コンテンツへスキップ

「漢方・便秘薬・浣腸に頼っても、2週間出ない!」
が当たり前の便秘体質だった私

呼吸法を始めてからは
便秘は呼吸の力で治せるようになり
怖くなくなりました。

呼吸法が便秘に効くのは

  • 便秘の最大の原因「ストレス」を解消しやすい
  • 睡眠の質は「う ん ち」の質を上げる
  • 朝一番の呼吸法が腸をマッサージ

という作用があるからなんです。

一つずつ解説をしていきますね。

 

便秘の最大の原因「ストレス」を解消しやすい

慢性的に便秘の方は
ストレス抱え続けている方が多く、
便秘がストレスの原因になり
よけい便秘になるという
悪循環を招いている方も多いです。

ストレスを感じると
自律神経が交感神経に偏り
浅い呼吸が続きます。

浅い呼吸は
腸から離れた胸のあたりで
小刻みに息をするので

腸に近い腹部は
常に緊張した状態になります。

つまり、
便を排出しにくい状態
を継続してしまうのです。

 

呼吸法を続けることで、
呼吸とともに
心と体を緩められるようになります。

すると、
腹部や腸が緩み
便を排出しやすい状態に
導くことができるようになります。

 

 

私は呼吸法を始めてからも
予期せぬストレスで
便秘になることがあります。

でも、
薬に頼らなくても
呼吸を使えば出せる
とわかっているので
便秘も怖くなくなりました。

 

「ストレスは悪」ではありません。

ストレスをうまく使うことで
新しい環境やチャレンジを
していくことができるのです。

 

睡眠の質は「う ん ち」の質を上げる

「う ん ち」の質は
食べ物だけでなく
睡眠の質が重要なのです。

というのも

寝ている間に腸の蠕動(ぜんどう)運動で
「う ん ち」は作られます。

しかし、
睡眠の質が悪いと
この蠕動運動が起こらず
良い「う ん ち」が作られないのです。

 

睡眠の質を上げるためには
・夕食の時間
・食事や飲酒の量や質
・寝室の環境
を変えることも効果的ですが、

旅先や新しい環境では
なかなか変えられないものです。

 

寝る前に呼吸法を行うことで
入眠時の自律神経を整え、
・寝つきが良くなる
・眠りが深くなる
という効果をもたらし
睡眠の質が自ずと上がるのです。

 

睡眠の質が上がり
睡眠中に蠕動運動がおこり
良い「う ん ち」が出来上がり
朝、すっきり目覚められる。

というわけなんです。

 

朝一番の呼吸法が腸をマッサージ

朝起きたら
呼吸法をします。

呼吸法をしたら
お手洗いに直行です。

 

朝一番の呼吸法をすることで、
睡眠中に作られた「う ん ち」に
「出てきていいよ〜!」
という合図を送るように

呼吸法の腹式呼吸が
腸をマッサージするように
刺激を与えてくれるのです。

 

 

ついでに、
朝一の呼吸法は
ゼロの状態から1日を気持ち良く始められる
気持ちのよい時間にもなります。

 

「朝は忙しいからできない!」
と思うかもしれませんが、

呼吸法をたった3分でも行うことで、
朝の時間に
不思議と余裕が生まれるんです。

イライラしない、
アクセクしない、
頭もお腹も朝からスッキリ

 

 

という具合に
便秘もセルフケアで治せる呼吸法
ぜひ試してみてください。

 

2017年4月19日(水)に
呼吸法の講座を開催します。

便秘に悩んでいる方も
ぜひご参加下さい。

2017年4月19日(水)午前 講座「セルフケアのための呼吸法」開催します
2017年4月19日(水)午後 「ゆるくつづける呼吸法」開催します