コンテンツへスキップ

たまき(長女)とパリに来ています。

私にとっては、人生初めてのヨーロッパ。
6歳娘にとっては、人生初めての海外旅行。

 

私が「娘と二人で行く!」と決めたはずなのに、
パリに着くまですごく怖かったんです。

 

私のパリに関する知識のなさだけでなく、
治安の問題、
子連れ旅というハードル、
きわめつけは、出発前夜に娘が38度越えの発熱。

 

出発の日の朝にも熱は下がらず、
この時ばかりは、
断念しようと思いました。

でも、娘のパリへの意思は固く、
咳や鼻水は出ていないこと
(痰や鼻水が出ていると、気圧の低下で中耳炎などの症状を引き起こしてしまうため)
前1週間くらいの体調や諸症状から
感染病ではないと判断し、
出発しました。

空港到着
双眼鏡に100円入れた途端に飽きる。

 

機内では、
飛行機に変身するキッズ用カトラリーでご機嫌

しかし、
食欲はなくジュース以外手をつけず。

 

シャルル・ド・ゴール空港到着

ロワシーバス待ち
何歳からチケットが必要かがわからず
「5歳以上は必要!」と運転手さんに言われ
チケットを2人分買って
次のバスに乗ろうとしたら
運転手さんに「free!」と。

乗り合わせた7歳の子も
無料だったので、ナゾです。

 

19時過ぎにアパルトマンに到着し
食欲はないので、夕飯抜き!

飛行機内でいただいた神経衰弱のカードで
ずっと勝負をしていました。

 

翌朝には娘の熱も下がりました。

 

と思ったら、
ここまでの緊張で
私の頭も体もガッチガチ。

30分かけて呼吸法で自分メンテナンスしました。

旅行らしい
買い物や飲食店巡りや美術館巡りも、
とりわけ計画せず、

パリという特別な場所で、
娘と2人という特別な関係で
普段以上に日常な時間を
過ごしてきます。

 

たまきと私はinstagramをやっています。
フォロー大歓迎です!

八木橋スミコのinstagram
たまきのinstagram

たまきとフランス2人旅2017 関連の記事はこちら
【たまきとフランス2人旅2017】仕事をとるの?子供をとるの?それとも・・・
【たまきとフランス2人旅2017】フランスの最後は丘の上の街モンマルトルで
【たまきとフランス2人旅2017】人とのご縁は、条件ではなく直感
【たまきとフランス2人旅2017】食の都Lyon 美味しいものは人を幸せにする
【たまきとフランス2人旅2017】LyonとたまきとLOLOと
【たまきとフランス2人旅2017】撮りたいものはなんなのか…
【たまきとフランス2人旅2017】 凱旋門とデパートのテラスからパリを眺める
【たまきとフランス2人旅2017】マルシェとエッフェル塔
【たまきとフランス2人旅2017】特別じゃなくてもいい、娘と2人でパリの旅

見返したくなる
ご家族写真となるように

小さなお子様のいらっしゃるご家族は
お子様主導で撮影しています。

 

先日撮らせていただいたご家族写真。


どなたか、お分かりになる方もいらっしゃると思いますが・・・
落合ファミリーは保育園で出会った大好きなファミリーです!

 

0歳の赤ちゃんと
わんぱく2歳ボーイ

わんぱく2歳ボーイに
「家族と並んでニッコリ!」
なんて大変なことなわけで、

晴れ姿の撮影ではありましたが、
彼が走りたいところに行き、
遊びたいように遊ぶ姿を、
撮らせていただきました。

 

撮影のためにお子様に指示をすると
本人よりもパパママが疲れてしまうし、

なによりも
お子様にとって
写真が嫌な記憶になってしまいます。

 

だから、
お子様が写真って楽しいと思えて
ご家族みんなが無理しない

特別な日の普段の表情を

たくさん撮らせていただきます。

 

家族写真撮影には、
私の子育ての思いがつまっています。

といっても、
私の子育てを押し付けたいのではなく、
言いたければ言えばいいし、
泣きたければ泣けばいい。

子供も自由でいいし、
親御さんも自由でいい。

そのご家族にしかないストーリーがあり
そのご家族にしか共感できない感覚がある。

 

私の理想としては・・・

写真を見返しては
「この時こうだったね〜!」と、
ご家族のお話しに花が咲く
ネタになってほしいと願っています。

 

 

<家族写真撮影>
詳細はこちら
http://tsunagaruie.com/familypics

1分1秒すらもおしいほど忙しい時

そんなときこそ、
呼吸法でセルフメンテナンスが必要

 

やることがたくさんありすぎて忙しいのか、
気持ちだけが焦っている気ぜわしさなのか、

それは、
たった3分間だけでも
座って呼吸に集中するだけで
気持ちがすっきりして、
やるべきことが見えやすくなります。

 

 

まさに、これは昨日のこと。

家事と子育てに加え、
いろんなお仕事、
来週の旅行の準備、
来月開催イベントの準備、
小学校入学準備、
・・・

あわあわしていたら
私の頭も体も
ピタッとフリーズしました。

いかん、座ろう。

娘たちを保育園に送って帰宅してから
セルフタイマーでこの写真を撮り
10分ほど座りました。

日当たりも見晴らしも良くて、
騒がしい風景が見える場所ですが、
ここがお気に入りスポット。

陽気のいい日は
朝から窓を全開で
ここに座ります。

 

 

1分1秒すらおしいと思う時ほど、
3分間だけでもいい、
座って呼吸を見つめ
頭の中を空っぽにして
心と体と思考をリセット。

 

座った後は、
一気に能率アップします。

 

 

呼吸法に関する2つの講座を
渋谷で開催します。

<セルフケアのための呼吸法>

日時:2017年4月19日(水)10:00~12:00
定員:10名
場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4 アクセス方法
参加費:5,000円
詳細:http://tsunagaruie.com/archives/4401

<ゆるく続ける呼吸法>

日時:2017年4月19日(水)13:00~15:00
定員:10名
場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4 アクセス方法
参加費:1,500円
詳細:http://tsunagaruie.com/archives/4404

毎月自宅でのみ開催してきた
「ゆるくつづける呼吸法」
を渋谷で開催します。

 

呼吸法は
飲めばすぐ効く薬でもなく、
思い出した時だけやれば効くものでもなく、
毎日少しずつでも続けていくことが
とっても大切です。

 

呼吸法を一人で毎日黙々と続けることは
お金もかからなければ
特別な場所も必要ありません。

必要なのは、
たった3分の時間と
椅子か半畳のスペースと
呼吸法で得られる心地よさを求める気持ち
だけ。

 

でも、
ほんの数分だったとしても、
一人でも黙々と続けるって
とっても大変。

「ゆるくつづける呼吸法」は、
呼吸法の心地よさを実感いただくことで、
呼吸法を続けるヒントを
キャッチしていただける場として
開催しています。

 

クラスの流れ

  1. ご挨拶
  2. 自己紹介
  3. 呼吸法の説明
  4. 呼吸法(10分)
  5. ブレスアウト
    (言葉をつかった呼吸法)
  6. 呼吸法(10分)
    or 日常に取り入れやすい呼吸法レクチャー
  7. ブレスアウト
    (言葉をつかった呼吸法)
  8. 呼吸法(10分)
  9. シェア
  10. ご挨拶

※参加者の様子をみて、内容を変更することがあります。

 

開催情報

日時:2017年4月19日(水)13:00~15:00
   ※同日午前中には、「セルフケアのための呼吸法」という
   呼吸法ってなに?という方のための講座を開催します。
   詳細:http://tsunagaruie.com/archives/4401
定員:10名
場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4 アクセス方法
参加費:1,500円
お申し込みhttp://tsunagaruie.com/breathclass_appl

「セルフケアのための呼吸法」
という講座を開催します。

 

呼吸法は、
特別な場所も、
特別な道具も必要ない
セルフケア法です。

冷え性や便秘などの
慢性的な体の不調だけでなく、

イライラや不安などの
心理的なケアにも効果があります。

必要なのは、
呼吸だけ。

普段無意識にしている呼吸が
健康の味方になってくれます。

 

日時:2017年4月19日(水)10:00~12:00

※同日午後には、「ゆるく続ける呼吸法」という
 呼吸法を続けていくための、定期開催クラスを開催します。
詳細はこちら:http://tsunagaruie.com/archives/4404

定員:10名

場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4
アクセス方法

参加費:5,000円

内容

・呼吸法とはなにか
・呼吸法によるセルフケアとは
・「自律神経」「体」「心」への呼吸法でのアプローチ
・心に意識を向けるとはどういうことか
・続けられる呼吸法のバリエーション
・八木橋が呼吸法でどう変わったのか

お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl