私はプロフィール写真を撮る者として、
プロフィール写真のことを日々よく考えています。

それは、
「いかにいい写真を撮るか」
「どうしたらその人を引き出せるのか」
ということだけではなく、
「プロフィール写真って、どんな写真がいいんだろう?」
ということも、日々ぐるぐると考えています。

その中で、脳裏によぎった疑問・・・

「『プロフィール写真は盛ってはいけない』は本当か?」
ということ。

上で散々、「盛らないほうがいいよ」というようなことを書いてきましたが、
最近考えていることは、

「盛り盛りでもいいんじゃない?」
ということ。

 

そんなことを考えながら、こんなイベントを開催します。

しぶくらまつり2017

日時:2017年9月22日(金)10:00~15:00
場所:渋谷区文化総合センター大和田 2F学習室2
入場料:1,000円(当日お支払い・出入り自由)
しぶくらホームページ:https://shibuyakurashi.jimdo.com/

 

プロフィール写真なんてどーでもいい

 

みなさんの経験談や実感をシェアしながら、
写真を撮り・撮られてきた私の実感も交えながら
一緒にお話をしたいと考えています。

撮影:神取知華子さん

 

「八木橋さんに撮っていただいたプロフィール写真がきっかけで、お仕事をいただきました」

という声を立て続けに届き、
びっくりしています。

いやいや、そもそも
お仕事につなげることが
プロフィール写真の目的なので
当たり前であらねばならないのですが、

「お客様が、写真を見て決めてくれたんです」
「撮っていただきながらお話ししたことがきっかけになりました」
などと、
撮影による影響があったことは
とってもありがたいことです。

 

なのですが・・・
そうやって、撮影がきっかけで
お仕事がくるようになった方には
共通点があるんだな〜と
同時に感じています。

その共通点とは
「素直であること」

 

言ってしまうと・・・

いろんな資格をもって
すでにいろんなお仕事をしている方でも
素直じゃない方は
写真はきっかけにはなりません。

逆に、
資格もなく、
駆け出しの方で、
写真を撮られるのが苦手という方でも
素直な方は
写真がきっかけになって
広まっていきやすいように思います。

 

でも、
素直になることが難しい人もいます。
素直でいることをやめている人もいますし、
素直でいるつもりの方もみられます。

そんな方々のために
私が最大限できることは・・・

その方の素直さを引き出すと共に、
私が全力で素直であることだと思っています。

なにせ、撮られる方が撮られているときに
一番意識しているのは
カメラと私ですからね。

神取知華子さんに我が家のスタジオ部屋で撮っていただいた写真

 

<素顔の自分を好きになるプロフィール写真>

写真が苦手な方を得意としています。
詳細はこちら:http://tsunagaruie.com/profilepics

新しいお仕事を始めるとき、
プロフィール写真で
お顔を露出することが
大切な一歩と言われています。

なので、
プロフィール写真を撮る前に
「私はこれで仕事をするんだ!」
と方向性を明確にしてから
プロフィール写真を撮ろうとする方が
とっても多いようです。

が・・・

その方向性を明確にするのに時間がかかり
とりあえず・・・の写真のまま
悩む時間だけが過ぎていく
という方をよくお見かけします。

 

つまり、
自分のやりたいことや
ブランディングを明確にしないと
プロフィール写真を撮るという
ステップにたどり着けないのです。

言い換えると、
プロフィール写真を撮るのがゴール
になってしまっているのです。

↑私のFacebookでのプロフィール写真の変遷

 

さて、

プロフィール写真は
ビジネスのスタートなのか?
それともゴールなのか?

いずれも違います。
自分のステージの変化点です!

スタートするためのものでも
ビジネスの準備段階の終止符でもなく

これからたくさん出てくる
自分のステージの変化点でしかありません。

 

 

その変化点は例えば、

現実の自分と写真に
ギャップが生じはじめたり

今のプロフィール写真に
違和感を感じはじめたり

体型や服装、環境の変化

など、いろんな形で現れます。

そして、その変化点は
幾度と現れることがあります。

写真に違和感がある場合は、
変化点に差し掛かっているのだと思います。

なので、
その変化の波に上手く乗るために
写真を変える。

すると、
見ている人にすぐに伝わり、
変化の波がちゃんと動き始めるんです。

 

 
「そうはいっても、どんな自分で写ったらいいのか、やっぱりわからない」
という方もいらっしゃいます。

そういう場合は、
複数のパターンで撮影して
その写真を見比べることもできますし、

直感的に話をしながら撮影するので
どれが生きやすそうなのか、
どれが合っていそうか、
撮りながら見出していくのも
一つの方法だと思います。

関連記事:ファインダー越しだと見えちゃうんです、私。
 

<プロフィール写真撮影>

自然光の我が家の自宅スタジオでの撮影、
出張撮影、
屋外での撮影、
ご要望にあわせて撮影いたします。

http://tsunagaruie.com/profilepics

プロフィール写真を撮るときに
大切にしてほしいこと

それは、
「素顔の自分を好きになる」
ということ。

 

 

 

素顔の自分を好きになると、

写真に写る素顔が変わってきます。

写真に写った自分を見る目が変わってきます。

納得できない写真が減っていきます。

 

すると、

見てくれる人が変わってきます。

「あの写真の方ね!」って言われるようになります。

 

そして、

普段の気持ちが変わってきて

どんどん自分が好きになります。

 

だから、
私が撮るときは、
自然な表情を引き出し、
その表情をご本人が好きになれることを
一番大切にしています。

 

私は、
ずっと写真を撮られるのが怖かった。
「素顔の自分」を見れなかった。

でもね、
素顔の自分を好きになるのに必要だったのは、
勇気でも
努力でもなく、
自分への許可だった。

 

素顔の自分を、
もっともっと好きになってほしい。

それが、
私のプロフィール写真撮影にかける想いです。

素顔の自分を好きになってみませんか?

 

<<プロフィール写真撮影>>

素顔の自分を好きになるプロフィール写真撮影
詳細はこちら http://tsunagaruie.com/profilepics

ファッションコンプレックスには理由がある。
その理由と、解決策を見せてくれる人がいます。

しらすぎもとこさん

以前、彼女を撮らせていただき、
撮影のことを記事にしたかったのですが、
撮影のことよりも、
彼女のことを書きたいので、
書きたいように書きます。


photo by 八木橋スミコ

 

私は、
子供のころから大きくて
中学に入学する時点で
身長は164cm

それ以上大きくなるわけないと思いき
身長は176cm
まで成長してしまいました。

身長だけならまだしも、
運動部三昧で、
食べ盛り、寝盛り、
「背が大きいね」ではなく
「デカッ」と言われるまで
色々成長しました。

 

そうなると、
私が買える服は
女性服売り場にはなく
ユニセックスと見せかけ
基本的にはメンズ。

友達と同じかわいい服を着たくても
遠くから眺めるのが関の山で
試着をしても、
試着室から出られなかった記憶ばかりです。

 

そこから
ファッションコンプレックスに陥りました。

そこに現れたのが
前述のしらすぎもとこさんなのです。

堅苦しいので、
普段の呼び名「もこぷ」と呼んで
続けますね。


photo by 八木橋スミコ

もこぷは、
長年アパレルの世界でセンスを磨き、
骨格スタイル認定講師という肩書で
活躍しています。

もこぷは、
小柄で超細見。
私のような悩みは
持ったことがない人だと思っていました。

でも、
真逆の悩みに
立ち向かってきた人だったんです。

細すぎて着れるサイズがない。

世の女性からは
反感を買いそうな悩みですが、
かなり苦労してきたそうです。

彼女曰く、
ファッションは好きだったけれど
初めからおしゃれだったわけでなく、
たくさん努力してきたそう。

着れる服がなかなかない中、
服を選ぶ技術、
着こなすセンス、
お直しもたくさんして、
今の彼女につながっているのですよね。

そんな彼女を見ていたら、
「服がない・・」
と未だにウダウダ言っている
自分が恥ずかしくなってきました。

 

ファッションの悩みは
あなたの体系が悪いのではない。

骨格にドンピシャなお洋服を
あなたが選べていないだけ。

 

それをどう解決するかを、
彼女の大きな目と
華奢な手と
磨き抜かれたセンスで
見出してくれます。

 

もう一つの彼女の魅力は、
ファッションの悩みをクリアしていくことで
人生のステージアップに導く
彼女の思考のセンス。

彼女と話をするだけでも、
私が長年積もらせてきた
ファッションコンプレックスと
劣等感を生み出す思考が
ちゃんと見えてきます。

 

30歳、40歳、50歳と歳を重ね
「若さ」というアクセサリーを
奪われた女性たちは、
自分の骨格というフレームを知ることで
その人だからこそ着られる
ファッションをまとうことができる。

それは、
どこのブランドの服を
何十着持っていても
何の役にも立たない。

本当の勝負服は、
意外とシンプルなんだ!
と気づかせてくれます。


photo by 八木橋スミコ

 

そんな、
常に進化し続ける彼女を
2017年も撮り続けていきます♪

しらすぎもとこさんのblogはこちら↓
http://ameblo.jp/le-capricorne08/

 

そして、
昨年開催した
shibukuraイベント「大人のスカーフ講座」の
ストール版の開催が決定しました。

2016年12月15日午前8時に
こちらで募集開始です。

 

その前に、
私の撮られ方講座もshibukuraで開催します。
こちらも合わせてお見逃しなく↓

 

<2017年1月20日「写真の撮られかた講座」>

■日時:2017年1月20日(金)10:00~11:30
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 学習室2
■参加費:5,000円
■申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S24727523/
■詳細:http://tsunagaruie.com/archives/3879

 

<2017年1月25日「グループ撮影会+マヤ暦鑑定」>

■日時:2017年1月25日
■時間:
10:00〜13:00 午前の部(ランチタイム含む)
13:30〜16:30 午後の部(ティータイム含む)
■参加費:10,000円(税込)
■場所 :東急世田谷線上町駅最寄り
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathingpics
■詳細:http://tsunagaruie.com/archives/3854

 

<セルフメンテナンスのための呼吸法>

■日時:2016年12月14日(水)10:00~12:00
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4 アクセス方法
■参加費:5,000円
■詳細:http://tsunagaruie.com/archives/3689
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl