コンテンツへスキップ

たまき(長女)と6泊8日のフランス2人旅の記録。

というか、
回想記として残します。

 

旅の間、
いろんなことを考えていました。

考えたというよりも
たまきとつないだ手から
いろんなものを感じていました。

 

今回の旅で
記憶に残っているのは
LoLoに会えたLyonはもちろんですが、

一番の記憶は
「たまきとつないでいた手」
でした。

 

たまきの手から伝わって来る
彼女の体調や緊張。

たまきが私になにか伝えたいときは
つないだ手を2回揺すり、
私の気を引こうとすること。

 

目の前の景色を
私が写真に撮りたいと思ったときは
たまきとつないだ手を
離さなくてははいけない。

振りほどくように離すのか
「ごめんね」と思って離すのか
彼女から離すのを待つのか・・・

 

 

この旅にでるまでは何度も
「子供と一緒の時は撮れない」
と諦めてきました。

荷物は増えるし、
子供に手はかかるし、
あやまってカメラを壊してしまう
かもと不安でもありました。

だから、
特別なイベントを除いて、
子供と一緒に出かける時は
カメラは持ちませんでした。

 

 

今回のフランス二人旅では
カメラを持ち出したわけですが、
撮れるかどうか
とっても不安でした。

実際、
たまきと二人で歩きながら
「これ撮りたい!」と感じた時
「この子の手を振りほどいて撮るの?」
と何度も自分に問いました。

 

子供と手をつなげる時間は限られている、
でも、
たまきとこうして写真を撮れるときも
限られている。

私はどっちを取る(撮る)のか、
と・・・。


photo by LoLo by myNIKON

 

 

そんな葛藤の側でたまきは、
フランスを旅しながらも
フランスという場所を楽しむのではなく
たまきの内側の世界を楽しんでいました。

妄想の世界に入り込んだ表情になっては
突然それを話し始めたり、
私が現実的な質問をしたとたん
こちらの世界に戻ってきて
「なんでもない、なんでもない」
とごまかしたり・・・。

 

 

そんな異空間のたまきと
つないだ手から感じたこと・・・

撮りたいなら撮ればいい

 

撮らなきゃいけないものでもない
撮らなくてもいいっちゃいい

でも、
撮りたいんでしょ?
私のせいにしなくていいよ。
って。


photo by TamakiYagihashi with her HOLGA

 

結局
私が撮りたいと思って撮ったのは
フランスでもなんでもなく
たまきでした。

彼女を撮っていることが
言葉では言えないくらいに
心地よくて
楽しかった。

 

でも、たぶん、
フランスでなくてもよかった。

日本国内でも
よかった。

でも私には、
現実からの距離が
フランスまで必要だったんです。

 

 

母って、

仕事をとるのか?
子供をとるのか?

という葛藤を感じることがあると思う。

それって、
よくあるカップルの
「私と仕事、どっちが大事なの?」
が愚問なのと同じくらい
愚問なのかもしれない。

 

仕事も子供も大事

だからこそ、

母が心ふるわせながら
好きなことをするのが大事。

子供は全部感じている。

たまきはそれを感じてくれたから
私はフランスで撮っていて
本当に嬉しかった。

 

母よ!
好きなことを
好きだと言おう!

母よ!
好きなことがあるなら
子供に誇ろう!

母よ!
好きなことしても大丈夫だよ!


photo with iPhone

旅の前にたまき用に買ったHOLGAよりも
たまきはNIKONの虜になりました。

 

 

たまきと私はinstagramをやっています。
フォロー大歓迎です!

八木橋スミコのinstagram
たまきのinstagram

たまきとフランス2人旅2017 関連の記事はこちら
【たまきとフランス2人旅2017】仕事をとるの?子供をとるの?それとも・・・
【たまきとフランス2人旅2017】フランスの最後は丘の上の街モンマルトルで
【たまきとフランス2人旅2017】人とのご縁は、条件ではなく直感
【たまきとフランス2人旅2017】食の都Lyon 美味しいものは人を幸せにする
【たまきとフランス2人旅2017】LyonとたまきとLOLOと
【たまきとフランス2人旅2017】撮りたいものはなんなのか…
【たまきとフランス2人旅2017】 凱旋門とデパートのテラスからパリを眺める
【たまきとフランス2人旅2017】マルシェとエッフェル塔
【たまきとフランス2人旅2017】特別じゃなくてもいい、娘と2人でパリの旅

「ゆるく続ける呼吸法」
というクラスを続けています。

私が一番大切にしているクラスですが、
ぶっちゃけ・・・

つまらないです。

その理由は、

  • 呼吸法は簡単だから
  • 呼吸法のやり方を教えてもらえないから
  • 質問にまともに答えないから

あえて、そうしているのですが、
つまらないと思うんですよね・・・(汗)

 

上の三つの理由を解説します。

 

呼吸法は簡単だから

呼吸法はとっても簡単です。

簡単というか
シンプルです。

必要最低限のことは
3行あれば説明できます。

呼吸だけに意識を向け、他のことが浮かんでも手放す
息を丁寧に吐ききり、吸いすぎない
体の力は抜き、目は開けておく

 

わかってしまえば、
わざわざクラスに来なくても
ご自分で続けることができます。

ですが、
簡単だからこそ
一人で続けていくことが大変なんです。

そこが
「ゆるく続ける呼吸法」を
続けて開催している理由で、

クラスに参加することで
自己流になっていた呼吸を整え、
初心に戻り、
また毎日続けていく
きっかけになっていくのです。

 

実は私自身もこのクラスを
自分を整える一つの機会にしています。

 

呼吸法のやり方を教えないから

クラスでは
呼吸法のやり方を
事細かく説明したりはしません。

あえてそうしているのですが、

その理由は、
「呼吸法は頭で考えることの対局にある」
からです。

ひたすら考えることを手放したいのに
やり方を説明しすぎると
考えることをストップ出来なくなってしまいます。

 

上に書いた
必要最低限のことは説明しますが、

それよりも、
自分の呼吸が教えてくれることに
耳を傾けていくことが
なによりも大切なのです。

 

質問にまともに答えないから

 

やってみてわからないことが出てきたとき
初めて
「わかる」
のです。

なので、
基本的にはその方が
「それがわからない」
と思った状況や様子を聞くばかりで
すっきりするような答えは
しないようにしています。

 

ただし、ご質問によっては、
私の体験をもとに回答します。

が、これも
あくまでもそれは「今の私の答え」であって
質問くださった方にとっての
ドンピシャの答えとは限りません。

ご参加くださった方にも
質問を回答いただくようにしていますし、
答えが一つではないところから、
ご自分の体験に落とし込んでいただこうと
答えるようにしています。

 

でも、聞いてくださったら
ご自分で答えは必ず見えてくるので
ぜひ質問してみてくださいね!

 

 

 

そんなわけで、
私の「ゆるく続ける呼吸法」のクラスは
すこぶるつまらないクラスです。

 

でも、
呼吸法を続けることで
生き方が変わった私としては
お一人お一人が呼吸の力を信じてほしくて
このクラスを続けています。

 

ぜひ呼吸法を体験しに来てください。
東京都渋谷区・世田谷区で開催しています。

そんなこといってもさ、呼吸法のことちゃんと理解したいんだよ、という方はこちら↓
2017年4月19日(水)午前 講座「セルフケアのための呼吸法」開催します

つまらなくてもいいから、続けてみたい方はこちら↓
2017年4月19日(水)午後 「ゆるくつづける呼吸法」開催します