コンテンツへスキップ

1

服が大好きな我が夫

着ない服でも、思い入れがあったりすると
好んでタンスの肥やしにしています。

 

そんな彼も
肥やしにしてもお腹は膨れないと
良~くわかっているようですが、

着ないから捨ててもいいけど・・・やっぱり捨てたくない

という服が何枚かでてきました。

 

その数枚を物色し
「これ私が使うものにリメイクしていい?」
と交渉して一着拝借しました。

IMG_7576.JPG

 

オーバーオールです。
作業着なので生地もしっかりしています。

 

ざっくりと妄想して、

帰省した際に
裁縫のマジシャンである母に
縫ってもらいました。

いつも無理言ってすみません…

 

まずは糸を解いて

IMG_7584.JPG

設計図なんて存在しない
その場あわせのリメイク

 

さて、どんなものが出来上がったでしょう。
それは次回のお楽しみ🎵

IMG_7583.JPG

2

プロだからこそプロに頼る!
木村眞理さんと我が家の納戸をオーガナイズ!
の続きです。

ご興味があれば、
ぜひそちらも読んでください。

 

我が家の納戸を
マスターライフ―ガナイザーの木村眞理さん
オーガナイズしていただきました。

収納の少ない我が家の
(わざと少なく設計しました)
メインの収納である納戸。

他のところであふれたものは
大概ここに集まります。

急な来客のときや
急じゃない来客のときも(汗)
大活躍する場所です。

そんな大活躍する場所だからこそ
扉を開けたときに
嬉しい気持ちになりたい!

と、事前に眞理さんに
お伝えしていました。

 

オーガナイズが完了し、
約3週間たちますが、
完全に維持できているどころか
オーガナイズ後よりももっと
この場所が好きな場所になりつつあります。

 

眞理さんとのオーガナイズで
収納という無機質な場所に
生活のストーリーが
できあがりました。

 

我が家に来た食材を
床に仮置きすることなく、
棚に特等席を用意したり、

書類をバサッと納戸に隠すのではなく、
処理順序をつけてバサッと仮置きする、
というストーリーができたり、

夫が大切にしているビアジョッキを
スタメンポジション(いつも手に届く場所)に出して
夫がおいしそうにビールを飲む姿を
想像してみたり、

お気に入りの花瓶が
神棚とマッチして置かれ、
お花のある生活の
神様への感謝が
両方できる流れができたり、

 

生活に潤い♪って
こういうことなのかな
と感じています。

 

DSC_5438

↑眞理さんが100均のお皿に感動する画(笑)

 

私もライフオーガナイザーとして
クライアント様のお宅で
オーガナイズを提供する立場でしたが

今回はクライアントとして
オーガナイズ作業を経験し

クライアント様の多くがすること
(オーガナイズあるあるなので
実際に体験して感じられるといいかなと思い
私は伏せておきますが・・・)
を私もしていたりと、

立場が変わり視点が変わる
面白さも感じました。

 

これってもしかして、
ライフオーガナイザーだけでなく
プロがプロとしての
スキルアップするために
とっても大切じゃないかと、
実感をもって思っています。
(って私はもうオーガナイザーは卒業しますが)

 

と、長々書きましたが

こんな空間になりました

before→after

DSC_5428 DSC_5447

 

before→after

DSC_5424 DSC_5449

 

眞理さんが見せてくれた世界、
それを必要としている方々に
届きますように♪

 

ということで、
2015年最後に記事となりました。

このサイトに来てくださった方々
クラスに来てくださった方々
それ以外の場で支えてくださった方々
たくさんの方々のおかげで
「つながるいえ」は幸せな場所になりました。

2016年も
「つながるいえ」とやぎはしすみこを
どうぞよろしくお願いいたします。

2

一応、ライフオーガナイザー(片づけのプロ)
のわたくしですが、
先般ご案内しました通り、
ライフオーガナイザーさんに
我が家の納戸のオーガナイズを依頼しました。

先般の記事↓
「プロだからこそプロに頼る!」

 

 

今回私は、
クライアントとして
オーガナイズをやっていただいたわけですが

ライフオーガナイズというのは

ライフオーガナイザーが伴走者として
走ってくださるわけで

クライアント自身が走らなければ
ゴールにはたどり着けません。

 

ゴールテープの先に
「どんな景色があるのか」よりも
「どんな景色を見たいのか」を
クライアント自身が明確にイメージし
一歩一歩踏みしめて前に進むから

ゴールした後に
見たかった景色が
必ずそこに現れるのだと思います。

その景色は
ライフオーガナイザーが見せてくれる景色
なのではなく
クライアント自身がイメージした景色
なんだと私は思っています。

 

とまぁ、
前置きで熱くなってしまいましたが(笑)

 

伴走者となるライフオーガナイザーさんとして
木村眞理さんにお願いし、
と~っても気持ちよく走れました。

眞理さん、ありがとうございました!

 

 

私も(一応まだ)オーガナイザーなので
物量は少なめですし、
生活のキャッチフレーズとして

「全員スタメン!」

を掲げているので
(って家族に言ったことはありませんが)
使っていないモノは
極力所有しないでいましたが

今回の作業で、
出てくる出てくる・・・

これだけ手放しました

DSC_5444

 

ちなみに
オーガナイズ前はこんなでした

DSC_5428

DSC_5424

 

オーガナイズの最中
眞理さんは基本的には
手放すことを促しません。

それどころか、

私「これ、好きだけど使わないんですよね。この機会に捨てようかな・・・でも、父が買ってきてくれたもので思い入れがあるんですよね・・・でも、使いにくいし使わないんです・・・捨てます!」
眞理さん「え~、そうなん?こうしたら?」

IMG_7705.JPG

キッチンの一角に
私の大好きな象さんコーナーが
出来上がり♪

 

象の置物の後の黒地の象のアイテムは
石でできた箱のフタでした。

箱として使うことしか
考えていなかったのですが

これぞ眞理さんのオーガナイズの真骨頂

「思い込みを外す!」

で、こんな空間になりました。

 

 

と、今回はここまで。
年内に最後までかけるかな?

2

一応わたくし、
ライフオーガナイザーという
片づけのプロでございます。

が、
先日撮影させていただいた
「ライフオーガナイザー入門講座」の中で
講師の木村眞理さんの言葉に
はっ!としました。

講座の息づかい~きむらまりさん~

 

海外経験の豊富な眞理さん曰く、

「海外ではプロに頼むのが当たり前なんです」

と。

「プロだから自分のことも自分で出来なくちゃいけないのではなく
プロだからこそ自分のことはプロに頼むんです」

的なことをおっしゃっていました。
↑ニュアンスで記憶しているのでこんな感じ(笑)

 

我が家の一室を講座部屋に模様替えし、
他の部屋や収納場所に移動したものも多く、
平静を装いつつも、
ごちゃっとした納戸が気になっていました。

そこで!
「これは眞理さんにオーガナイズを依頼しよう!」
と、オーガナイズの依頼しました。

 

1日かけて行ったオーガナイズは
後日ご報告するとして・・・

 

プロだからこそ、プロにお願いする。

 

これ、とっても大切なことですね♪

 

恥ずかしながら、
オーガナイズ前の写真を公開

はい、床の上に小麦粉の袋が・・・(汗)

 

オーガナイズ作業の最中、
ちょこちょこと撮影をしながら
ライフオーガナイズの息づかいを感じ
その素晴らしさを再認識しました。

 

そのあたりもあらためてご報告しますね♪

 

つづきは・・・
木村眞理さんと我が家の納戸をオーガナイズ!

私もメンバーとして活動している
渋谷暮らし整理塾のメンバーに
そっくりな二人がいます

 

きむらまりさん

しらすぎもとこさん

 

少し前のお話ですが
きむらまりさんからオファーをいただき
撮影に行って参りました

 

もとこさん
自宅サロンで講座をはじめるにあたり

まりさんが
空間オーガナイズを
提供されていました

 

もとこさんのご自宅は
賃貸マンション

 

都内の便利な立地ということもあり
広い!というわけではなく

そしてなんと・・・
2〜8歳の3人のお子様が走り回るご自宅を
サロンにしちゃおう!

というわけです

 

もともと
おしゃれですっきり生活をされていたとはいえ
なかなかハードな条件が揃っている中

サロンへのオーガナイズが
行われていたのですね

まりさんのblog
オーガナイズのことが
連載されていました

【インテリア】空間アレンジ@S宅 ~ワークスペースはこんな風に整った~
【インテリア】空間アレンジ@S宅 ~雑貨、グリーンを買いに行く~

【インテリア】空間アレンジ@S宅 ~小さなコーナーを「好き」で整える~
【インテリア】空間アレンジ@S宅 ~全体のバランスを整える 仕上げに向けて~
【インテリア】空間アレンジ@S宅 ~カーテンと双子な私たち~
【インテリア】空間アレンジ@S宅 ~ダイニング空間が整うまで・・・すぐには買わない~
【インテリア】空間アレンジ@S宅 ~現状からイメージを作っていく~
【インテリア】空間アレンジ@S宅 ~まずは思い込みを捨てる~

DSC_3227

DSC_3250

DSC_3259

 

ファッションを通して
「好き」の軸が明確になっている
もとこさんのセンスと

自由な発想のまりさんのインテリアアレンジで
素敵でかつ使いやすい空間に
変身したようですね!

 

私もたまにもとこさん宅に
お邪魔するのですが

いつ伺っても整っていて
さらっと丁寧にもてなしてくださり

と~っても心地よい空間です

 

貴重な機会をありがとうございました!