コンテンツへスキップ

山菜ロッケンローラー ワラビーズが
埼玉県内の保育園で開催したライブに
娘たちと参加してきました。
ライブの詳細はこちら

 

食育ROCK 山菜ロッケンローラー ワラビーズ

ぶっちゃけ・・・

「食育」という単語と
ワラビーズの音楽は
私にはピンときていなかった。

子供達が聞いて
バックバク野菜を食べるようになるか
というとそうではないし、

大人気の
「ソーセージ・ハム・ベーコン」
という歌は、
添加物たっぷりじゃん!
って突っ込みたくなる。

曲はこちらから250円でダウンロード可能!

動物園に行き慣れた子供にとっては
食べるわらびよりも
ワラビーの方が馴染みがあったりもする。

 

しかし、
しかし、
今日わかったよ。

ワラビーズの凄さが。

ライブの喧騒には入らず
部屋のすみで本を読んでいた長女が
帰りの電車で
「ソーセージ、ハムベーコン」
と静かに歌っている。

 

帰ってきたら、
「ひじき、楽しかった」
とボソッとつぶやく。

 

 

一緒に盛り上がらなくても
つぶやきたくなるフレーズや
仲間になれた気になれる二人の人柄。

これは、
ロッケンローラーとしては
必須の要素だとは思う。

 

しかし、もう一つの彼らの凄さ。

それは、
ワラビーズに食育されるのは
子供よりも親の方だということ。

ひじき石塚のトークには
子供よりも親の食いつきが
半端ない。

今日参加した8割の親御さんは
今晩から豆苗の水耕栽培を始めるだろう。

子供たちの
「わらびってなに?ひじき?ぱんじー?」
という問いに答えるために
ネットで調べまくるだろう。

 

ワラビーズの食べ物愛が
日本の家庭の団欒に
大きな影響を与え始めるぞ!

と、
ファインダーを覗きながら
ぞわぞわしました。

 

保育施設や
子供向けイベントを企画している皆さん
ワラビーズ、これからきますよ!!!

↓↓↓↓↓
食育ROCK 山菜ロッケンローラー ワラビーズ

 

<おまけ>

次女は、
ワラビーズ以外にも
興味のある子がいたので
十分に楽しめたようです♪

 

 

<ライブ・イベント撮影も承っております!>

ご依頼フォームはこちら
問い合わせ電話番号 090−5552−1545(八木橋スミコ)