コンテンツへスキップ

先日、撮影でお伺いしたお宅

「すっきり」という言葉で片付けるには
もったいないくらいの空間でした。

 

お姉さまが設計された自宅で
ご家族4人で住まわれているお宅。

小学生のお子様が二人いるというのは
テーブルの角にはクッション材でわかります。

「人をもてなすのは人なのだ」
と当たり前のことのようだけれども
初めてズドンっと腹に落ちました。

 

整えられた空間は
静かに見守ってくれていて
家自体にも「もてなされている」
と感じました。

そして、時間を見て、
撮影中にランチまでご用意くださる手早さ!

 

ここまでくると、
彼女達の姿からは
「もてなしている」
という印象すらも見当たらず、

これが彼女達には当たり前のように見えました。

 

日頃から、
自分で自分をもてなし
家を整え感謝しているからこそ
こんな時間が生まれるのだと
心穏やかになりました。

 

撮影だけでなく、
素敵な時間と空間を
ありがとうございました。

魅力的なこちらの女性達にお声かけいただき
電子書籍の写真撮影を担当させていただきました。

しらすぎもとこさん
野村奈央さん
松ヶ崎由紀子さん
ましこえいこさん

骨格スタイル 40代からの Tシャツコーディネート
Amazonにて300円で発売中!

Amazonの電子書籍
300円で購入できます。

 

 

夏だけでなく、春から秋にかけて
インナーとしても大活躍するTシャツ。

たくさんあっても損はないと思っても、
タンスの肥やしになっていくのを
毎年妥協していませんか?

 

ファション雑誌で「素敵だな」と思っても
自分が着るとモデルさんのように素敵に見えない・・・

それって、
雑誌の中でモデルさんのスタイルと
自分が違うからかもしれません。

あ、いやいや
「モデル体型じゃないから」ではなくてですね、

骨格スタイルの分類が、
モデルさんとあなたでは違うのかも!
ということなんです。

この電子書籍では、
3つに分類された骨格スタイルごとに
Tシャツの選び方だけでなく
コーディネートのコツ、
アクセサリーのチョイス、
なんかもわかりやすく解説してくれています。

 

 

Tシャツと一言で言っても、形も素材も様々で
いかに自分の骨格にフィットする一枚を見つけるかは
若さではごまかしがきかなくなったover40's(40代以上)には
と〜っても重要で

たかがTシャツ、されどTシャツなのだと
この撮影を通して痛感しました。

 

 

「本はやっぱり紙だよね」
という方も多いと思いますが、

これからのセールシーズンに
電子書籍がスマホに入れて
スマホで「私に似合うTシャツは?」を確認しながら
ショッピングができちゃいます。

私も早速スマホにこの書籍を格納し、
今年一番のTシャツを探します!

 

この書籍のために行った撮影については、
また改めて書こうと思います♪

「星ノ飛ブ夜」という音楽ユニットの
ライブを撮影させていただきました。

ライブ撮影は全くの専門外なのですが、
今年は他にも裏口オファーをいただき
今回も裏口オファーで
撮影させていただきました。

貴重な経験、
本当にありがとうございます!!!

心で聴いて
心で撮りました

日常では無音を好む私ですが
彼らのライブで
何度も鳥肌が立ち
吸い込まれました。

 

冷静でかつ鼓動と連動するような
小沢アキさんのギター

包容力と優しさ溢れる
関根真理さんのパーカッション

天にも届くような
西村郷子さんのクリアボイス

 

積み重ねてこられた経歴を見ても
すごい方々だとは思うのですが、

ステージの上だけでなく、
彼らの地に足のついたどっしりした呼吸が
彼らのお人柄を物語っていました。

客席へは敬意を払い、
黒子の私にも一礼くださったり。

キャッチーなリズムやフレーズに依存せず
それでいて、
音が肌から浸透し
一度感じたらまた感じ入りたくなるような
彼ららしさみたいなものが
ライブハウスを満たしていました。

彼らの音楽は、
ご本人たちも「ジャンルがない」
というだけあって
枠もなく、
新しくも古くもない音楽です。

音楽を感じながら
彼らを撮りながら

何度も何度も
いろんな時空にタイムスリップしました。

夕焼け
田んぼ
ひび割れた道
父の背中
汗と涙
・・・

彼らの音楽は
心の原風景を見せてくれるようです。

2017年夏のライブ情報を入手しました。
ぜひ行ってみてください!!!

<<2017年8月5日(土) @世田谷豪徳寺>>

場所:豪徳寺エスグラビティ
(世田谷区豪徳寺1-45-2-2F)
小田急線豪徳寺駅もしくは
東急世田谷線山下駅から徒歩1分

開演:18:30〜(開場18:00)
Fee:3,000円 (1ドリンクオーダー別途ご注文ください)
ご予約お問い合わせ:03-3420-7973(豪徳寺エスグラビティ

 

<<2017年8月11日(金)@静岡焼津>>

場所:新屋食堂アヤナイ
(焼津市本町1丁目4-13)
JR焼津駅から徒歩12分(タクシーでも4分ほど)

開演:19:00(開場18:00)
Fee:2,000円( 1ドリンク付)
ご予約お問い合わせ:054−6297363(新屋食堂アヤナイ

 

<<2017年8月12日(土)@静岡焼津>>

場所:スノドカフェ七間町
(静岡市葵区七間町7-8)
静鉄清水線狐ヶ崎駅から徒歩9分

開演:19:00(開場18:30)
Fee:2,000円(1ドリンクオーダー別途ご注文ください)
ご予約お問い合わせ:
Tel/Fax050−260-6173
email:info@sndcafe.net

2017年6月23日(金)〜25日(日)に写真展を開催します。

写真展については、こちら

 

写真展最終日の6月25日(日)に
福島県郡山市で開催されるイベントが
とっても気になっています。

おとなの文化祭@こおりやま

主催者は、
私が写真を撮り始める一つのきっかけを作った安田紀子さん
郡山で何度か写真を撮らせていただいている前田かおるさん

 

そして・・・

今回は、私の大好きなお友達であり
マヤ暦のメッセンジャー渡邉恵子さんも
出展されるのです。

彼女に出会って一年ほど経ちますが、
マヤ暦に基づき、
私のミッションを紐解いていただき
私の行動のストッパーがどんどん外れていっています。

私だけをマヤ暦で説いてもらっても
こうはいかなかったでしょう。

家族全体の関係性を読み解いていただけたから
今があるんです。

私が腑に落ちたことの一部を書くと・・・

  • 私の、気分屋だったり、いつも新しいことを始めていたい性分のこと
  • 理解できない家族の行動の理由
  • 親族との絆
  • 嫌だなと思った人との関係の意味
  • 今がどんなときなのか

占いの類もいろいろ見てきましたが、
彼女の言葉以上に、
鋭く優しく刺さるものはなかったんです。

私に合っていたんでしょうね。

 

ともあれ彼女は
人と人の関係性を読み解くのが
とにかくすごい。

彼女のセッションは、
ただただマヤ暦だけで紐解くのではなく
彼女のメッセンジャーとしての素質が加わり
空気の流れに乗った気持ちの良いテンポで
ここ!というタイミングでスパッと
言葉の風が吹く。

だから、
「あ、そっか、そうだったんだ」
と腑に落ちるのです。

関連記事
マヤ暦を知るとどうなる?
八木橋のマヤ暦鑑定結果が衝撃的だった

 

直前ですが、未告知だそうです。

裏ルートで、
申し込みフォームを入手したので
こっそりここに貼っておきます。

おとなの文化祭@こおりやま
渡邉恵子さんのマヤ暦診断
30分2,000円(お一人様診断)
60分4,000円(ご家族さま等関係性まで診断)
ご予約の方 60分5,000円(前以て詳しい診断書を作成させて頂きます)
https://ws.formzu.net/fgen/S48605214/

イベント価格なので、
普段受けるより安くなっています。

わざわざ行く価値ありです。

 

そして・・・

2017年8月20日(日)に開催される
おとなの文化祭@こおりやまの第3回目に

八木橋スミコ写真展「環」のブース出展を
決定いたしました。

今回(2017年6月23日〜25日)ご都合が合わなかった方、
8月にも機会はありますので、
ぜひ見にいらしてください。

 

まだ初写真展も始まっていませんが、
写真展の反省リストはすでにてんこ盛りです。

その反省リストに反省したり
反省するのをやめたりしながら、
おとなの文化祭@こおりやま(福島県郡山市)に向けて
走り始めてまいります。

 

 

写真を撮っていながらも、作品としての写真をあまり見てこなかった私が、
写真展の楽しみ方なぞとおこがましいくらいですが、
おいでくださる方の参考になればと思い、記事にしておきます。

 

今回の写真展には、
私が撮った写真だけではなく
娘の環(たまき)が撮った写真
France Lyonに住むフォトグラファーLoLoの写真を展示します。

カラーがそれぞれ違うので、その辺も含めて解説しておきます。

 

八木橋スミコの写真

私の写真については、ほとんどblogに掲載しているものを飾る予定です。

サプライズ写真もたぶんありません。
補正はしても加工はしないので
目新しい写真は見られません。(断言!)

ですが・・・
blogでは文章の挿絵だった写真が
写真だけだとどんな風に語りかけてくるのか
感じていただきたいな、と思っています。

「この写真を撮った時の、撮影者の気持ちは?」とか
「これはこういう意図があるんだ」とか
「この写真の構図はどうだ」とか
そういうのは私はどうでもよいと思っていて、

それよりも、
自分の記憶や感性とリンクする部分を
心静かに探していただきたいなと思っています。

blogを読んでから見にくてくださるもよし、
先入観なしで見に来てくださるもよしです。

たまきとフランス2人旅2017 関連の記事はこちら
フランス二人旅で得た子育てへの想い「いい子にならなくていい」
【たまきとフランス2人旅2017】仕事をとるの?子供をとるの?それとも・・・
【たまきとフランス2人旅2017】フランスの最後は丘の上の街モンマルトルで
【たまきとフランス2人旅2017】人とのご縁は、条件ではなく直感
【たまきとフランス2人旅2017】食の都Lyon 美味しいものは人を幸せにする
【たまきとフランス2人旅2017】LyonとたまきとLOLOと
【たまきとフランス2人旅2017】撮りたいものはなんなのか…
【たまきとフランス2人旅2017】 凱旋門とデパートのテラスからパリを眺める
【たまきとフランス2人旅2017】マルシェとエッフェル塔
【たまきとフランス2人旅2017】特別じゃなくてもいい、娘と2人でパリの旅

 

LoLoの写真

LoLoの写真は、私と環二人の写真をメインに展示します。

私と一緒にいる環のこれほどの表情は
彼だから撮れるんだと心から思っています。

私の肌荒れを綺麗に消したいという衝動を抑えながら
しっかり引き伸ばして展示します。

それくらい、
LoLoが撮ってくれた私達親子は
素顔のままです。

そして、私は彼の人柄が溢れる写真が、大好きです。

 

LoLo(Laurent)からのメッセージはこちら

"Here in my beautiful hometown of Lyon or at the other end of the world...What I love the most is to meet, discover and share unforgettable moments with simplicity..If I have the opportunity to take some pictures of these beautiful moments, I become the happiest man in the world..I would like to express my sincere and heartfelt thanks to Sumiko for her precious kindness, constant good humor and of course her wonderful wide and contagious smile..See you soon in Japan..."

Laurent...

環の写真

彼女は、トイカメラで意図せずパシャパシャ撮っているので、
写真というよりもアートです。

環が使っているカメラはこちら

子供が撮る写真って、
「綺麗に撮ろう」という写真がなくて、私は好きです。

ましてや、
スマホのように確認しながら撮ったものではないので、
彼女がファインダーから見ていた景色や意図は
今、本人に聞いてもわからないでしょうから、
写真から想像することしかできません。

手ぶれ、白とび満載な写真ですが、
とっても楽しそうに撮っていました。

 

八木橋スミコ写真展と、私の名前だけを冠にしていますが、
二人のすばらしいフォトグラファーと共に開催する写真展です。

ぜひ足を運んでくださると幸いです。

八木橋スミコ写真展「環」開催します

八木橋スミコ写真展「環」レセプションパーティーのご案内