2

早朝に、外から女の子の泣き叫ぶ声が聞こえました。
それも、二日連続同じ声。

2日目の朝ははいてもたってもいられず、
急いで着替えて外に出てみたのですが、
すでに女の子の姿は見えなくなっていました。


↑これはうちの次女の「アイスちょうだい」の泣き

 

その私の衝動的な行動は
女の子を助けるためというよりも
ママをケアするためでした。

出勤する人の姿もパラパラと見え始めていたので、
ママが批判の目を向けられていないか
がとっても気になりました。

過去にも
公衆の面前で子供を叩く母の動画が
SNSに流れたりと
こういう場面で母は
批判しか受けません。

でも、
まずケアが必要なのはお母さんの方で
このときも、
ママがの危機のように感じました。

女の子が走って行った道を走りながら、
寂しくて仕方がない残り香を感じました。

「ママ、大丈夫かな・・・」
私は心配で仕方がありませんでした。

 

もちろん女の子も心配でしたが、
それよりもママ。

泣き叫ぶ女の子も
ママが一呼吸だけでも息ができれば、
女の子も落ち着き始めることもあります。

 

子供を保護することも
状況によっては大切ですが、
ママを批判することは
悪化させることにつながります。

なぜなら、
子供に「ダメ!」って怒ったら
次からは影で隠れてやるようになりますよね?

それは、大人だって一緒。

批判されるとわかったら、
人が見ていないところでやる。

それが、どれほどひどいことにつながるか
想像してみてください。

 

 

私は専門家でも当事者経験もないですが、
5年前までは激しいモラハラ妻でした。

そこから一転
今は毎日幸せをたくさん感じなられています。

なんで私だけ我慢しなきゃいけない
なんで私にばかり嫌なことがふりかかるの?

そんなことばかり考えていた日々を
と遠い目で思い出します。

 

 

 

 

明日から開催する写真展に
その女の子が通りかかって
あわよくば
ちらっと見ていってくれると嬉しいな♪
と妄想しています。

素敵なお店の中を
幸せな空気で満たして
お待ちしております。

 

2016年11月に、
子育てに悩む親御さんからの電話相談を受ける
NPO法人ひだまりの森にて
「セルフケアのための呼吸法」という講座を
開催させていただきました。

呼吸法も
子育てママにはとっても有効です。

関連記事:子育て支援の現場に呼吸法を

2017年6月23日(金)〜25日(日)に写真展を開催します。

写真展については、こちら

 

写真展最終日の6月25日(日)に
福島県郡山市で開催されるイベントが
とっても気になっています。

おとなの文化祭@こおりやま

主催者は、
私が写真を撮り始める一つのきっかけを作った安田紀子さん
郡山で何度か写真を撮らせていただいている前田かおるさん

 

そして・・・

今回は、私の大好きなお友達であり
マヤ暦のメッセンジャー渡邉恵子さんも
出展されるのです。

彼女に出会って一年ほど経ちますが、
マヤ暦に基づき、
私のミッションを紐解いていただき
私の行動のストッパーがどんどん外れていっています。

私だけをマヤ暦で説いてもらっても
こうはいかなかったでしょう。

家族全体の関係性を読み解いていただけたから
今があるんです。

私が腑に落ちたことの一部を書くと・・・

  • 私の、気分屋だったり、いつも新しいことを始めていたい性分のこと
  • 理解できない家族の行動の理由
  • 親族との絆
  • 嫌だなと思った人との関係の意味
  • 今がどんなときなのか

占いの類もいろいろ見てきましたが、
彼女の言葉以上に、
鋭く優しく刺さるものはなかったんです。

私に合っていたんでしょうね。

 

ともあれ彼女は
人と人の関係性を読み解くのが
とにかくすごい。

彼女のセッションは、
ただただマヤ暦だけで紐解くのではなく
彼女のメッセンジャーとしての素質が加わり
空気の流れに乗った気持ちの良いテンポで
ここ!というタイミングでスパッと
言葉の風が吹く。

だから、
「あ、そっか、そうだったんだ」
と腑に落ちるのです。

関連記事
マヤ暦を知るとどうなる?
八木橋のマヤ暦鑑定結果が衝撃的だった

 

直前ですが、未告知だそうです。

裏ルートで、
申し込みフォームを入手したので
こっそりここに貼っておきます。

おとなの文化祭@こおりやま
渡邉恵子さんのマヤ暦診断
30分2,000円(お一人様診断)
60分4,000円(ご家族さま等関係性まで診断)
ご予約の方 60分5,000円(前以て詳しい診断書を作成させて頂きます)
https://ws.formzu.net/fgen/S48605214/

イベント価格なので、
普段受けるより安くなっています。

わざわざ行く価値ありです。

 

そして・・・

2017年8月20日(日)に開催される
おとなの文化祭@こおりやまの第3回目に

八木橋スミコ写真展「環」のブース出展を
決定いたしました。

今回(2017年6月23日〜25日)ご都合が合わなかった方、
8月にも機会はありますので、
ぜひ見にいらしてください。

 

まだ初写真展も始まっていませんが、
写真展の反省リストはすでにてんこ盛りです。

その反省リストに反省したり
反省するのをやめたりしながら、
おとなの文化祭@こおりやま(福島県郡山市)に向けて
走り始めてまいります。

 

 

「八木橋さんに撮っていただいたプロフィール写真がきっかけで、お仕事をいただきました」

という声を立て続けに届き、
びっくりしています。

いやいや、そもそも
お仕事につなげることが
プロフィール写真の目的なので
当たり前であらねばならないのですが、

「お客様が、写真を見て決めてくれたんです」
「撮っていただきながらお話ししたことがきっかけになりました」
などと、
撮影による影響があったことは
とってもありがたいことです。

 

なのですが・・・
そうやって、撮影がきっかけで
お仕事がくるようになった方には
共通点があるんだな〜と
同時に感じています。

その共通点とは
「素直であること」

 

言ってしまうと・・・

いろんな資格をもって
すでにいろんなお仕事をしている方でも
素直じゃない方は
写真はきっかけにはなりません。

逆に、
資格もなく、
駆け出しの方で、
写真を撮られるのが苦手という方でも
素直な方は
写真がきっかけになって
広まっていきやすいように思います。

 

でも、
素直になることが難しい人もいます。
素直でいることをやめている人もいますし、
素直でいるつもりの方もみられます。

そんな方々のために
私が最大限できることは・・・

その方の素直さを引き出すと共に、
私が全力で素直であることだと思っています。

なにせ、撮られる方が撮られているときに
一番意識しているのは
カメラと私ですからね。

神取知華子さんに我が家のスタジオ部屋で撮っていただいた写真

 

<素顔の自分を好きになるプロフィール写真>

写真が苦手な方を得意としています。
詳細はこちら:http://tsunagaruie.com/profilepics

2

2017年6月23日(金)〜25日(日)に写真展を開催します。

写真展については、こちら

 

会場のことをあまり触れてこなかったのですが、
そろそろ書いておこうと思います。

写真展の会場としてお借りするのは
ルッカというレストランです。

レストランでの写真展だと、
レストラン営業をしながら
写真展をするのが主流のようですが、
今回はマダムに無理を言って
写真展のみで開催いただくことにしました。

そこまでして、
ここでの開催にこだわった理由があります。

  • 私も娘も大好きなお店♪
  • シェフとマダムのセンスが半端ない
  • ここはパワースポット!?

 

私も娘も大好きなお店♪

とってもシンプルな理由ですが、
私も娘たちも このお店が大好きです。
多いときは週に10回以上立ち寄っています。

 

今日も大好きな人にご挨拶

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

 

大好きな方々をここにお連れすると
100%気に入っていただけるくらい
魅力のつまったお店です。

その魅力とは、
美味しいお料理と
シェフとマダムのお人柄と
お店の雰囲気の全てのマリアージュです。

 

お料理に関しては・・・
フランスの旅行中に
「パリにルッカがあったらいいのに」
と何度も思ったほどです。

それくらい、
フランスの素敵なお店よりも
私と娘の舌には恋しく
魅惑的なお料理を提供してくださいます。  

シェフとマダムのセンスが半端ない

「素敵」と表現するのがはばかられるほど
「素敵」なのです。

それらは、
唯一無二の独特な空間を
マダムご自身の手で、
直感的に作り上げられているので
また驚きなのです。

 

一皿目から、こんなに可愛い お弁当なしで仕事に行ったオットよ…ごめん。

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

壁紙も、絵も、器も、お料理にも
心の中の喜びを湧き上がらせてくれるような
センスが光っています。

そして、ここのシェフ
私の一番初めの写真の師匠だったりします。

シェフにとっていただいた写真も 私の宝物です。

他にも撮っていただいた写真はたくさんあります。
よろしければ、こちらからご覧ください。 →モデル  

 

ここはパワースポット?

このお店、不思議なお店なんです。

「いつも混んでいて入れない」という方もいれば、
「いつも、うまい具合に入れちゃう」 という方もいるのです。

お店としては、
いつでも繁盛してくれるのがありがたいでしょうが、
このお店に入れない人もいるのです。

私は特殊能力はありませんが、
このお店の一番不思議だと思うところは、
ここではエネルギーが掛け算されるということ。

マイナスのエネルギーを持っている人は
マイナスが何倍にも増え

プラスのエネルギーを持っている人は
プラスが何倍にも増えます。

人のエネルギーは 波のように揺らぎながら
プラスもマイナスも循環しています。

そのエネルギーがマイナスに傾いていると
このお店の扉を入れないような
何かが働いている様なんです。

私も近づけないときがあります。

でも、ピュアな子供達は
吸い寄せられていくときもあります。

ただし・・・ このお店、
普段はお子様が来る場所ではなく
大人のラグジュアリーなお店です。

お子様連れの方は、
ぜひこの機会に
この場のエネルギーを感じてみてください。

 

写真展「環」レセプションのご案内

関連記事:八木橋スミコ写真展「環」レセプションパーティーのご案内

写真展期間中6月23日(金)〜25日(日)は、
基本的にレストラン営業はなく
(場合によってはオーダーいただくことはできます)
お飲み物飲みオーダー頂けます。
(オーダーは強制ではありません)

ですが、
23日(金)と24日(土)18:00〜 の2回、
レセプションとして軽飲食をご用意いたします。
※通常のレストランメニューとは異なりますので、あらかじめご了承ください。

すでに、お申し込みをたくさん頂いていますで、
よろしければ、お早目にお申し込みください。

↑写真の配置を悩みながら「環」と・・・

 

自分が思っていることを、言葉にできていますか?

私は、
自分が思っていることを
言葉にするのが苦手です。

それどころか、
「嫌だな」と思っているのに
「いいよ」と言ってしまったり、
「こうしたい」と言えないことがよくあります。

そして、
それは仕方のないことだと
ずっと思っていました。

 

ですが、
4年間開催してきた呼吸法のクラスの
「ブレスアウト」を続ける中で、
自分の思っていることと、
自分が言葉にしていることが
つながりはじめています。

もちろん、
ブレスアウトだけではなく
ブログを書いたり
人との出会いもきっかけですが、

ブレスアウトの効果だと思うには、
理由があるのです。

 

ブレスアウトとは何なのか

まず、
「ブレスアウトとは何か」を
説明しておきます。

私が呼吸法の指導を受けた際に
指導してもらった方法で
息を使った呼吸法ではなく、
言葉と心を使った呼吸法です。

なぜ、
呼吸法のクラスなのに、
呼吸を使わない呼吸法をやるのかというと・・・

呼吸法はメンタルトレーニングとしても
広く取り入れられています。

それは、
頭で考えすぎた「べき」の思考から
「自分の心」に正直な
心優先の思考になっていくからです。

呼吸に意識することで、
呼吸=息=「自分の心」に
目を向けていくことができるのです。

 

しかし、
呼吸を意識するだけでは出し切れない
澱(オリ)のが心の中にはあります。

それを出すきっかけになるのが
ブレスアウトなのです。

なので、
ブレスアウトをするときは、
思考よりも五感を優位にし
心を言葉やイメージを吐き出していきます。

 

具体的なブレスアウトの方法

※私のクラスでやっているブレスアウトは、私が指導を受けたものから細部のやり方を独自に変えています。

  1. 呼吸法で思考をリセットする
  2. ブレスアウトのルールを説明する
  3. ブレスアウトのテーマを発表する
  4. テーマについて思い浮かんだイメージやエピソードを用紙に書き出す
  5. 書き出したことを一人一人話す

たったこれだけですが、
評価することも、されることもなく
ただただ言葉にして吐き出すことを
しっかり意識します。

ここで大切なのは、
いいことを言おうとしたり、
よく思われようとか、
共感してもらおうと思うのではなく、

イメージや感覚を働かせ、

どんなことが浮かんでも
自らが肯定し続けること。

 

ブレスアウトの効果

ブレスアウトで得られる効果は様々あるのですが、

  • 自分の心の声の一番のリスナーに自分自身がなれること
  • 自分の言葉を他者目線で見られる
  • 他の方のブレスアウトで違う視点に気付く

という直接的な効果もありますが、

  • 普段、人に気を遣って言えず、重い蓋をしていた自分の思いが直感的に出てくる
  • 他の方のブレスアウトを聞いて忘れていた記憶が蘇る
  • 自分が縛られている言葉やイメージに気づく
  • 普段、口にしている言葉と、心で思っていることのギャップに気づく

ことにもつながります。

また、
ブレスアウトで出てきたキーワードが
話している最中はピンとこなくても
クラスの後に目の前に現れたりと
不思議なこともおこるのです。

 

 

今日は、
「ゆるく続ける呼吸法」のクラスを
渋谷で開催しておりました。

今日来てくださった方は、
このブレスアウトを感覚的にうまく捉え
「なんでこんなイメージが湧いたかわからないのだけど・・・」
「全然脈絡がないけど、こういう言葉が浮かんだ」
ということを話してくださいました。

思考に縛られないでいると、
心の深いところで言葉にしないで蓋をしていた
不思議に思えるキーワードが
たくさん出てきます。

 

これを繰り返していくことで、
自分が思っていることを意識することができ、
どうやって外に出すか(=言葉にするか)を模索しながら
外に出すきっかけになるのです。

 

呼吸法は一人でも続けることができます。
ブレスアウトも一人でも続けられます。

しかし、
人と一緒にやることで、
呼吸法も
ブレスアウトも
新たな現象を起こしやすくなります。

 

今日のクラスは
まさにそんなことを感じさせてくれる
とっても心地よい時間でした。

おいでくださったTさん、
ありがとうございました。

とっても心地よかった♪