カバンの中から幸せが出てくると信じていたやぎはしすみこです

ネタでもなく本当の話なんですが・・・

20代のころ
「つまんないー」と思うといつも
カバンの中をガサゴソしていました

私を幸せにしてくれるものが
自分のカバンの中から出てくるって
本気で思っていたんですよね(笑)

ばくさんのカバンか?って?
このツッコミがわかった方…同世代ですね(笑)

結局カバンの中からからは
教科書とか空っぽの財布とかしか
出ては来なかったんですけどね

ではー
幸せってどこにあるんでしょう?

ショーウィンドウに飾られた素敵なバッグの中?
リゾート地のビーチの砂浜?
新築の綺麗な家の中?
それとも〜
郵便屋さんが白馬に乗って届けてくれる?

うんうんありそうありそう

でも
幸せって
買うものでも
誰かが持って来てくれるものでも
環境が変われば手に入るものでもなく

もっと身近なものなんだなー
と思えてきました

そう

幸せは
今にしか宿らない

そして
あなたの心の中にある幸せでしか
あなたを幸せにすることはできない

探すものではなく感じるもの

今週の金曜は
じっくりじっくりそれに気づかせてくれた
オットとの結婚記念日

お互いにプレゼントするのは
モノではなく
幸せを共感できる時間になりそうです
安上がり(笑)

そして
「今」と「自分自身」に向き合う機会をくれた
呼吸法とその仲間にも感謝!

喧嘩を仲裁もせずに感動していたやぎはしすみこです

3児のママのお宅に遊びに行ったときのお話

小学生のお姉ちゃんと
年中さんの妹ちゃんが
ご飯中にケンカをはじめました

 

怒りを爆発させる次女
軽くあしらう長女

 

次女ちゃんはお箸を持って
「大っ嫌い!!!」と言いながら
お姉ちゃんに殴りかかろうとしました!

 

お箸を握ったこぶしに力を入れる次女
平静を装う長女

 

しかし
次女ちゃんは
その手をお姉ちゃんに振りかざすことなく
大泣きしながら手を下しました

私はそのケンカを
一人感動的に見ていました

 

ケンカはやっぱり嫌だ

でもこのときの次女ちゃんの姿から

「怒り」という感情よりも
「お姉ちゃんが怪我させてしまうかも」
という直感を優先させた

と感じたんです

 

 

友人が貸してくれた本にこんな記述がありました
マイク・マクマナス「ソース」

『表面上の「感情」と、心の底にある「直感」とは全く別のものだ』

・喜怒哀楽の感情は生理的な反応であり、信用できない
・直観には感情の揺れがなく、落ち着いて平坦である。直観は生理反応ではない。「○○な気がする」という感覚で、一貫して同じであり、急変したりしない。心の中から聞こえてくる静かな声だ。

 

この記述を読み
この姉妹のケンカを思い出したのですが
私は感情に振り回されてしまっているな~気づき
うっときました(笑)

とはいいつつも・・・

呼吸法を始め
感情をコントロールしやすくななりました
それによって
感情の底にあった直感に気が付きやすくなりました

「呼吸法で感情のコントロールがしやすくなるのはなぜ?」
と思われた方はこちらへ⇒

といっても
まだまだ感情に振り回される日々ですが…(汗)

呼吸法で
もっともっと自分の直感を
感じていきたいと感じています♪

 

それに気づかせてくれた
呼吸法よ、ありがとう♪

素直になりたいヤギハシです

 

「人の素直を引き出す人」
になりたいと思いながらも
私自身が素直じゃないときが
たくさんあります

 

私はこの方の素直な姿に
自分をみつめるきっかけをもらいました

 

ブレスプレゼンター仲間の
小山田薫さん
診療放射線技師Kaoruのブログ

 

この夏から彼女も私と同じく

ブレスプレゼンター(呼吸法の指導者)
として講座を開講しています

 

でも
異業種から飛び込んできた彼女は
集客に苦戦しています

 

受講者ゼロで始まった
彼女の講座・・・

 

さて
彼女はどうしたでしょう?
ぜひ彼女の下記の記事をご覧ください
診療放射線技師Kaoruのブログ「準備中」

 

私もなかなか集客できずに
じと~っと悩んでいますが(笑)

 

私は
あたかも集客できているかのように見せて
見栄を張ることしかできませんでした

 

でも彼女は全く違った

正直すぎる彼女の行動
ココロに刺さりました

 

自分のココロに素直になるって
簡単そうで難しい

 

でもね
自分の素直を引き出すのは
人の素直な行動だと思う

 

彼女のブレスプレゼントクラスで
自分の素直な気持ちと
向き合ってみませんか?

☆小山田さんの講座の詳細☆

 

てなかんじで
私も素直に
自分のクラスのことを
書いてみようと思います

 

[class info]

料理が苦手なヤギハシです

味のしないものから
ヘンテコなメニューまで
いろいろ作れます(笑)

料理上手なオットが
我が家の料理長なのは
言うまでもありません

さてさて
美味しいものに出会ったとき
何が入っているのか
気になることってありませんか?

私は
料理上手なオットに
家で再現してもらいたくて
何が入っているのか考えながら
モグモグすることがあります

作った方に聞ければいいのですが
そうではないときは
記憶や勘を頼りにモグモグ

いくらがんばっても
材料や分量の違いもあり
なかなかその味に
たどり着けません
私の舌に問題あり?

でも
できたものもそれはそれで
美味しかったりもするので
結果オーライだったりもします

 

 

話は変わりますが…

私はライフオーガナイザーと
ブレスプレゼンターになり
人に何かをお伝えする
機会が増えました

お伝えするときに
決めていることがあります

それは

基本のレシピはお伝えしても
わざとお伝えしないことを決める

ということ

私が皆さんにお伝えする目的は
レシピに忠実に
同じ味を出すことではなく

100人いたら100通りの味を
みんなで味わうことなんです

そこには
私のレシピよりも
美味しくないものは一つもなく

それどころか
感動するような味に
出会えることも沢山あるんです

IMG_5511-1.JPG
写真はオーガナイズのモニターになってくださったママ友のお料理
このおいしさは忘れられない!!!

私のお料理の腕が上がらないのは
周りの皆さんが
美味しいものを
食べさせてくれるから
かもしれませんね

うふふふ♪

[class info]

3日間でぐったりだったヤギハシです

週初めから
娘二人がそろって
夏風邪にかかりました

真夏に子供二人と
外出を控えて
自宅で遊ぶ3日間

この状況の我が家
掃除機掛けは
一日一回では追いつかない

ついでに
食べこぼしや
すぐに局所的に掃除はしますが
排気ガスや
夏の汗などで
床はベタベタ

拭き掃除をしたくても
するタイミングがないのですよ

まぁ
子供たちが楽しく元気なら
それでいいんだけど・・・

日中に掃除しようとすると
拭いたそばから
クレヨンが転がり
お茶はこぼすしー

二人が寝た時にやろうと
私が寝床をはなれると
どちらかは起きちゃうし
嬉しいやらなんやら

私も夏風邪をもらったのか
なんだか調子が悪い気もするし

 

あれ?
いや、ちょっとまって!

それって本当に
「できない理由」なの?

もしかして
「やらない理由」を
探しちゃってない?

本心は
さらっとした床を歩きたい!
娘たちと床でゴロゴロしたい!

ということで・・・

 

 20489832_s

汗も汚れの原因になるので
まずはお風呂に入ってから
拭き掃除をしました

そしたら…
3歳の長女が
雑巾を探してきて
「一緒にやるー!」

1歳の次女も
おもちゃを片づけてる!

床がさっぱりしたら
なんだかさっきより
ココロも軽い♪

「やらない理由」ではなく
「やれる方法」を考えると
手助けしてもらえたり
いい循環が生まれるものですね

 

この
「それって本当にできない理由?」
という質問は
最近良く自分に投げかけています

今回のように
「Do it!」
と返ってくることもあれば

「やらないよ~」
という答えが返ってくることも
たくさんあります

どちらも間違いではない
答えは自分で選ぶ

そう思いながら
常に自分に問いかけています

さぁ
あなたからは
どんな答えが返ってきますか?

[class info]