コンテンツへスキップ

2017年6月23日(金)〜25日(日)に写真展を開催します。


写真展については、こちら

 

開催場所は東京都内ですが、都心というわけではなく、
踏み込んだことのないエリアという方も多いはずです。

なので、写真展のついでに、こんなところにも寄れちゃう♪
という情報をアップしてまいります。

その第二弾は、神社

世田谷線ののんびりした雰囲気の中、
神社を歩き詣でるのもいいものです。

世田谷線に乗って回るもよし、
30分もあれば歩いていけてしまう
二つの神社+おまけにお寺をご紹介します。

  • 松陰神社
  • 世田谷八幡宮
  • 豪徳寺(おまけ)

 

松陰神社

世田谷線松陰神社前駅から徒歩3分
住所:東京都世田谷区若林4-35-1
HP:http://www.shoinjinja.org/access.html

いわずとしれた幕末の教育者 吉田松陰先生を祀った神社

残念ながら写真展の期間ではないのですが、
6月30日(金)〜7月9日(日)に
夏越大祓式(形代祓、茅の輪くぐり)が開催されます。

いつもここの空気は凛々しく
見守られているような風が流れています。

心がざわつく時にここを訪れるよ
自然と答えがみつかるような心になります。

吉田松陰の墓碑もありますし、
松下村塾の建物も再建されています。

 

世田谷八幡宮

世田谷線宮の坂駅前
住所:東京都世田谷区宮坂1-26-3

地元の方々が日常的にここに足を運ぶ
地域の人々に愛される八幡様です。

夏の大祭では
東京農大の奉納相撲が見られ
私も毎年楽しみにしています。

取り組みも暑いので、飲みます

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

厳島神社も合祀されていて
こちらの空気にも引き込まれて
いつもお参りしています。

鴨や亀もいるのですよ。

 

豪徳寺(おまけ)

おまけというには有名な豪徳寺

世田谷線上町駅から徒歩5分
宮の坂駅からも徒歩5分
住所:東京都世田谷区豪徳寺2−24−7

 

「豪徳寺といえば招き猫」というくらい
この近辺ではよく招き猫を見かけます。

↓小田急線豪徳寺駅前の招き猫

1号の目線で招きハハ #招き猫 #豪徳寺

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

豪徳寺が招き猫と縁が深いそうで
豪徳寺境内にはこんな有名なスポットがあります。

 

豪徳寺をおすすめスポットにいれましたが、
私自身が1度しか訪れたことがないので
解説も写真も省きます。

おそまつ!

 

写真展のついでに、他にもこんなところに立ち寄ってみてください。

【写真展のついでに】子鉄&ママ鉄が喜ぶ世田谷線
【写真展のついでに】神社に詣でる
【写真展のついでに】世田谷線上町でおみやげを買うならこれ!
【写真展のついでに】美味しいコーヒーを飲もう
【写真展のついでに】お腹が空いたらここに寄ろう

2017年6月23日(金)〜25日(日)に写真展を開催します。


写真展については、こちら

 

開催場所は東京都内ですが、都心というわけではなく、
踏み込んだことのないエリアという方も多いはずです。

なので、写真展のついでに、こんなところにも寄れちゃう♪
という情報をアップしてまいります。

その第一弾は、世田谷線!

 

写真展の最寄駅は、東急世田谷線の上町駅

この世田谷線、全長5km、駅は全部で10駅、車両は2両編成。
小鉄&ママ鉄が手を振る姿を、毎日のように見かける、ほのぼのとした路線です。

 

ほとんどが無人駅

世田谷線で改札があるのは、

  • 三軒茶屋駅
  • 上町駅(上りホームのみ)
  • 下高井戸駅

の3駅のみで、他の駅に改札はありません。

ほとんどの駅はこんな感じ


上町駅下り電車(下高井戸方面)

 

運賃は、バスに乗るように、車内で支払います。

運賃箱は、一番前の扉か、一番後ろの扉にのみあるので、
それ以外の扉から乗ってしまったら、運賃箱のところにお金を払いに行ってくださいね。

もちろん、ICカード(パスモ・スイカ)も使えます。

 

運賃と1日乗車券

運賃は、距離に関係なく一回150円(ICカード144円)
子供運賃は、80円(ICカード72円)です。

現金 ICカード
大人 150円 144円
子供(小学生以上) 80円 72円

子供運賃を現金で支払う場合は、「こども」のボタンを押してからお金を入れましょう。

ですが・・・
世田谷線に1日3回以上乗る場合は、一日乗車券がお得なんです。

一日乗車券:330円(子供170円)

発券場所:三軒茶屋駅、上町駅(上り)、下高井戸駅

購入場所が限られているのですが、購入前に乗ることも可能。

運賃を現金で支払い、運転手さんか車掌さんに「一日乗車券お願いします」とお願いすると、一日乗車券に精算してくれる券を発行してくれます。

その日のうちに発券場所での精算は必要ですが、私はよくこの手で利用しています。

 

宮の坂駅前の旧車両

宮の坂駅下りホーム

線路を走る車両とは別に、左に緑色の車両が見えます。

これ、古い車両を使ったコミュニティースペースなんです。

床は板張り、つり革も懐かしい雰囲気です。

休日は、子供たちは自然と猿に還る、楽しいスポットです。

 

というわけで、
ほのぼの世田谷線に乗って、写真展にいらしてください。

 

写真展のついでに、他にもこんなところに立ち寄ってみてください。

【写真展のついでに】子鉄&ママ鉄が喜ぶ世田谷線
【写真展のついでに】神社に詣でる
【写真展のついでに】世田谷線上町でおみやげを買うならこれ!
【写真展のついでに】美味しいコーヒーを飲もう
【写真展のついでに】お腹が空いたらここに寄ろう

来月開催する八木橋スミコ写真展「環」


八木橋スミコ写真展「環」のお知らせはこちら

子供の写真を公開しない方が多い中、
この写真展では、
長女の写真をメインに展示します。

他にもこれまで
子供達の写真を
加工も公開制限もせず
SNSで投稿してきました。

 

制限をかけないといえど、
位置情報は削除するなど
配慮はしてきましたが、

そろそろ時がきたのだな、
と感じています。

 

長女の今後の写真は
一切公開するのをやめます。

 

子供が一人で出歩けるようになり、
彼女を守るためにも、
今一線を引くときと決めました。

↑この人(次女)の写真はまだ投稿する予定。

 

とはいえ、
私にしか撮れない長女の写真を
公開したい気持ちもあります。

なので、
今後は写真展などでのみ
公開していこうと考えています。

つまり・・・

今回の写真展に
見に来てください♪

そして、
今後も開催していきます♪

なお・・・

23日(金)と24日(土)のレセプション
(詳細はこちら
24日(土)と25日の展示では
長女も在廊する予定です。
(ずっとはいられませんが)

開催させていただくこのお店は
パワースポット化しているので
安心して連れて行けます。

ご自分が危険人物かを
確かめたい方も
ぜひ一度おいでください。

 

<写真の撮られ方(全3回)>

■日時:
第1回 2017年6月16日(金)13:30〜15:30
第2回 2017年6月30日(金)13:30〜15:30
第3回 2017年7月19日(水)13:30〜15:30

■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)

■参加費:24,000円

■定員:10名

■お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S19040366/

 

 

写真撮影のご案内

素顔の自分を好きになるプロフィール写真撮影
家族写真撮影
※その他にも、商品、お料理、遺影の撮影も承っております。

Instagramを初めて4年

Biography的に
見返してはニヤニヤしています。

 

特に、
次女の奇行は
最高の気分転換です。

 

脱いでるか

気づくと脱いでる

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

 

切ってるか

やはり事件はまた起こってしまった そして犯人はやはりあいつだった

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -


 

踊ってるか

自分で作ったニョッキをモグモグしながら(お行儀悪いですが)、ミスチルをバックに…

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

 

長女は可愛さアピール

我が家の天使 1号 #美少女 #美長女 #wtaps

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

 

子供の顔は防犯のため
露出を控える必要性も
考えては来ましたが

まだこのまま進みます。

 

長女のインスタから

Friend I met in France. Her name is Ruby. #france  #holga #toycamera #GirlPhotographer #KidsPhotography

TamaYagiさん(@tamayagi)がシェアした投稿 -

たまきと私はinstagramをやっています。
フォロー大歓迎です!

八木橋スミコのinstagram
たまきのinstagram

たまき(長女)と6泊8日のフランス2人旅の記録。

というか、
回想記として残します。

 

旅の間、
いろんなことを考えていました。

考えたというよりも
たまきとつないだ手から
いろんなものを感じていました。

 

今回の旅で
記憶に残っているのは
LoLoに会えたLyonはもちろんですが、

一番の記憶は
「たまきとつないでいた手」
でした。

 

たまきの手から伝わって来る
彼女の体調や緊張。

たまきが私になにか伝えたいときは
つないだ手を2回揺すり、
私の気を引こうとすること。

 

目の前の景色を
私が写真に撮りたいと思ったときは
たまきとつないだ手を
離さなくてははいけない。

振りほどくように離すのか
「ごめんね」と思って離すのか
彼女から離すのを待つのか・・・

 

 

この旅にでるまでは何度も
「子供と一緒の時は撮れない」
と諦めてきました。

荷物は増えるし、
子供に手はかかるし、
あやまってカメラを壊してしまう
かもと不安でもありました。

だから、
特別なイベントを除いて、
子供と一緒に出かける時は
カメラは持ちませんでした。

 

 

今回のフランス二人旅では
カメラを持ち出したわけですが、
撮れるかどうか
とっても不安でした。

実際、
たまきと二人で歩きながら
「これ撮りたい!」と感じた時
「この子の手を振りほどいて撮るの?」
と何度も自分に問いました。

 

子供と手をつなげる時間は限られている、
でも、
たまきとこうして写真を撮れるときも
限られている。

私はどっちを取る(撮る)のか、
と・・・。


photo by LoLo by myNIKON

 

 

そんな葛藤の側でたまきは、
フランスを旅しながらも
フランスという場所を楽しむのではなく
たまきの内側の世界を楽しんでいました。

妄想の世界に入り込んだ表情になっては
突然それを話し始めたり、
私が現実的な質問をしたとたん
こちらの世界に戻ってきて
「なんでもない、なんでもない」
とごまかしたり・・・。

 

 

そんな異空間のたまきと
つないだ手から感じたこと・・・

撮りたいなら撮ればいい

 

撮らなきゃいけないものでもない
撮らなくてもいいっちゃいい

でも、
撮りたいんでしょ?
私のせいにしなくていいよ。
って。


photo by TamakiYagihashi with her HOLGA

 

結局
私が撮りたいと思って撮ったのは
フランスでもなんでもなく
たまきでした。

彼女を撮っていることが
言葉では言えないくらいに
心地よくて
楽しかった。

 

でも、たぶん、
フランスでなくてもよかった。

日本国内でも
よかった。

でも私には、
現実からの距離が
フランスまで必要だったんです。

 

 

母って、

仕事をとるのか?
子供をとるのか?

という葛藤を感じることがあると思う。

それって、
よくあるカップルの
「私と仕事、どっちが大事なの?」
が愚問なのと同じくらい
愚問なのかもしれない。

 

仕事も子供も大事

だからこそ、

母が心ふるわせながら
好きなことをするのが大事。

子供は全部感じている。

たまきはそれを感じてくれたから
私はフランスで撮っていて
本当に嬉しかった。

 

母よ!
好きなことを
好きだと言おう!

母よ!
好きなことがあるなら
子供に誇ろう!

母よ!
好きなことしても大丈夫だよ!


photo with iPhone

旅の前にたまき用に買ったHOLGAよりも
たまきはNIKONの虜になりました。

 

 

たまきと私はinstagramをやっています。
フォロー大歓迎です!

八木橋スミコのinstagram
たまきのinstagram

たまきとフランス2人旅2017 関連の記事はこちら
【たまきとフランス2人旅2017】仕事をとるの?子供をとるの?それとも・・・
【たまきとフランス2人旅2017】フランスの最後は丘の上の街モンマルトルで
【たまきとフランス2人旅2017】人とのご縁は、条件ではなく直感
【たまきとフランス2人旅2017】食の都Lyon 美味しいものは人を幸せにする
【たまきとフランス2人旅2017】LyonとたまきとLOLOと
【たまきとフランス2人旅2017】撮りたいものはなんなのか…
【たまきとフランス2人旅2017】 凱旋門とデパートのテラスからパリを眺める
【たまきとフランス2人旅2017】マルシェとエッフェル塔
【たまきとフランス2人旅2017】特別じゃなくてもいい、娘と2人でパリの旅