コンテンツへスキップ

2017年6月23日(金)〜25日(日)に写真展を開催します。

写真展については、こちら

開催場所は東京都内ですが、都心というわけではなく、
踏み込んだことのないエリアという方も多いはずです。

なので、写真展のついでに、こんなところにも寄れちゃう♪
という情報をアップしてまいります。

その第三弾は、おみやげ

 

写真展ではチラシと記憶だけがおみやげですが、
ご家族などになにか持ち帰りたい方のために
上町で買えるおみやげ情報を。

  • ロン&メリーのシフォンケーキ
  • 南薫堂珈琲のコーヒー豆
  • 一福の生餃子

 

ロン&メリーのシフォンケーキ

写真展会場から徒歩5分
ボロ市通りという商店街にあります。
住所:世田谷区世田谷1-24-2

カフェなので店内で食事もでき、
シフォンケーキは持ち帰ることもできます。

このお店、
次女が赤ちゃんの頃によくお邪魔しました。

キッズメニューもあり、
長女もペロっと食べて、
大人の分まで食べるほど。

次女が泣きわめいても、
にこやかに見守ってくださる店主に
何度も救われました。

そんなお店なので、
お子様へのおみやげは
ここのシフォンケーキがお勧めです。

南薫堂珈琲のコーヒー豆

上町駅から写真展の会場への一本道上にある
南薫堂珈琲

HP:http://www.nankundo-coffee.com

我が家のデイリーの珈琲も
ここで購入しています。

コーヒースタンドが増える中、
このお店は自家焙煎豆専門店で
コーヒーは飲めません!

が、
まっすぐで誠実なマスターが
毎日店頭で焙煎するコーヒー豆のお味は
いつも安定しているので、
安心して購入できます。

味の好みも人それぞれならば
そのコーヒーを飲んだ評価も人それぞれ

だから、
マスターはいつも押し付けることはしません。

私がこのお店以外で買うことがないのは
そういうマスターのお人柄ゆえなのです。

おみやげに好まれるのは、
このドリップバッグです。

 

一福の生餃子

写真展会場のすぐお隣のお店
住所:世田谷区世田谷2-6-5

餃子屋さんですが、
焼いた餃子は売っておらず、
おうちで焼く餃子です。

小ぶりな餃子なので
子供も食べやすいですし、
お友達の家に遊びに行く時も
大量に買って行ったりします。

生餃子と書きましたが
冷凍餃子も売っているので、
冷凍庫にストックしておけるので、
これまた便利で仕方ありません。

 

京都出身の男前店主が
毎日一生懸命作っています。

とっても一生懸命な方なので、
倒れてしまやしないか、
いつも心配しています。

 

写真展のついでに、他にもこんなところに立ち寄ってみてください。

【写真展のついでに】子鉄&ママ鉄が喜ぶ世田谷線
【写真展のついでに】神社に詣でる
【写真展のついでに】世田谷線上町でおみやげを買うならこれ!
【写真展のついでに】美味しいコーヒーを飲もう
【写真展のついでに】お腹が空いたらここに寄ろう

2017年6月23日(金)〜25日(日)に写真展を開催します。


写真展については、こちら

 

開催場所は東京都内ですが、都心というわけではなく、
踏み込んだことのないエリアという方も多いはずです。

なので、写真展のついでに、こんなところにも寄れちゃう♪
という情報をアップしてまいります。

その第二弾は、神社

世田谷線ののんびりした雰囲気の中、
神社を歩き詣でるのもいいものです。

世田谷線に乗って回るもよし、
30分もあれば歩いていけてしまう
二つの神社+おまけにお寺をご紹介します。

  • 松陰神社
  • 世田谷八幡宮
  • 豪徳寺(おまけ)

 

松陰神社

世田谷線松陰神社前駅から徒歩3分
住所:東京都世田谷区若林4-35-1
HP:http://www.shoinjinja.org/access.html

いわずとしれた幕末の教育者 吉田松陰先生を祀った神社

残念ながら写真展の期間ではないのですが、
6月30日(金)〜7月9日(日)に
夏越大祓式(形代祓、茅の輪くぐり)が開催されます。

いつもここの空気は凛々しく
見守られているような風が流れています。

心がざわつく時にここを訪れるよ
自然と答えがみつかるような心になります。

吉田松陰の墓碑もありますし、
松下村塾の建物も再建されています。

 

世田谷八幡宮

世田谷線宮の坂駅前
住所:東京都世田谷区宮坂1-26-3

地元の方々が日常的にここに足を運ぶ
地域の人々に愛される八幡様です。

夏の大祭では
東京農大の奉納相撲が見られ
私も毎年楽しみにしています。

取り組みも暑いので、飲みます

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

厳島神社も合祀されていて
こちらの空気にも引き込まれて
いつもお参りしています。

鴨や亀もいるのですよ。

 

豪徳寺(おまけ)

おまけというには有名な豪徳寺

世田谷線上町駅から徒歩5分
宮の坂駅からも徒歩5分
住所:東京都世田谷区豪徳寺2−24−7

 

「豪徳寺といえば招き猫」というくらい
この近辺ではよく招き猫を見かけます。

↓小田急線豪徳寺駅前の招き猫

1号の目線で招きハハ #招き猫 #豪徳寺

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

豪徳寺が招き猫と縁が深いそうで
豪徳寺境内にはこんな有名なスポットがあります。

 

豪徳寺をおすすめスポットにいれましたが、
私自身が1度しか訪れたことがないので
解説も写真も省きます。

おそまつ!

 

写真展のついでに、他にもこんなところに立ち寄ってみてください。

【写真展のついでに】子鉄&ママ鉄が喜ぶ世田谷線
【写真展のついでに】神社に詣でる
【写真展のついでに】世田谷線上町でおみやげを買うならこれ!
【写真展のついでに】美味しいコーヒーを飲もう
【写真展のついでに】お腹が空いたらここに寄ろう

2017年6月23日(金)〜25日(日)に写真展を開催します。


写真展については、こちら

 

開催場所は東京都内ですが、都心というわけではなく、
踏み込んだことのないエリアという方も多いはずです。

なので、写真展のついでに、こんなところにも寄れちゃう♪
という情報をアップしてまいります。

その第一弾は、世田谷線!

 

写真展の最寄駅は、東急世田谷線の上町駅

この世田谷線、全長5km、駅は全部で10駅、車両は2両編成。
小鉄&ママ鉄が手を振る姿を、毎日のように見かける、ほのぼのとした路線です。

 

ほとんどが無人駅

世田谷線で改札があるのは、

  • 三軒茶屋駅
  • 上町駅(上りホームのみ)
  • 下高井戸駅

の3駅のみで、他の駅に改札はありません。

ほとんどの駅はこんな感じ


上町駅下り電車(下高井戸方面)

 

運賃は、バスに乗るように、車内で支払います。

運賃箱は、一番前の扉か、一番後ろの扉にのみあるので、
それ以外の扉から乗ってしまったら、運賃箱のところにお金を払いに行ってくださいね。

もちろん、ICカード(パスモ・スイカ)も使えます。

 

運賃と1日乗車券

運賃は、距離に関係なく一回150円(ICカード144円)
子供運賃は、80円(ICカード72円)です。

現金 ICカード
大人 150円 144円
子供(小学生以上) 80円 72円

子供運賃を現金で支払う場合は、「こども」のボタンを押してからお金を入れましょう。

ですが・・・
世田谷線に1日3回以上乗る場合は、一日乗車券がお得なんです。

一日乗車券:330円(子供170円)

発券場所:三軒茶屋駅、上町駅(上り)、下高井戸駅

購入場所が限られているのですが、購入前に乗ることも可能。

運賃を現金で支払い、運転手さんか車掌さんに「一日乗車券お願いします」とお願いすると、一日乗車券に精算してくれる券を発行してくれます。

その日のうちに発券場所での精算は必要ですが、私はよくこの手で利用しています。

 

宮の坂駅前の旧車両

宮の坂駅下りホーム

線路を走る車両とは別に、左に緑色の車両が見えます。

これ、古い車両を使ったコミュニティースペースなんです。

床は板張り、つり革も懐かしい雰囲気です。

休日は、子供たちは自然と猿に還る、楽しいスポットです。

 

というわけで、
ほのぼの世田谷線に乗って、写真展にいらしてください。

 

写真展のついでに、他にもこんなところに立ち寄ってみてください。

【写真展のついでに】子鉄&ママ鉄が喜ぶ世田谷線
【写真展のついでに】神社に詣でる
【写真展のついでに】世田谷線上町でおみやげを買うならこれ!
【写真展のついでに】美味しいコーヒーを飲もう
【写真展のついでに】お腹が空いたらここに寄ろう