コンテンツへスキップ

このご時世
保育園に入れただけで
ありがたい・・・。

わかっているけれど、
兄弟姉妹で別々の保育園に
なってしまうこともあるわけです。

 

我が家の娘たちも
長女が小学校に上がるまでの3年間、
別々の保育園に通いました。

いろんな方々に
「大変でしょ〜」
と心配していただきましたが

いいこともありましたよ♪
ということを書き留めておこうと思います。

 

デメリット 大変なこと

よかったことの前に
大前提の大変だったことを
書いておきます。

❶ 送り迎えは約2倍

朝も夕も、あっち行ってこっち行って。
雨の日や
どちらかが病気の時は
なかなか大変でした。

❷ 運動会などのイベントは2倍

イベントの日程がかぶると困ります。

でも、
遠方の祖父母に見に来てもらえるチャンスも
家族の思い出も2倍になると思えば
悪くはないでしょう。

お弁当作りや場所取りを
頑張りすぎないか
楽しめるといいですね♪

❸ 保育園のルールや持ち物はバラバラ

タオルや袋、体操着など
園ごとに違うので
兄弟で使いまわせません。

他にも、
こっちはスカートOKだけど、
あちらはNGなど
ルールが違うと、
普段の服も注意が必要でした。

❹ 共通のお友達ができない

お休みの時に、
姉(妹)の友達と遊ぶと
妹(姉)がアウェーになる
など、
はじめは嫌だったようです。

でも、
そのうち慣れました。

❺ 心の拠り所になる兄弟姉妹はいない

兄弟姉妹で同園のお友達もいるわけです。

悲しくなったり、
困った時に、
兄弟がそばにいるのは
なによりも心強いでしょう。

家では喧嘩ばかりの姉妹でも
そばにいてほしいと思ったことは
多いようです。

 

メリット いいこと

働くパパママだからこそ
デメリット(大変なこと)は
最小限にしたい。

ですが、
良い部分にしっかり目をむけると
大変な思いをするのもいいかも♪
と思えるかもしれません。

少なくとも私は
この記事を書きたいと思うくらいに
良かったと思っています。

 

① 友達は2倍

学年が違うだけでも
兄弟の友達とは仲良くなれますが、
別園だとまた別のお友達ができます。

兄弟の友達の兄弟に
気の合う子がいたりするわけです。

これがいい距離感のようで
うちは二人とも
姉妹の園の友達の姉妹で
いいお友達ができました。

ついでに、
パパ友ママ友も2倍です。

 

② 兄弟姉妹に内緒でずる休みができる

大きな声では言えませんが・・・

保育園にも
兄弟姉妹にも内緒で
たまにずる休みしてました。

みんなに内緒でママを独占できる、
ということ。

我が家の最終奥義でした。

 

③ リアルな情報で保育園間の橋渡しができる

保育園も他の園のリアルな情報を
欲しいのですよね。

自治体主催の連絡会など
保育園間の交流の場はあるようですが、

結局は
父兄からのリアルな情報って
園の運営だけでなく
行政へのも
影響力が大きいのですよね。

よく双方の先生に
「あっちはどう?」
と聞かれました。

それぞれのいいところを伝えたり
「こちらにも取り入れてほしいな♪」
ということを
ちゃっかり伝えたりしていました。

④ 三者三様の保育が見られる

私にとってはこれが一番
大きいメリットでした。

 

保育園って通ってると
多かれ少なかれ
不満は出てくるもの。

でも、
別の保育園も観察していると
「一長一短だな〜」とみえることがあります。

 

最初は
長女の園に不満だらけだったのですが、
次女の園の様子が見えるにしたがい
「あれ?」
と思えてきました。

保育は表面であって、
先生方の態度や雰囲気の根底には
方針や人間関係、行政のやり方も
ちらちらと見えてくるものです。

不満に思えることも、
「こっちはこういう体制だからこうなるのか」
と客観的に判断することができて

最終的には
それぞれの良さがある!
と思うことができました!

 

 

ということで・・・

兄弟姉妹で保育園が別々で大変!
と辛くなっている方に届けば
と思い書き留めました。