コンテンツへスキップ

2017年2月22日に開催した
写真の撮られ方講座に
ご参加くださった方々のご感想です。

 

 

写真を撮られることが苦手で、今回参加させていただきましたが、
最後の最後に今まで変な顔でうつっていたのは、「なりたい自分」と「現実」にギャップがありすぎるんだな〜と思いました。

大人っぽく知的な感じにうつりたいという希望が先行してしまっていましたが、本当は笑い顔全開系なので!

佐野律子さま

 

 呼吸法を取り入れ、自分がどんな風に撮られたいかを意識してみようと思いました。
楽しかった時の自分を思い出すこともやっていきます。
目を閉じて、目を潤わせてから、写る!いろいろなポイントを教えてくださって、ありがとうございました。イメージコンサルタント 河井あゆみさま

 

 

 写真は心が見透かされているような気分になり、自ら固まらせてしまっていたことに気づきました。

スミちゃんにカメラを向けられても緊張しないのは、スミちゃんの感情がしっかりレンズを通して伝わっているからなんですね。

写真を撮られる時に、楽しいを意識すること。
撮る人撮られる人を一瞬で好きになるスミちゃんの心を、まねしてみます。

自分の写真、見返しましたが、人を撮った写真が全くありませんでした。その事実にびっくり!

滝口明子さま

 

 今まで考えたこともなかった感情。
ただ自分のコンプレックスを隠すことを考えてたと思います。撮る方が好きだったのですが、呼吸を意識して自分らしさをそのまま出します。錯覚いいですね。もっとそのまま自分を大好きになります。海老原杏菜さま

 

 ・撮られる時に、呼吸を意識することは全く考えていなかったので、今後は生かしていきたいと思いました。

感情が写ることは「想い」ですね。やはり楽しいことを想っている時が一番自分らし姿ではないかと思いました。

・家族の写真を撮る時にも、撮られる家族を楽しくさせてから撮ることを意識したいと思います。

ファイナンシャルプランナー 渡邉正広さま

 

 今日、きてよかった♪

パン屋・イベントプランナー 安田紀子さま

 

 なぜ写った写真を見てガッカリするのかが、よくわかりました。

参加する時に思っていた内容と全く違いましたが、
明日からすぐに実行できる内容だったので、期待以上でした。

写真をどんどん撮っていただきたくなりました。

今日はありがとうございました。

野村奈央さま
ご感想記事:「コンプレックスはただの思い込み」

 

 「写真の撮られ方講座」ってなんだろう、と思い興味があり参加しました。

まさか呼吸と関係があるとは・・・。
呼吸が浅いと記憶にも影響するという点は、面白かったです。

振り返ると「なるほど」と思うことがたくさんありました。

しっかり呼吸をして、リラックスして、撮ったときの情況も記憶に残る良い写真がこれから1枚ずつ増えていったら良いと思います。

ありがとうございました。楽しかったです。

K.S.さま

 

講座前は
「どんな顔したらいいの〜?」
と仰っていた皆さんが、

講座後には、
カメラを見た途端に
自然と笑顔が出てきていました。

 

恥ずかしくても、
変顔したくなっちゃっても、
楽しい!と思っている笑顔が大好きです!

 

<写真の撮られ方>

■日時:2017年3月21日(火)13:30〜15:30
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加費:6,000円
■定員:9名
■お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S86489582/

Translate »