私のはじめての写真展を開催します。

「環」の字は、筆もじスト小林佳織さんの書です

 

旅の目的はなんなのか
直感的に「いきたい」と二人で旅立った

なぜ行こうと思ったのか
なぜフランスだったのか
なぜ娘と二人だったのか

迷い悩みながら旅の中で気づいたのは、
どこにいっても、どんなときも、目の前にいる
「環」だった

 

 

八木橋スミコ写真展「環」

日時:2017年6月23日(金)~25日(日)11:00~18:00

場所:東京都東京都世田谷区世田谷2丁目6-5
(東急世田谷線上町駅徒歩2分)
ルッカという赤い扉のレストラン

入場:無料

赤ちゃんやお子様とのご来場も大歓迎ですし、
間口を広く開けておりますので、
車椅子の方もおいでいただけます。
(車椅子でのお手洗いのご利用はできません。)

私は終日在廊する予定です。

 

レセプションパーティーも開催します

みなさんと交流できる場を設けたく
レセプションパーティーも開催します。

日時:2017年6月23日(金)18:00〜
   2017年6月24日(土)18:00〜

参加費:1,500円(お飲み物は個別にご注文ください)

お料理をご用意しますので、
おいでくださる方は
事前にお申し込みいただけると助かります。

お申し込みフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S17434134/

もちろん、当日飛び込み参加も対応します!

1

2017年6月に写真展を開催します。

2017年6月23日(金)・24日(土)・25日(日)
はあけておいてくださいね♪


↑製作途中のフライヤー、まだまだ変わります。

 

写真展は、

日程と場所を決めて
フライヤーを作って
告知をして
写真を飾って
在廊すれば良い

というものではない。

開催経験のない私は
早々に立ち止まってしまいました。

そんなときにアドバイスを求めたのが
森 友亜(ともえ)さん

私は彼女に
写真展のための具体的なTODOを
指南いただくものと思っていました。

でも違った。

もっともっと
大切なことが抜けていました。

それは、

私の写真への愛に気づくこと
それを私がちゃんと伝えてあげること

 

友亜さんの質問は
私の思考を止めることなく、
私がたどり着きたいところに
私自身が見出せるよう
伴奏してくれました。

そして、
私以上に
私の写真の価値を見てくれていて
写真から私の変化も
見てくれていました。

「撮りながら、すみちゃんがこんな風に感じ方が変化して行ったんじゃない?」
「すみちゃんって、自分をこう思ってるでしょ」
「すみちゃんは、被写体を心底愛して撮ってるよね!」
↑巴亜さんがおっしゃった正確な言葉は覚えていませんが、こんな感じ

こんなにも感じてもらえていて、
とてつもなく嬉しかったのです。


写真展会場となるレストランにて 赤&笑顔&赤

 

そして、
友亜さんが最後に言ってくれた言葉、
「私はすみちゃんが写真展をしようと思ったことが、とっても嬉しい」
と。

写真展で展示する写真は
撮った私自身が
何度見ても涙腺が緩み
心が反応する写真達。

私の大好きな場所で
展示できることを
私自身もとっても喜んでいます。

お一人でも多くの方に
見ていただけるよう
しっかり準備してまいります。

ぜひいらしてください。

 

 

 

写真撮影のご案内

素顔の自分を好きになるプロフィール写真撮影
家族写真撮影
※その他にも、商品、お料理、遺影の撮影も承っております。