コンテンツへスキップ

「あって当たり前」から、「ないくらいがちょうどいい」暮らしへ

我が家には、
あって当たり前のものが
ことごとくありません。

ないモノをざっくりあげると・・・
テレビ
固定電話
ダイニングテーブル
ソファー
チェストなどの家具

家具に関しては、
壁面に簡単な作り付け家具があるので
生活に支障はないのですが、
そうはいっても、
収納量は微々たるもの。

IMG_9613.JPG

この生活を通して、
「あって当たり前」という価値観が
快適な生活を阻んでいる
と思うようになりました。

 

ないくらいがちょうどいい

ティッシュも
ゴミ箱も
家中に一個だけ。

トースターも
魚焼きグリルも
ない。

ネットワークビジネスの名残で
鍋だけは大量にありますが、
食器はかなり少なめ。

「ない」のに困らないどころか
自由度がどんどん増していく。

IMG_4369-0.jpg

そんな「あって当たり前」
がない我が家ですが、
三〜四家族集まっても
困ることはありません。

 

「あって当たり前」
を手放した先にあったのは

みんなが集まってきてくれて
「ここは居心地がいいね~」
と口をそろえて言ってくれる

素晴らしく快適な空間でした。

 

モノと時間の関係

私が尊敬するインテリアの先生
木村眞理さんが、
ご自身の講座の中で

「モノを持つということは、それをメンテナンスする時間も買うということ。
どんな時間を大切にしたいのかを知って、モノを持ちたいものです」

というようなことを
おっしゃっていました。
※眞理さんの言葉を私なりに解釈しているので、
ご本人の意図と異なる可能性があります。

 

便利で快適な生活を求めて得たモノが
快適を阻んでいる可能性もあるのです。

「あって当たり前」から
「ないくらいがちょうどいい」へ
時代が変化しているのではないでしょうか?

14712889_1508347452515597_8821545215213510874_o

2年前にnowaという雑誌に掲載いただいた
我が家の写真

ドリームマップに貼ろうと
引っ張り出してきたのですが、
このころも幸せそうな
私と娘たちの雰囲気に
ほっこりしたのでした。

 

 

毎月開催している呼吸法のクラスは
こんな空間で開催しています。

 

 

<ゆるく続ける呼吸法+ヨガのクラス>

2016年10月31日(月) 呼吸法残1席 ヨガ満席
2016年11月30日(水) 呼吸法残1席 ヨガ満席
2016年12月26日(月) 呼吸法残1席 ヨガ満席

場所:東京世田谷

参加費:呼吸法1,500円 ヨガ1,000円
※当日のお支払いとなります

定員:呼吸法6名 ヨガ4名

詳細https://tsunagaruie.com/breathhome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »