先日の記事
子供の緊張を和らげる、呼吸のお守り
は、たくさんのメッセージをいただき
お役に立てたようで、とっても嬉しいです。

 

私が「呼吸のお守り」について
もう一つ大切にしていることがあります。

それは、
あげない時がある
ということ。

  • 子供が必要としていない時
  • 子供よりも親が不安な時

こういうときは、
お守りはあげません。

 

子供が必要としていない時

子供が必要ないと言っても、

親としては、
「念のため」
と思ってしまいます。

でも、
子供が必要としていない時は
わざわざお守りは
しないようにしています。

 

お守りは
平常心や自信に気づく
きっかけを作るだけであって

お守りがなくても大丈夫
と思えるのであれば
それに越したことはないからです。

 

 

子供よりも親が不安な時

親の心のありかたは
子供にはっきりと写ります。

ヤキモキ・ドキドキ・ハラハラしているのが
子供なのか
親なのか
それは見誤らないでいたいものです。

親が落ち着いて
どっしりするだけで
子供が落ち着くこともありますし、

どっしりしているからこそ
呼吸のお守りを作れるんじゃないかな
と思っています。

 

不安がっている親がお守りを作ると
「うまくいきますように」
「合格しますように」
な〜んて願掛けをしてしまいます。

「呼吸のお守り」は
願いを叶えてくれるものではないのです。

お守りに必要なのは
強い想いではなく
ざわつきを手放した無心
なのです。

 

 

親自身が不安なときは、
ひたすら坐禅のように座り
呼吸だけを意識する
呼吸法をするようにしています。

 

 

子育て呼吸法

私が子育てで呼吸法を取り入れる中で
最も大事にしていることは

呼吸法で子供をどうにかする
のではなく、

呼吸法で親が自律すること
と思って続けています。

 

母親業はまだ6年の新米なので、
これから違う世界が見えるかもしれませんが

私の呼吸を
子供に押し付けることはできず、

子供の呼吸を
親が変えることはできない、

と日々感じています。

 

今はストップしてしまっていますが、
また「子育て呼吸法」のクラスを
始める日は近いかもしれませんね。

 

おまけ

先日の長女の発表会の朝、
「お守りは、今日はいらないよ!」
と娘に言われました。

泣いてしまう子がいるほど
緊張する舞台で

長女も緊張しながら、
何度もにっこり笑っていました。

 

緊張するのも
ニヤニヤしているのも
全てが愛おしい、
そんな成長の一場面でした。

 

 

 

小さな子供でも
いろんな舞台に立ったり
試験や注射など
緊張する場面が沢山あります。

大人からすると
「それも経験だ!」
「緊張する姿も可愛い」
なんて思えたりもしますが、

緊張せず普段の力を発揮できたら
と願うものだと思います。

かといって、
舞台に立つのは子供。

親ができることって
限られているものです。

 

今日は、
私が娘にプレゼントしている
呼吸のお守りをご紹介します。

 

材料

  • 大人の深い呼吸
  • 大人の手

この二つがあれば
お守りを作ることができます。

 

お守りの作り方

 

必ず、子供の前で作ってください。

 

まず、
大人が自分の呼吸を整えるために
考えることをやめて
深く息を吐き
心から落ち着きます。

お団子を作るように
手を合わせます。

手の中に集中し
深く3呼吸ほどしましょう。

手の中が暖かくなったら
お守りはバッチリ完成です。

 

特殊能力も呪文も
必要ありません。

呼吸を整え、
真剣に集中すれば
誰にでも暖かいお守りを
作ることができます。

 

お守りを子供に埋め込む

手の中で作ったお守りを作ったら、
早めに子供に埋め込みましょう。

埋め込むのは
臍下丹田という場所です。

おへその下3〜10cmくらいの位置です。

そこに、
お守りが浸透させるように
優しく手を当ててください。

 

「お守りに手を当ててね」と伝える

緊張したり、不安になったら
お守りを思い出して
優しく手を当てるように
子供に伝えてください。

 

緊張すると
身体中に力が入ってしまったり、
頭が真っ白になってしまいます。

臍下丹田は
力を入れることができない部位です。

人間であれば
丹田の位置は、直感的に知っています。

丹田を意識できれば、
体の力が抜け
思考から呼吸に
意識が切り替わります。

 

 

「深呼吸!」はしないでね♪

「緊張したら深呼吸!」
と考えがちですが、
私はこれは伝えないようにしています。

なぜなら
深呼吸をしようとすると
息をいっぱい吸ってしまうからなんです。

息をいっぱい吸うことで
交感神経を刺激し、
肩は上がり、体に力が入るので、
緊張を助長しがちなのです。

 

なので、
丹田を意識する方が
緊張を和らげるためには
良いのです。

 

 

長女にやってみたところ・・・

先日、
長女(年長)にお守りをしてあげました。

その日は、
緊張した時に何度かお守りに手を当て
緊張を和らげることができたようです。

「3回くらい触っちゃった。
あったかかったよ♪」

とのこと。

お守りとして機能したようです。

 

そう、これはあくまでもお守り。

力を発揮するのは
自分自身なんですよね。

 

 

さあ、今週末には、
娘にとってもっと緊張する
イベントがあります。

どうなるでしょうね♪

 

こちらの記事も
合わせてお読みください。
子供に「呼吸のお守り」をあげない二つの時

 

<セルフメンテナンスのための呼吸法>

■日時:2017年2月22日(水)10:00~12:00
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加費:5,000円
■定員:8名
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl

イライラしている人に
イライラする私

そんなイライラする私に
イライラさせられる家族

イライラする家族に
イライラさせられる同僚

イライラする同僚に
イライラさせられる同僚の家族

イライラする同僚の家族に
イライラさせられる同僚の子供の先生

・・・

 

イライラは伝搬する

しかし、
イライラの性質を知っていれば
イライラは避けられる。

 

イライラは静電気
なのです。

 

帯電しているだけでも
イライラしているのに、

帯電した状態で
人と接触すると
バチッとなって
もっとイライラします。

 

そうならないためには、
自分で自分をしっとりさせていること。

自分が帯電していなければ
帯電した人が近づいてきても
しっとりした笑顔でかわせます。


↑朝からこのblogのためだけに静電気を起こさせられて
イライラ静電気も帯電中の次女
(母の心中は、起こった顔もきゃわいい♪)

 

 

イライラは
人や環境のせいで起こるのではなく、
自分がカッサカサになってるから
イライラ静電気が来たときに
バチッとなってイラっとするのです。

 

イライラは第2次感情で
その根底にある第1次感情
例えば、悲しみや寂しさなどに
目を向けるとか言うけれど、

悲しみや寂しさで
カッサカサになっているのは自分で
しっとりさせられるのも自分

しっとりするために
人の力を借りることもできるけど
まずは、
「私はカサついてるんだ」
と気づくことから始めよう。

 

玄関の鍵を開けるとき
コンビニでお金を払うとき
人と会って握手をするとき

ふ〜っと手にしっとりした息を吹きかけて
手も心もしっとりしましょ。

 

次女にバチッとくる前に
私自身も自分を潤します!

 

<2017年1月20日「写真の撮られかた講座」>

■日時:2017年1月20日(金)10:00~11:30
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 学習室2
■参加費:5,000円
■申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S24727523/
■詳細:http://tsunagaruie.com/archives/3879

<2017年1月25日「グループ撮影会+マヤ暦鑑定」>

■日時:2017年1月25日
■時間:
10:00〜13:00 午前の部(ランチタイム含む)
13:30〜16:30 午後の部(ティータイム含む)
■参加費:10,000円(税込)
■場所 :東急世田谷線上町駅最寄り
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathingpics
■詳細:http://tsunagaruie.com/archives/3854

<セルフメンテナンスのための呼吸法>

■日時:2017年2月22日(水)10:00~12:00
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4 アクセス方法
■参加費:5,000円
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl新しいウィンドウで開きます

<グループ撮影会 in 福島県郡山市>

■日時:2017年4月22日(土)・23日(日)
■場所:福島県郡山市
■参加費:5,000円
■詳細:http://ameblo.jp/furufuru12345/theme-10099838124.html
イベント招致プランナー安田紀子さんが、コーディネートしてくださっています。

子育て期のママを対象とした
講座ってたくさんあります。

でも、
子供が小さいときや、
感染症が広まる冬場は、
子供の体調に左右され、
ドタキャンせざるを得ないことって
多々あります。

 

とはいえ、
本当に子供の体調なのか、
親が行きたくないだけじゃないのか、
と突っ込みたくなることがあります。

それは、
私だけでなく、
身近な講師仲間からも
よく聞く話です。

 

そこで出てくるのが、
「子供の病気は親の心の鏡」
という思想や、
「やりたいことのための体調管理がなってない」
という正論

いやはやおっしゃる通りです。
かくいう私も、
子供の体調を理由にドタキャンをしたことも、
自分の講座の受講生が
お子様の体調でドタキャンになったこともあります。

だから、
「しょうがない」とあきらめつつも、
なんでなんだろう・・・
と悶々と考えた残骸が
ブログの下書きに
たくさん残っています。

 

しかしね、
ドタキャンの理由は
難しいことではない。

子供の体調で、
参加予定の講座をドタキャンするのは、
その講座が魅力的じゃないだけ。

子供の体調をコントロールしてまで
行きたいと思えないというだけ。

私が呼吸法に出会ったときは、
出産予定日1週間後の講座にも
参加しました。

それくらい、
本当にやりたいと思ったら、
ママの心と体は動く。

 

子育て期に
知っていたほうがいいことも、
やっていたほうがいいことも、
子供のためになることも、
たくさんある。

その数多ある中から
手放すものがあるから、
次に得られることにつながる。

 

 

もちろん、
ドタキャンはないほうがいいです。

でも、
ドタキャンされたからと言って、
ドタキャンした方の価値観や
生活態度をどうこう言っても仕方がないのです。

私ができるのは、
「頑張っていけばよかった」
と思える講座を開催するだけ。

 

 

私事、
今年に入ってから、
子連れでご参加いただける
子育て呼吸法のクラスを開催していました。

アンファンwebにも掲載いただきましたが、
その追い風を力にすることもできず、
今秋でいったんクラスを休止しました。

集客に苦戦するのは、
コンテンツに魅力がないからか
コンテンツに自分が魅了されていないから。

私自身、
伝える内容もしかり、
伝える手段も
考え直しているところです。

 

ということで
子育て呼吸法を伝える、
無料のセルフマガジンを製作予定です。
って、1か月以上手が止まってますが・・・。

お楽しみに♪

 

<グループ撮影会+マヤ暦鑑定>
マヤ暦鑑定の渡邉恵子さんとのコラボイベントです。

■日時:2016年12月8日(木)10:00~17:00 詳細時間割はお申し込み後にご相談
■場所:東急世田谷線上町駅から徒歩3分
■参加費:10,000円(税込)
■定員:6名 (残席5名)
■お申込み:http://tsunagaruie.com/breathingpics

 

<セルフメンテナンスのための呼吸法>

■日時:2016年12月14日(水)10:00~12:00
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4 アクセス方法
■参加費:5,000円
■詳細:詳細はこちらへ
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl

 

<ゆるく続ける呼吸法+ヨガ>
少しでも長く続けられるようにと、
現在は継続の方のみで開催しております。

子供が自転車に簡単に乗れるようになる2つのポイント

1.子供に教えてもらう
2.大人は黙って補助しているふり

 

 

1. 子供に教えてもらう

それも、
最近乗れるようになった子供から
子供に直接教えてもらう。

 

何十年も自転車に乗れている人よりも
初めて乗れたときの感覚を
まだまだつたないシンプルな言葉で
子供たちに説明してもらったほうが
子供には届きやすい。

 

大人の言葉にはどこか
「なんでできないの?」
という上から目線が含まれる。

それが、
子供同士だと、
つい最近まで自分も
苦労していたことだから、
本気で応援してくれる。

 

子供の身長で
子供の手の大きさで
子供の腕の力で
自転車に乗ろうとする感覚を
今まさに説明できるのは
子供の感覚なのだと思う。

 

大人が解明している理論よりも、
子供の感覚のほうが
共感をもって伝わりやすいのです。

 

2. 大人は黙って補助しているふり

大人は黙ってる

そして、
補助しているふりだけする。

 

「いいよいいよ~!」
「すご~い!」
「あ!危ない!」

という言葉に子供が気をとられるよりも、
感覚に集中できるように、
大人は黙ってる。

 

そして、
「支えてて!」って言われても、
かすかに支える程度で大丈夫

転んだ後に、
「支えててって言ったのに!」
と子供になじられても、
「支えてたんだけどなぁ」
としらを切る。

 

「そんなことしたら、子供の信頼を失う」
と心配する親御さんもいるようですが、
そんなことで失う信頼なら、
そもそも信頼されてないってことです。

 

 

 

ってことで、
運動嫌いの5歳の長女が
補助輪を外して15分で
自転車に乗れたこと教訓でした。

 

 

<子育て呼吸法>

子供を見守ること、
子供を信じること、
できてもできなくてもいいや、
って力を抜くこと。

親ができることよりも、
こういうことを呼吸法を続けることで
身に着けられました。

日程:

2016年10月14日(金)10:30~12:00 ①
2016年11月16日(水)10:30~12:00 ②
(仮)2016年12月19日(月)10:30~12:00 ③

場所:モーハウス青山ショップ @東京青山

参加費:1,500円

詳細:http://tsunagaruie.com/kosodatebreath