コンテンツへスキップ

子育て支援の現場に呼吸法を

「セルフケアのための呼吸法」という講座をさせていただきました。

オファーをくださったのは、
NPO法人ひだまりの森という
子育て期の親御さんからの
匿名電話相談をする団体。

今回の呼吸法の講座の対象は、
相談を受ける相談員の皆さんで、

1日何件もの、
子育てに悩む親御さんからの相談を
電話で受けるそうです。

辛い相談も多いようで、
高いカウンセリング力や
相談技術をもってしても、
ご自身の心身の辛さに
つながってしまうことがあるそうです。

 

呼吸法は、まさにセルフケア法。

特別な道具も
特別な場所も
必要なく、
誰かにしてもらう必要もない。

自らの呼吸で
自らを癒していく方法です。

 

講座の前に、
ひだまりの森代表の林さんに
「本当に楽しみにしていました。」
と素敵な笑顔で迎えていただいたのですが、

その笑顔からは想像もできないような
心折れそうな節目が隠されていました。

内容は伏せますが、
ご自分のことを差し置いても、
相談者さんのことを考える
一生懸命な方です。


代表の林さん(左)、八木橋(右)

 

講座中も、
講座後も、
「本当に聞いてよかった」
「体がどんどん楽になっていく」
というご感想をお聞きでき、
ありがたいばかりでした。

私が相談に乗っていただく立場
だったかもしれないという私の過去や
私が呼吸法を伝える意義も
赤裸々に話させていただきました。

もっとたくさんの方に伝えたい。
そう強く感じました。

 

呼吸法は学ぶものではない。
呼吸を感じるから続けられるもの。

そんな視点で
お伝えします。

 

 

12月と2月に
に渋谷にて開催する予定です。

ぜひご参加ください。

 

■2016年12月14日(水)
https://tsunagaruie.com/archives/3689

内容:
・呼吸法とはなにか
・呼吸法によるセルフケアとは
・「自律神経」「体」「心」への呼吸法でのアプローチ
・心に意識を向けるとはどういうことか
・続けられる呼吸法のバリエーション
・八木橋が呼吸法でどう変わったのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »