コンテンツへスキップ

「私が養ってあげないと」から1年

個人事業主の開業届を
税務署に提出して
1年がたちました。

IMG_4088.JPG

この日を選んだのは
夫の誕生日だから。

私は愛夫家・・・なんて言葉はありませんが・・・
だからと決めた日でした。

 

でも、今、正直に思うと、
夫のためでも
夫のおかげでも
なんでもなかった。

 

「私が養っていかないと」
という決意表明だったのです。

 

それから1年。
食えるようにもなっていないし、
当初設定していた目標なんて
全然クリアしていない。

 

でも、
気付いたことがある。

 

「夫に食わせてもらっていいんだ」
ということ。

 

 

14年前、
私は就職先を紹介してもらう時に、
恩師にリクエストしたことが
一つだけある。

「(当時の)彼を養いたいので、
とにかく大きい会社に入らせてください。」

それで入社したのが、
ゼネコンでした。

 

(当時の)彼は、
稼げないバンドマンで、
彼のことが大好きでした。

養ってあげなくちゃって
勝手に思っていたんです。

でも、会社に入ったとたん、
私の生活は一変し、
その彼とは音信不通になり、
別れてしまいました。

 

私自身が、
人に甘えられない性格かと言うと
まったくそういうことはなく、
家族にも友達にも
散々甘えて生きてきました。

でも、
その彼にも、
夫にも、
甘えることはできなかったのです。

 

夫は本当に良い人。

でも、
5歳年下ということや
諸々の状況によって、
またまた私が
「この人を養ってあげなくては」
と思ってきたのです。

結婚した時も
子供が生まれた時も
ず~っと。

 

1年半前に私が会社を辞め、
夫の誕生日に個人事業主になり、

最初のうちは、
「私が稼いであなたがしたいことさせてあげる!」
なんて言ってはいたけど、

そう思えば思うほど、
力が入らない。

 

でも先日、
夫がポロっと言った一言で、
ストンっと力が抜けた。

「すみちゃんは、そのままでいてください」

あ…いいんだ、
このままの私で。

 

夫は違う意味で
言ったのかもしれないけれど、
いつも風のように流れていく夫の言葉が
心にとまった。

 

許可って、人にしてもらうものではない。

自分で自分を許可しないと、
いつまでも目に見えない鎖につながれている。

その鎖の存在に気付き、
自分を許可する。

そのまんまでいいよって
許可していく。

 

1年前の今日は、
長女が足裏のけがが化膿し
微熱を出してしまい、

つらそうな4歳の長女を
ベビーカーに乗せて
税務署に行ったという、

なんとも思い出深い日。

 

そして今年は、
娘たちと長い夏休みを終え、
夫の元へ帰る日。

特別なことはなく、
ただそのまんまでいよう。
IMG_2077.JPG
新幹線で富士山を見ずに寝落ちた二人
明日からまた
そのまんまの1日が始まります。

IMG_2070.JPG
娘たちよりも日に焼けたぞ!

 

<写真撮影>

・撮影写真
https://tsunagaruie.com/archives/category/shooting

・プロフィール写真撮影
https://tsunagaruie.com/profilepics

・家族写真
メニュー化の準備中です。
ご興味ある方はお問い合わせください。
https://tsunagaruie.com/contact

<呼吸法>

・呼吸法対面セッション
https://tsunagaruie.com/breathsession

・子育て呼吸法
https://tsunagaruie.com/kosodatebreath

・ゆるく続ける呼吸法
https://tsunagaruie.com/breathhome

<モデル>

ファッション、撮影モデルなど、
やぎはしすみこを撮ってみたいと思った方も、
お問い合わせいただけると幸いです。
https://tsunagaruie.com/contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »