コンテンツへスキップ

5歳の長女に、朝からこんなお願いをされました。

 

長女「前もやったのをやりたいの!

好きなおもちゃは私がちゃんとしまって、
好きじゃなくなったのは、ママのところに置いておく。

それをやりたいの!」

私「ほぉ、おもちゃのオーガナイズだね!いいね、今晩やろっか♪」

そのときの記事:子供たちの「好き」を大切にする
とっても反響いただいた記事です

 

ということで、
保育園から帰ってきた長女は大はりきりで
お風呂を出て、髪を乾すよりまえに、

おもちゃを出し始めました。

 

まず、全部出す。そして、分類する。

IMG_9429.JPG

↑我が家のおもちゃのフルメンバーです。
ついでに、次女はなぜかズボンをはいていない(汗)

 

そこから、長女と次女と順番に
自分の好きなモノを1個ずつ、
自分でしまっていきます。

 

気が急いて順番を無視しまうので、
「ママのおひざ」という特別席を用意して
もう一人が選ぶのを待ちました。

IMG_9433.JPG

↑次女が私のひざに座って待つ画
この子、つむじは二つあります。

 

「これはこの箱に仕舞うの♪」

もうすぐ3歳になる次女も、
選んだものを仕舞う場所を
自分で決めています。

IMG_9434.JPG

 

4か月ぶりにおもちゃオーガナイズしましたが、

子供達が自分で決めて、
買い物袋2つ分を処分しました。

 

 

長女は、この作業を「片づけ」「捨てる」とは思っていません。

好きなモノを、好きなトキに、気持ちよく出せるようにするためにやっておくこと。

と思っているようです。

 

子供達がおもちゃを選択する条件は、

「金額」「希少価値」ではなく、

好きかどうか。

 

なので、

「この絵はまた描いてもらえばいいから、いらない」
と従兄弟が書いてくれた綺麗な絵は手放し、

「かわいいけどチクチクするからしない」
と保育園でもらった花飾りを手放し、

「これは大事!」
と、どこかで拾ってきた金ケシ的なアイテムを
2番目にチョイスししまっておく。

なんてことがあったり、

私が気に入っているおもちゃが
「いらないもの」に分類されたので
私がいただくことにしました。

 

 

大人ができることは、

「片づけなさい!」
ということではなく、

子供達が自らの選択を自信を持ってできるように、
ゆったりとした呼吸で見守ること。

 

 

 

そんな二人を呼吸を整えながら
穏やかに見守れました。

 

あ~、楽しかった♪

IMG_9436.JPG

 

2

 

玄関に置く鏡を
DIYして作りました。

 

以前は、
こんなでした。

IMG_6691

大きくていいのですが、

壁の幅よりも鏡の幅の方が
少しだけ大きくて
モヤ~っとしていました。

ほんのちょっとの出っ張りなのに
子供も大人もよくぶつかる。

鏡って
ガラス面が重いので
ちょっとちょっとバランスを崩すと
危険なんですよね。

 

いろんなショップでも探したのですが、
サイズやクオリティー、デザインも含めて
ストライクゾーンに入るものがなく、
自分で作ることにしました!

 

新デザインの条件

新しく作りにあたり
条件を洗い出しました

・安定している

安全を考えたら、
最重要ポイントです。

・足元はすっきり

後ろのスタンドは
お掃除の邪魔になるので
つけたくない

・壁にもビスは打たない

壁に固定するもの
移動しにくいし、
気が変わったときに
穴だけ残るのは嫌なのです。

 

とってもわがままな条件が
あがりました。

 

材料

  • 木材
  • ミルクペイント
  • 強力接着剤

鏡は、
近所で素敵な建物が解体されていて、
そこで廃棄されるものを
いただいてきました。

「何か写りそうで怖い・・・」
というかたは
新品を用意しましょうね。

端部は汚れがありますが
歪みが少なくて
綺麗に写ります♪

 

作り方

といっても、
製作過程の写真がなく・・・
ざっくり言葉で説明します。

をすのこ状に組んで
ミルクペイントを塗って
強力接着剤を貼って
完成!

簡単ですみません。

 

そして完成したものは!

 

 

背面の木材は厚みのあるものを使い

足元には
もっと重量のある木材を
止めつけて

全体の重心が下がるよう
テキトーに考えました。

立てかけてあるだけとは思えないほど
結構安定しています。

マリンライトにぶつからないように
なんとなく
サインコサインタンジェント
しました。

 

私のDIYは
自分のこだわりが強くて
自分の条件が厳しいほど
予算を削りたいときほど
萌えます。

決して
緻密に考える方ではありませんが
アイデアを形にしていくことで
作ったものを眺めては幸せになり
作ったものを使っては幸せになります。

私にとってのDIYは
自分の生活を
自分の力でこだわる。

私の大好きな趣味です。

言い忘れました。

考えるのは私で、
作るのは夫です。

2

一応、ライフオーガナイザー(片づけのプロ)
のわたくしですが、
先般ご案内しました通り、
ライフオーガナイザーさんに
我が家の納戸のオーガナイズを依頼しました。

先般の記事↓
「プロだからこそプロに頼る!」

 

 

今回私は、
クライアントとして
オーガナイズをやっていただいたわけですが

ライフオーガナイズというのは

ライフオーガナイザーが伴走者として
走ってくださるわけで

クライアント自身が走らなければ
ゴールにはたどり着けません。

 

ゴールテープの先に
「どんな景色があるのか」よりも
「どんな景色を見たいのか」を
クライアント自身が明確にイメージし
一歩一歩踏みしめて前に進むから

ゴールした後に
見たかった景色が
必ずそこに現れるのだと思います。

その景色は
ライフオーガナイザーが見せてくれる景色
なのではなく
クライアント自身がイメージした景色
なんだと私は思っています。

 

とまぁ、
前置きで熱くなってしまいましたが(笑)

 

伴走者となるライフオーガナイザーさんとして
木村眞理さんにお願いし、
と~っても気持ちよく走れました。

眞理さん、ありがとうございました!

 

 

私も(一応まだ)オーガナイザーなので
物量は少なめですし、
生活のキャッチフレーズとして

「全員スタメン!」

を掲げているので
(って家族に言ったことはありませんが)
使っていないモノは
極力所有しないでいましたが

今回の作業で、
出てくる出てくる・・・

これだけ手放しました

DSC_5444

 

ちなみに
オーガナイズ前はこんなでした

DSC_5428

DSC_5424

 

オーガナイズの最中
眞理さんは基本的には
手放すことを促しません。

それどころか、

私「これ、好きだけど使わないんですよね。この機会に捨てようかな・・・でも、父が買ってきてくれたもので思い入れがあるんですよね・・・でも、使いにくいし使わないんです・・・捨てます!」
眞理さん「え~、そうなん?こうしたら?」

IMG_7705.JPG

キッチンの一角に
私の大好きな象さんコーナーが
出来上がり♪

 

象の置物の後の黒地の象のアイテムは
石でできた箱のフタでした。

箱として使うことしか
考えていなかったのですが

これぞ眞理さんのオーガナイズの真骨頂

「思い込みを外す!」

で、こんな空間になりました。

 

 

と、今回はここまで。
年内に最後までかけるかな?

2

一応わたくし、
ライフオーガナイザーという
片づけのプロでございます。

が、
先日撮影させていただいた
「ライフオーガナイザー入門講座」の中で
講師の木村眞理さんの言葉に
はっ!としました。

講座の息づかい~きむらまりさん~

 

海外経験の豊富な眞理さん曰く、

「海外ではプロに頼むのが当たり前なんです」

と。

「プロだから自分のことも自分で出来なくちゃいけないのではなく
プロだからこそ自分のことはプロに頼むんです」

的なことをおっしゃっていました。
↑ニュアンスで記憶しているのでこんな感じ(笑)

 

我が家の一室を講座部屋に模様替えし、
他の部屋や収納場所に移動したものも多く、
平静を装いつつも、
ごちゃっとした納戸が気になっていました。

そこで!
「これは眞理さんにオーガナイズを依頼しよう!」
と、オーガナイズの依頼しました。

 

1日かけて行ったオーガナイズは
後日ご報告するとして・・・

 

プロだからこそ、プロにお願いする。

 

これ、とっても大切なことですね♪

 

恥ずかしながら、
オーガナイズ前の写真を公開

はい、床の上に小麦粉の袋が・・・(汗)

 

オーガナイズ作業の最中、
ちょこちょこと撮影をしながら
ライフオーガナイズの息づかいを感じ
その素晴らしさを再認識しました。

 

そのあたりもあらためてご報告しますね♪

 

つづきは・・・
木村眞理さんと我が家の納戸をオーガナイズ!

 

娘たちが寝ている間に
我が家の手放し業務を

 

我が家から物を出すことを

私は「手放す」と言っています
「捨てる」ではないんです

そして

物への思いごとに
手放す手段を変えています

  • 差し上げる
  • Amazonマーケットプレイス
  • ヤフオク
  • フリマ
  • 衣類の回収サービス(自治体やショップ)
  • 廃棄

 

お金にならなくても
手放せない物があります

 

そういうときは
使ってくれる方に
物の命のバトンを渡すように
手放せるシステムを利用しています

 

んにしても!!!
ヤフオクが使いやすくなっていてビックリ!

 

今までは
質問への対応や
落札後のやりとりが面倒なのに
心に響くトラブルが多かったけど
それも軽減されてそうな予感🎵

 

伝授しましょか?

って
伝授するほどコツが
必要なくなった気もしますが😅