来月開催する八木橋スミコ写真展「環」


八木橋スミコ写真展「環」のお知らせはこちら

子供の写真を公開しない方が多い中、
この写真展では、
長女の写真をメインに展示します。

他にもこれまで
子供達の写真を
加工も公開制限もせず
SNSで投稿してきました。

 

制限をかけないといえど、
位置情報は削除するなど
配慮はしてきましたが、

そろそろ時がきたのだな、
と感じています。

 

長女の今後の写真は
一切公開するのをやめます。

 

子供が一人で出歩けるようになり、
彼女を守るためにも、
今一線を引くときと決めました。

↑この人(次女)の写真はまだ投稿する予定。

 

とはいえ、
私にしか撮れない長女の写真を
公開したい気持ちもあります。

なので、
今後は写真展などでのみ
公開していこうと考えています。

つまり・・・

今回の写真展に
見に来てください♪

そして、
今後も開催していきます♪

なお・・・

23日(金)と24日(土)のレセプション
(詳細はこちら
24日(土)と25日の展示では
長女も在廊する予定です。
(ずっとはいられませんが)

開催させていただくこのお店は
パワースポット化しているので
安心して連れて行けます。

ご自分が危険人物かを
確かめたい方も
ぜひ一度おいでください。

 

<写真の撮られ方(全3回)>

■日時:
第1回 2017年6月16日(金)13:30〜15:30
第2回 2017年6月30日(金)13:30〜15:30
第3回 2017年7月19日(水)13:30〜15:30

■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)

■参加費:24,000円

■定員:10名

■お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S19040366/

 

 

写真撮影のご案内

素顔の自分を好きになるプロフィール写真撮影
家族写真撮影
※その他にも、商品、お料理、遺影の撮影も承っております。

Instagramを初めて4年

Biography的に
見返してはニヤニヤしています。

 

特に、
次女の奇行は
最高の気分転換です。

 

脱いでるか

気づくと脱いでる

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

 

切ってるか

やはり事件はまた起こってしまった そして犯人はやはりあいつだった

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -


 

踊ってるか

自分で作ったニョッキをモグモグしながら(お行儀悪いですが)、ミスチルをバックに…

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

 

長女は可愛さアピール

我が家の天使 1号 #美少女 #美長女 #wtaps

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

 

子供の顔は防犯のため
露出を控える必要性も
考えては来ましたが

まだこのまま進みます。

 

長女のインスタから

Friend I met in France. Her name is Ruby. #france  #holga #toycamera #GirlPhotographer #KidsPhotography

TamaYagiさん(@tamayagi)がシェアした投稿 -

たまきと私はinstagramをやっています。
フォロー大歓迎です!

八木橋スミコのinstagram
たまきのinstagram

たまき(長女)と6泊8日のフランス2人旅の記録。

というか、
回想記として残します。

 

旅の間、
いろんなことを考えていました。

考えたというよりも
たまきとつないだ手から
いろんなものを感じていました。

 

今回の旅で
記憶に残っているのは
LoLoに会えたLyonはもちろんですが、

一番の記憶は
「たまきとつないでいた手」
でした。

 

たまきの手から伝わって来る
彼女の体調や緊張。

たまきが私になにか伝えたいときは
つないだ手を2回揺すり、
私の気を引こうとすること。

 

目の前の景色を
私が写真に撮りたいと思ったときは
たまきとつないだ手を
離さなくてははいけない。

振りほどくように離すのか
「ごめんね」と思って離すのか
彼女から離すのを待つのか・・・

 

 

この旅にでるまでは何度も
「子供と一緒の時は撮れない」
と諦めてきました。

荷物は増えるし、
子供に手はかかるし、
あやまってカメラを壊してしまう
かもと不安でもありました。

だから、
特別なイベントを除いて、
子供と一緒に出かける時は
カメラは持ちませんでした。

 

 

今回のフランス二人旅では
カメラを持ち出したわけですが、
撮れるかどうか
とっても不安でした。

実際、
たまきと二人で歩きながら
「これ撮りたい!」と感じた時
「この子の手を振りほどいて撮るの?」
と何度も自分に問いました。

 

子供と手をつなげる時間は限られている、
でも、
たまきとこうして写真を撮れるときも
限られている。

私はどっちを取る(撮る)のか、
と・・・。


photo by LoLo by myNIKON

 

 

そんな葛藤の側でたまきは、
フランスを旅しながらも
フランスという場所を楽しむのではなく
たまきの内側の世界を楽しんでいました。

妄想の世界に入り込んだ表情になっては
突然それを話し始めたり、
私が現実的な質問をしたとたん
こちらの世界に戻ってきて
「なんでもない、なんでもない」
とごまかしたり・・・。

 

 

そんな異空間のたまきと
つないだ手から感じたこと・・・

撮りたいなら撮ればいい

 

撮らなきゃいけないものでもない
撮らなくてもいいっちゃいい

でも、
撮りたいんでしょ?
私のせいにしなくていいよ。
って。


photo by TamakiYagihashi with her HOLGA

 

結局
私が撮りたいと思って撮ったのは
フランスでもなんでもなく
たまきでした。

彼女を撮っていることが
言葉では言えないくらいに
心地よくて
楽しかった。

 

でも、たぶん、
フランスでなくてもよかった。

日本国内でも
よかった。

でも私には、
現実からの距離が
フランスまで必要だったんです。

 

 

母って、

仕事をとるのか?
子供をとるのか?

という葛藤を感じることがあると思う。

それって、
よくあるカップルの
「私と仕事、どっちが大事なの?」
が愚問なのと同じくらい
愚問なのかもしれない。

 

仕事も子供も大事

だからこそ、

母が心ふるわせながら
好きなことをするのが大事。

子供は全部感じている。

たまきはそれを感じてくれたから
私はフランスで撮っていて
本当に嬉しかった。

 

母よ!
好きなことを
好きだと言おう!

母よ!
好きなことがあるなら
子供に誇ろう!

母よ!
好きなことしても大丈夫だよ!


photo with iPhone

旅の前にたまき用に買ったHOLGAよりも
たまきはNIKONの虜になりました。

 

 

たまきと私はinstagramをやっています。
フォロー大歓迎です!

八木橋スミコのinstagram
たまきのinstagram

たまきとフランス2人旅2017 関連の記事はこちら
【たまきとフランス2人旅2017】仕事をとるの?子供をとるの?それとも・・・
【たまきとフランス2人旅2017】フランスの最後は丘の上の街モンマルトルで
【たまきとフランス2人旅2017】人とのご縁は、条件ではなく直感
【たまきとフランス2人旅2017】食の都Lyon 美味しいものは人を幸せにする
【たまきとフランス2人旅2017】LyonとたまきとLOLOと
【たまきとフランス2人旅2017】撮りたいものはなんなのか…
【たまきとフランス2人旅2017】 凱旋門とデパートのテラスからパリを眺める
【たまきとフランス2人旅2017】マルシェとエッフェル塔
【たまきとフランス2人旅2017】特別じゃなくてもいい、娘と2人でパリの旅

たまき(長女)と6泊8日のフランス2人旅の記録。

7日目の最終日は、
パリの丘 モンマルトルで過ごしました。

日の出は7時半
ゆっくりと1日が始まります

 

モンマルトルはアーティストの街

 

道の迷いながら、
モンマルトル博物館へ

展示というよりも
タイムスリップしてアートを感じる博物館

猫の絵も多く
猫好きさんにはたまらないかも

幾つかの建物に分かれて展示されているのですが
それらをつなぐお庭が心地よく
たまきも楽しそうでした

 

サクレクール寺院へ

ミニチュア模型を見ながら
暗がりで段差につまづくも
周りの方が助けてくれたそうです。


photo by Tamaki with HOLGA

お人形さんを置いて記念撮影

 

お腹が空いたのでランチを

カメラの持ち方が
さまになってきてる!!


photo by Tamaki with HOLGA

こわっ!普段は優しいですよ・・・(汗)

photo by Tamaki with NIKON

楽しいスイッチが入って、
妄想ごっこあそび中

ピンク・ピンク・ピンク

空港への送迎を待つ
座って10秒で爆睡

 

シャルル・ド・ゴール空港に到着

一瞬の夕日と丸いライト

 

写真を何度も見返していると
そのとき感じていたことが
蘇ってきます。

泣いたり笑ったり
ひたすら五感で感じた旅でした。

もうすこし言葉にしたいけれど
それには時間がかかりそうです。

 

 

たまきと私はinstagramをやっています。
フォロー大歓迎です!

八木橋スミコのinstagram
たまきのinstagram

たまきとフランス2人旅2017 関連の記事はこちら
【たまきとフランス2人旅2017】仕事をとるの?子供をとるの?それとも・・・
【たまきとフランス2人旅2017】フランスの最後は丘の上の街モンマルトルで
【たまきとフランス2人旅2017】人とのご縁は、条件ではなく直感
【たまきとフランス2人旅2017】食の都Lyon 美味しいものは人を幸せにする
【たまきとフランス2人旅2017】LyonとたまきとLOLOと
【たまきとフランス2人旅2017】撮りたいものはなんなのか…
【たまきとフランス2人旅2017】 凱旋門とデパートのテラスからパリを眺める
【たまきとフランス2人旅2017】マルシェとエッフェル塔
【たまきとフランス2人旅2017】特別じゃなくてもいい、娘と2人でパリの旅

たまき(長女)と6泊8日のフランス2人旅の記録。

 

どうして、フランスに行こうと思ったのか。
どうして、たまきと二人行こうと思ったのか。

「なんでいくのか?」
「意味ある旅なのか?」
といろんな人に問われましたが

言葉にしてみたら陳腐で
自分でも納得できない理由でした。

 

でも、
この人に会えた時、
これが最大の理由だったんだと
直感的に思えました。

Lyon在住のフォトグラファーで友人のLoLo

たまきのカメラで自撮り

 

飲んでは話し
話しては飲む

日本語混じりの片言の英語で話し
LoLoの価値観を聞く

毎晩私がまどろみながら考えていたことを
LoLoが話し出しては
びっくりして共感し
またその夜にまどろみながら妄想する。

そんなLyonでの時間でした。

 

LoLoと出会えたのは
女性人物写真家KOZOさんのおかげ。
東京の青山で私を撮っていただいていた時に
たまたますれ違ったLoLoと
「今つながらないと次はない」
と来た道を戻って連絡先を交換しました。
KOZOさんありがとう!

この時交わした言葉は僅か。

だけど、お互いに
どんな人なのかがわかっていました。

直感的に。

 

 

パリにて、たまきが
手の甲にしていたメモ

エッフェル塔絶景スポットで
自分の手の甲のメモを撮る

TGVに乗って眠ってしまったたまきの手を見ると・・・

「ロロにありがとうっていう」
だそうです。

 

実は、
私がTGV(特急列車)の予約を1日間違え
事前にLoLoに連絡していた日程と
違うプランニングになってしまったのです。

あらかじめ取っていたチケットは紙切れと化し
急遽取った翌日のチケットも
ギリギリ最後の一枚(たぶん)

そんなドタバタを見ていたたまきは
おおらかに対応してくれるLoLoに
感謝を忘れないように、と思ったそうです。

 


photo by LoLo

 

人は直感的に繋がっている。

条件ではなく
人間の本能的なセンスで
つながることができる。

そのご縁を
ちゃんと形にしてくれた
KOZOさんにやっぱり感謝!

 

Special thanks for LoLo and Sawsan
Tamaki and I welcome you sincerely in Japan!

 


photo by LoLo

 

たまきと私はinstagramをやっています。
フォロー大歓迎です!

八木橋スミコのinstagram
たまきのinstagram

たまきとフランス2人旅2017 関連の記事はこちら
【たまきとフランス2人旅2017】仕事をとるの?子供をとるの?それとも・・・
【たまきとフランス2人旅2017】フランスの最後は丘の上の街モンマルトルで
【たまきとフランス2人旅2017】人とのご縁は、条件ではなく直感
【たまきとフランス2人旅2017】食の都Lyon 美味しいものは人を幸せにする
【たまきとフランス2人旅2017】LyonとたまきとLOLOと
【たまきとフランス2人旅2017】撮りたいものはなんなのか…
【たまきとフランス2人旅2017】 凱旋門とデパートのテラスからパリを眺める
【たまきとフランス2人旅2017】マルシェとエッフェル塔
【たまきとフランス2人旅2017】特別じゃなくてもいい、娘と2人でパリの旅