コンテンツへスキップ

妊婦の時に呼吸法を知っていてよかった

何度か書いているのですが・・・

私は次女がお腹にいる臨月の時に
呼吸法を始めました。

DSCN2069

一人目の子育てはイライラせずに楽しめたのですが、
(オットにはイライラしていましたが(汗))

先輩ママ達が声をそろえて
「二人目からイライラするのよ〜!」
言うことに驚き、

先手を打とうと始めた呼吸法。

 

 

呼吸法は、
静かな環境で、心を静めて、呼吸に意識を向け・・・
られるといいのですが、

その時の私は、

お腹の中でゴロンゴロンと次女は動き

呼吸に意識を向けたくても
自分の意思でお腹を動かせない妊婦としては
腹式呼吸なんてもんはできる気がしない。

「妊婦だからできないんだ」
「妊婦だから仕方ないんだ」

産後は、子育てがドタバタ過ぎて
呼吸法どころじゃない。

妥協ばかりして、

もどかしさを感じる日々でした。

 

あれから3年。

今の私は、
腹式呼吸も出来ます。
時間の余裕も増えました。

呼吸を意識することを阻むものは
自分の雑念以外ありません。

 

しかし・・・

お腹に次女がいた時に
呼吸法をやっていた感覚を
なんども思い出しています。

お腹が大きい時に模索していた感覚が
今の私の呼吸法に
大きな影響を与えています。

 

 

 

こうして呼吸法を続けてきたからこそ言えるのですが、

妊娠は、呼吸法を始める大きなチャンスです。

 

妊婦さんだからこそ、感じ取りやすい呼吸法の要素もあり、
子育ての日常には、呼吸法を続けるチャンスもたくさんあり、
効果を感じられるような、心の変化も経験出来ます。

そして、
妊娠、出産で、体が緩んでいるため、
体のフォームをリセットするチャンスにもなるのです。

 

今週末2016年4月17日(日)から、
子育て呼吸法のクラスを
再始動します。

子育て呼吸法についてはこちら⬇︎

子育て呼吸法

子育て呼吸法

 

子育て呼吸法の良さを体感しまくっていますが、
どう伝えるかというところに、まだまだ模索しています。

伝わるかな〜。
感じてもらえるかな〜。

 

不安もありつつも、
いろんな息づかいに触れられることを
ゆるりと楽しみにしております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »