コンテンツへスキップ

直感は条件を覆すことができるが、 条件は直感を覆すことはできない

頭でいくら考えても、
直感に勝ることはない。

頭でじっくり考えるのが
そもそもかなり苦手ですが、

直感で動いた後には、
面白いことがどんどん起こり、
ご縁がご縁のきっかけに
なってくれています。

 

過去を振り返って、
直感で動いてよかった大きな出来事は
今の家を買った時のこと。

買える金額、
職場に通える立地、
という条件満足するのは、
郊外の戸建てしかない
と思っていたのですが、

最終的に選んだのは、
都内の中古マンションでした。

 

条件と言っても
上に挙げただけではなく、
待機児童数、
子育てのしやすさ、
バイクや車の駐車台数、
も重要な条件としてあげていました。

それでも、
会社まで片道1時間半、
保育園までバスで20分、
なんてくらい
妥協しまくって探していました。

 

そんなとき、
住宅情報サイトで
冗談半分で、
全然違う条件で検索してみたら、
知っている物件がでてきたのです。

でも、
そこは、
都内だし、
マンションだし、
築年数がかなりいってる。

決めていた条件には
程遠い条件でした。

 

「冷やかしになっちゃうかもしれないけど、見に行ってみようよ。勉強になるかもしれないし。」
と夫と話し、
内見の予約を入れました。

しかし、
売主さんのご都合で、
内見の予約が2度もキャンセルされ、
販売自体がなくなるかも、
という状況にまでなり、
「ご縁がなかったのかな~」
とモヤモヤしながら諦めました。

あらためて、
元の条件に戻り、
物件を探し続けたのですが、
そうそう出会えるものではありません。

そんな折に、
そのマンションを内見できる機会が到来し、
内見に伺いました。

そして、
初めてお会いした売主さんに
私は一瞬で惹かれたのです。

売主さんは、
私の母ほどの年齢の女性。

「コーヒーでも飲む?」
としょっぱなから気さくで、
その時点で、
「あ〜、ここに住みたいな〜」
と思っていました。

でも、でも、でも、
条件には全く合わない。

でも、でも、でも、
気になる。

条件と直感の間で、
1ヶ月以上悩みました。

 

そして、最終的には、
そこに決めたのです。

 

決め手は、
条件ではなく直感

 

 

家を買った方には
よくあるお話だとは思います。

大きな買い物だからこそ
いろんな偶然や
ご縁が重なって
購入に至るというのは
よくある話だと思います。

 

私にとっては、
このマンションを買うことが
そこからの人生を大きく変えました。

 

最高に大変で楽しかった
スケルトンリフォームにより、
雑誌2誌に掲載され、

きてくださった方の多くが、
「心地いい」と言ってくれ、
心地よい人ばかりが
どんどん集まるようになり、

自宅でクラスを開催するようになった。

 

ひょんなことから、
管理組合の理事長になり、
書類作成の嵐、
クレームの嵐、
裁判の嵐、
を経験した。

しかし振り返れば
その陰で、
良縁が良縁を呼んでいたのです。

自分の直感を信じることで、
故意犯的な人脈は淘汰され、
必要な方と、必要な時に、
つながることができています。

 

条件も大切、
でも、

直感は条件を覆すことができるが、
条件は直感を覆すことはできないのです。

 

 

そんな我が家で、
2016年12月8日(木)に
グループ撮影会+マヤ暦鑑定の
コラボイベントを開催します。

ご参加くださるみなさんにとっても、
ご縁を感じられるイベントになると
予想しています。

イベント詳細はこちら↓
https://tsunagaruie.com/archives/3790

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »