コンテンツへスキップ

写真の撮られ方講座で
「写真には何が写ると思いますか?」
という質問をしています。

 

みなさん、よくわかっていらっしゃって
「心」
とおっしゃる方が8割です。

「おばけ」
という中学生な答えも
「カメラマンの心」
という哲学的な答えも
今のところ
出てきてはいません。

 

写真には「心」が写る

写真を「写心」と書く方がいるほど
写真には「心」が写ります。

 

もちろん他にも
撮る方との関係性や
景色なども重要ですが、

「心」が写るとわかっていながら、
写真を撮られる時の「心」を
大切にできていないことを
よくお見かけしています。

 

どんな「心」を写したいですか?

「心」つまり
どんな気持ちを写したいか
にフォーカスしてみましょう。

  • 友達との久しぶりの再会の嬉しさ
  • 憧れの人に会えた高揚
  • 子供の成長の喜び
  • かけがえのない時間のありがたさ
  • 大爆笑するような面白さ

いろんな感情があると思います。

 

それを写真に残そうとして
カメラを手にしたり
カメラを向けられたりするはずです。

 

カメラを向けられた途端に忘れる「心」

しかし、
カメラを向けられた途端に、
その「心」を忘れてしまうのです。

  • お化粧くずれてないかな?
  • 隣の人の顔が小さくて、私の顔が大きく見える
  • 痩せて見えるようにお腹を引っ込めよう
  • シワがよらない笑い方をしよう
  • こんなならもっといい格好してこればよかった

そう、
カメラを向けられた瞬間だけ
写真に残したかった「心」
を忘れてしまうのです。

 

そして、写真に写った「心」は?

お気づきになりましたか?

写真に残したかった「心」と
カメラを向けられたときの「心」が
違うものになっているのです。

では、
最終的に写真に写る「心」は
どちらの「心」でしょうか?

そう、
カメラを向けられた時の「心」
なのです。

 

そして、

  • やっぱり化粧が下手だ
  • やっぱり私は顔が大きい
  • やっぱり私は太っている
  • 私も老けたものだ
  • この服は似合わない

と、
化粧品を買い替えたり、
ダイエットを始めようと意気込んだり
するのです。

 

撮られる時の「心」のコツ

そんな努力をしなくても、
撮られる時の「心」を変えるだけで
写り方は変化します。

 

カメラを向けられたときに
少しでも良く写ろうとする「心」ではなく、
写真に残したい「心」に
フォーカスすることです。

 

これは、
少しでも良く写ろうとする気持ちを
否定しているわけではありません。

もちろん私も、
少しでも良く写りたいですし、
少しでも良く写したいと思っています。

 

でもそこで、
カメラを向けられた時に
写真に残したい「心」を
しっかり意識できていると

写真を見返した時も
自分にダメ出ししたいスイッチが
入りにくくなります。

 

太って見えるのが嫌だから
と思って写真を撮られると
「太って見えるのが嫌だ」
という気持ちが写ります。

その写真を見返した時に
思い浮かべるのは
「やっぱり太って見える」
という気持ちで

けっして、
「このとき楽しかったな〜」
という気持ちではないのです。

 

 

ということで、
今感じている「心」を大切に
楽に撮られてみてください。

 

 

先週の話になってしまいましたが、
「写真の撮られ方」講座を開催しました。

 

写真写りが悪いのではなく、
写真の撮られ方がわかっていないだけ。

写真の撮られ方がわからないのは、
写真に何が写るのか、
写真に何を写したいのか、
がわかっていないだけ。

でも、
それがわかると人って笑うのですね(笑)

そんな笑にに包まれた
と〜っても楽しい講座となりました。

 

この日、サポートに来てくださった
骨格スタイルアドバイザーのしらすぎもとこさん
(blogはこちら→http://ameblo.jp/le-capricorne08/
薬膳師でマヤ暦鑑定の渡邉恵子さん
このお二人に心から感謝します!


渡邉恵子さん(後列左)、しらすぎもとこさん(前列左)

 

撮られ方は、
1回の講座ではお伝えしきれないので、
2017年6月から全3回の連続講座に
展開していく予定です。

ですが・・・

2017年3月21日(火)に
単発講座を開催いたします。

ご興味のある方は、
ぜひご参加ください!

詳細はこちら↓
http://tsunagaruie.com/archives/4279

先日開催した、
「写真の撮られ方講座」

季節柄、
体調を崩された方もいらっしゃいましたが、
9名+shibukuraメンバーで
楽しく盛り上がった

 

ご感想をいただきましたので、
掲載させていただきます。

 

 

とても楽しく講座を受けさせていただきました。

最近あった嬉しかったこと、楽しかったことがすぐに思い浮かばなかったことに、自分でびっくりしました。

最近、うまく笑えないと感じているのは、自分自身に問題があったのだと気づきました。

自ら着ている鎧が気付かないうちに重くなっていたのだと思います。

ありがとうございました。

矢島 幸子 様
ご感想記事「笑いジワ!たくさん笑っていいんだ!

 

左目の下にシミがあったり、笑うと頬が・・・法令線が・・・たるみが・・・口角が・・・コンプレックスが密かに隠れていたことに気がつきました。

正面から撮られるとどうしてよいかわからず、とりあえずポーズしてみたり、いい顔しようと作ってみたり、「暗い、かたい、やぼったい!」なんとか克服したいと思って参加させていただきました。

楽しいこと、嬉しいことを妄想しながら、「私のありのままで良い」「ありのままを撮ってもらったら良い」と思いました。

聞いてみれば簡単なことですが、聞かなければわからなかったことで、浜松から参加させていただいて良かったです。

スミコさんの笑顔、とっても素敵です。憧れてしまうような方にカメラを向けられても、自然で入られたのは、スミコさんのお人柄、それとお話の後で意識が変わったからかもしれません。ありがとうございました。

青池由佳里 様
ご感想記事「暗い、かたい、野暮ったい!なんとかしてください」

 

気付かないふりをしていた自分の感情や、自分が自分を認めてあげられずにいた部分を、あぶり出され向き合った気分です。(笑)

そんな自分も笑顔で受け止めつつ、写真を撮られることが好きになれると思えました。

まだキンチョーしましたが、自分で自分に「かわいい」って言ってあげたくなりました。

なによりスミコさんの笑顔が素敵で、見てるだけで幸せでした!!

ありがとうございました。

佐藤ちひろ 様

 

写真を撮られる機会が増え、より緊張している顔が多いな〜と思っていました。
ほんと、感情大事ですね。笑わなければ・・・と思っているときはそんな顔しています(笑)どうしたら自然に撮られるのか、気になって参加しました。
内容全てなっとく!です。

呼吸ですね、「ふ〜」、心がけます。

楽しかったです。ありがとうございました。

K様

 

どうしてもカメラを向けられると固まってしまっていたけれど、そのとき呼吸が止まっているというのが目からウロコだった。

これからはカメラの前でリラックスできるようになれたらいいな。
呼吸を意識することを忘れないようにしようと思います。

八木橋さんにお会いできてうれしかったです。

M様

 

初めて参加しました。

とても楽しくあっという間の90分でした。
私も20歳くらいまで、変顔や後ろ姿などまともな写真がなく、
最近も、同じ表情の写真しかありませんでした。

次、撮る機会があれば、少し呼吸を意識して、スミちゃんに見てもらいます!!

谷 由紀子 様

 

・ワクワクが伝わってきました。
・撮っているときの先生の笑顔、モデルさんよりとっても素敵です!!・呼吸のお話のとき、「空気」が落ち着いたので、やり易かったです」
カメラを向けられると、自然と笑っちゃってました。その時楽しい気持ちもありますけれど、恥ずかしさもあったように思います。
これからは、「意識」して「呼吸」して写りたいと思いました。
・私の「鎧」脱いじゃいます!渡邉 恵子 様

 

今日のセミナー「写真の撮られ方」とても楽しく、あっという間に時間が過ぎていってしまいました。

やっと、自分の写真を撮られても大丈夫!と思える日がきました〜かな?笑

今日はありがとうございました。

H様

 

スミちゃんならではの「写真の撮られ方」

経験談が生きていて、とっても納得でした。
グループワークが多くて、楽しく盛り上がりました。
呼吸法を取り入れ、自分の鎧を脱ぎ捨てて、今後の写真に向き合いたいと思います。

写真ってとっても深いですね!

大野 多恵子 様(shibukura

 

笑うとシワシワになる自分も、今は、好きな私だと思えるようになりました。

これがきっと
「自ら着た鎧を 自ら脱ぐこと」なんでしょうね!

事例で幾つかの写真を見せていただき、とてもわかり易かったです。

そして、リラックスには「呼吸」が大切ですね。

これからも呼吸を意識し、リラックスして楽しい日常を撮って撮られていけたらいいな〜と思います。

ありがとうございます。

「続編」が必要ですね!

木村 眞理 様(shibukura

 

スミちゃんの呼吸、笑顔、雰囲気が、講座全体の空気感となって、いい時間が流れていました。

写真の写り方について、考えたことがなかった・・・というより、映る瞬間に「あ、どうしよう・・・」と思いつつ、日常ではそこで困ったことはすぐに忘れていました。

私が気にしていることは、人の目には大したことはないんだ!と自分に落とし込むことができました。

きっと、この視点は写真に写る時だけではなく、人前で緊張した時に、味方になってくれると思いました。

志田ちほ shibukura

 

スミちゃんの長い間撮られたくなかったという感情が、素直に響きました。

そして今、写真を撮られることも、撮ることも楽しいという感情が、体から溢れる、素敵なセミナーでした。

野田弥栄子 shibukura

 

たくさんのご感想をありがとうございます。

内容だけでなく
伝え方もブラッシュアップし
より、皆さんが実感できる
講座にしてまいります。

 

次回は、2017年2月22日(水)
に開催いたします。

 

<写真の撮られ方>

■日時:2017年2月22日(水)13:30〜15:30
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加費:6,000円
■定員:8名
■お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S86489582/

※講座の前後で、八木橋が写真を撮らせていただき、
その写真をプレゼントいたします。

2017年1月20日開催時のご感想はこちら↓
http://tsunagaruie.com/archives/4134

 

<セルフメンテナンスのための呼吸法>

■日時:2017年2月22日(水)10:00~12:00
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加費:5,000円
■定員:8名
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl

 

 

<2017年1月25日「グループ撮影会+マヤ暦鑑定」>

■日時:2017年1月25日
■時間:
10:00〜13:00 午前の部(ランチタイム含む)
13:30〜16:30 午後の部(ティータイム含む)
■参加費:10,000円(税込)
■場所 :東急世田谷線上町駅最寄り
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathingpics
■詳細:http://tsunagaruie.com/archives/3854

 

 

<グループ撮影会 in 福島県郡山市>満席

■日時:2017年4月22日(土)・23日(日)
■場所:福島県郡山市
■参加費:5,000円
■詳細:http://ameblo.jp/furufuru12345/theme-10099838124.html
イベント招致プランナー安田紀子さんが、コーディネートしてくださっています。

満席になりました

2017年1月20日(金)に
shibukura主催で「写真の撮られ方」講座
を開催いたしました。

ご参加くださった皆さまには
私の写真もたくさん晒しながら
お伝えいたしました。

たくさんのご感想をいただき、
今後もお伝えしてまいりますので、
お楽しみに。

 

なお、
単発での「写真の撮られ方」講座は、
2月22日をもって一旦終了し、
理解と実感を深められるよう、
連続講座に移行してまいります。

ご了承くださいませ。

 

撮られることが好きでたまらない!
という方は少ないでしょうが、

写真を撮られることに抵抗はない、
という方は、それなりにいらっしゃると
予想しています。

 

しかしその逆に、
集合写真でもかなり緊張する、
という方がいらっしゃるのも事実。

もう少しつっこむと
一対一で撮られるのは緊張する
という方は多いのではないと思います。

 

ファッション雑誌のモデルさんのように
美しく、自然に写りたい!
という願望がありつつも、

実際に自分が写った写真を見ては、
「私は写真写りが悪いんだ」
と諦めることもある。

 

写真を撮られるって
いろんな心理が働き、
楽しい思い出を残せることも、
嫌な気持ちになることもあるのです。

 

でもね、それって
ただ写り方を知らないだけで、
写真写りが悪いわけではないんです。

 

「写真の撮られ方」講座は、
ワークをしながら、
撮られ方を実感していただけるよう
お伝えしています。

なお、
22日午前には
「セルフメンテナンスのための呼吸法」
も開催いたします。

撮られ方の要点になる呼吸法も
同日に学んで実践もしていただけます。

<写真の撮られ方>

■日時:2017年2月22日(水)13:30〜15:30
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加費:6,000円
■定員:8名
お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S86489582/

 

<セルフメンテナンスのための呼吸法>

■日時:2017年2月22日(水)10:00~12:00
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4
(東京都渋谷区桜丘町23-21)
■参加費:5,000円
■定員:8名
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl

 

 

<2017年1月25日「グループ撮影会+マヤ暦鑑定」>

■日時:2017年1月25日
■時間:
10:00〜13:00 午前の部(ランチタイム含む)
13:30〜16:30 午後の部(ティータイム含む)
■参加費:10,000円(税込)
■場所 :東急世田谷線上町駅最寄り
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathingpics
■詳細:http://tsunagaruie.com/archives/3854

 

 

<グループ撮影会 in 福島県郡山市>満席

■日時:2017年4月22日(土)・23日(日)
■場所:福島県郡山市
■参加費:5,000円
■詳細:http://ameblo.jp/furufuru12345/theme-10099838124.html
イベント招致プランナー安田紀子さんが、コーディネートしてくださっています。

写真を撮られる時って、
お化粧も、
ヘアスタイルも、
服装も、
ポージングもいずれも大切です。

 

でも、その前にもっと大切なことがあります。

「心と体の軸」

 

その軸がないと、
どんなに念入りにお化粧をしても、
撮られる直前に美容院に行っても、
見立ててもらったお洋服を着ても、
お腹を引っ込めたり、
きれいに写るというポージングをしても
納得がいく写真にはなりません。

もちろん、
アート写真などの
普段とかけ離れた写真であれば、
それでも構いません。

 

写真に写った自分を見て、
「いいじゃん!」と手放しに思えるには、
心の軸をつかみ、
体の軸をつかむことが大切だと
私は考えています。

心と体の軸がつかめると、
急に写真を撮られても、
どんな角度で撮られても、
写真に嫌悪感を抱くことは
ぐっと減ります。

それだけではなく、
撮られる時だけでなく、
嫌いだった表情を受け入れられることができ、
自分との付き合いも楽になるのです。

 

撮られるのが苦手だった私が
撮られることが楽になり、
自分との付き合い方も楽になったことを
1時間半に濃縮して
shibukuraイベント「写真の撮られ方講座」
お伝えしようと思います。

年度替わりの、
集合写真撮影が増える季節の前に
ぜひご参加ください♪

 

 

<2017年1月20日「写真の撮られかた講座」>

■日時:2017年1月20日(金)10:00~11:30
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 学習室2
■参加費:5,000円
■申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S24727523/
■詳細:http://tsunagaruie.com/archives/3879

 

<2017年1月25日「グループ撮影会+マヤ暦鑑定」>

■日時:2017年1月25日
■時間:
10:00〜13:00 午前の部(ランチタイム含む)
13:30〜16:30 午後の部(ティータイム含む)
■参加費:10,000円(税込)
■場所 :東急世田谷線上町駅最寄り
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathingpics
■詳細:http://tsunagaruie.com/archives/3854

 

<セルフメンテナンスのための呼吸法>

■日時:2017年2月22日(水)10:00~12:00
■場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター学習室4 アクセス方法
■参加費:5,000円
■お申し込み:http://tsunagaruie.com/breathclass_appl