コンテンツへスキップ

朝のオンライン呼吸法を始めて3週間が経ちました。

関連記事:オンラインで朝の呼吸法 9月も開催します

 

私は呼吸法を始めて4年半ほど経ちますが、
正直・・・
この3週間の方が深い!と感じています。

 

4年半の呼吸法ライフで、呼吸法自体を深めてはきましたが、
「座った、10分経った、よし!」
くらいの惰性で続ける時期も正直ありました。

 

 

脳の一部は思考で騙すことができます。
「やってるつもり」でも効果を表していきます。
もちろん、呼吸法の効果もある中で、
思考で洗脳していくような効果も一部あったのだと思います。

でも、思考では騙せない領域はあるのです。
それがこの3週間で明確になってきたのです。

 

体も正直。

朝のオンライン呼吸法を始める数ヶ月前から、
腰痛や子宮内膜症など、体の異変を感じていたのです。

それが、この3週間で腰痛は消え去り、
生理中の経血コントロールが、あっさりとできるようになり
子宮内膜症の生理中の不快が一掃されました。

他にも、
「スミちゃん、なんかいいねぇ、すっきりしてる」
と憧れの人に気づいてもらえたり。

 

 

朝のオンライン呼吸法では、
少しのんびりできる週末の朝は、呼吸法の後に、質問や共有したいことなどをお話しする時間を取っています。

この連休中も、有意義な質問のやりとりができ、
「癌にも聞くんじゃない?!」
なんてお話しも飛び出しました。

たった3週間、でも、こんな風にそれぞれの呼吸から感じたことを話せる時間が得られていることに、心から感謝しています。

 

 

一人でもできる呼吸法
人とつながって続ける呼吸法
どちらにも価値があり、どちらにも意味がある。

今の私にとっては、こうして参加してくださる皆さんがいることが、何よりも暖かくありがたいです。

 

2017年9月20日(水)は、我が家での月一回の呼吸法のクラスを開催します。
今月は満席ですが、10月はお席に余裕がありますので、ぜひご参加ください。

ゆるく続ける呼吸法+ヨガのクラス

Translate »