コンテンツへスキップ

撮られ慣れていない方が陥りがちな3つの誤解

「写真を撮られるのが苦手です」
という方や
「カメラマンさんに撮ってもらうのは初めてです!」
という方を、
これまで沢山撮らせていただいてきました。

 

撮られ慣れている方も
沢山いらっしゃいましたが、

撮られ慣れていない方が陥りがちな
間違った準備をが3つあります。

それは、

衣装・化粧・表情

 

この3つ、
撮られるときの大切な要素ではあります。

が!
誤解している方が多いので、
その理由を解説していきます。

 

衣装・・・衣装より姿勢

撮られる時にどんな服を着るか、
間違いなくとっても大切です。

その方のイメージにも関わりますし、
似合わない色や形の服よりも、
似合う色や形の服を着た方が、
確実に良い印象につながります。

 

しかし・・・

衣装に意識がいきすぎて、
姿勢がおろそかになっては
ま〜ったく意味がないのです。

衣装にこだわっても、
姿勢が残念だったら、
全てが台無しになります。

逆に、
衣装はそこそこでも
姿勢が良いだけで
印象はガラッとかわります。

その例として・・・

東京神奈川でオーダーメイドバッグ製作&ドリームマップ講師をしている
友田陽子ちゃん

姿勢が整う魔法の言葉をかけたら
一瞬でこの変化!

ね、印象違うでしょ♪

 

化粧・・・化粧より素肌

化粧、これも大事です。

ですが、
写真に写るために
結構な厚化粧でいらっしゃる方が
たまにいらっしゃいます。

残念なことに・・・

お化粧が厚めだと
お化粧した部分だけ
光の反射が強くなってしまい、
浮き上がって見えてしまうんです。

普段の2割り増し程度のお化粧に
とどめてください。

2割り増しって例えば、
普段はしないマスカラをする、
リップをブラシを使って丁寧にひく、
という程度。

お顔のテカリが気になる方は、
ティッシュでお顔の油を取るか、
お粉をはたく程度がオススメです。

 

普段からお化粧をしない方は、
この際すっぴんという手もあります。
この方みたいに・・・

福島県郡山市のパン屋さん&イベント招致プランナーの
安田紀子さん

すっぴんのところを捕まえて
撮らせていただきましたが

すっぴんとは思えない素肌力。

 

素肌がキレイだと、
光がまんべんなく反射してくれます。

 

表情・・・表情より気持ち

鏡を見て
どんな顔で写るか
練習したことがある方、
多いのではないでしょうか?

もちろん私も・・・
やったことがあります。

しかし、
鏡の中の自分と
写真に写る自分は
まったく別人です。

 

自撮り慣れしている方は特に、
自撮りした自分の表情と
撮ってもらった自分の表情の違いに
ギャップを感じることが多いようです。

自撮りの表情と、
撮ってもらった表情、
どちらが普段の表情かというと・・・

撮ってもらった表情です。

 

自撮りがダメ!というわけではありません。

自撮りで繕った表情は
カメラの前では何の役にも立ちません。

 

それよりも、
撮られている時の気持ちが
写真には写ります。

 

「笑うと歯茎が出すぎるからおしとやかに笑おう」
「目が大きく見えるように見開こう」
「目尻にシワがよらないような表情をしよう」

この取り繕おうとする気持ちは、
そのまま写っちゃいます。

 

だから、
誰に撮ってもらうか、
どんな風に撮ってもらうか、
はとっても重要なわけです。

 


photo by LoLo, French photographer shooting all over the world

↑フランスのフォトグラファーLoLoが撮ってくれた
私と長女のたまき

どんな顔しようかなんて
一切考えていませんでした。

何度見ても、
このときの気持ちが溢れてくる
大好きな写真です。

 

まとめ

衣装より姿勢
化粧より素肌
表情より気持ち

 

普段から姿勢を意識できる人、
普段から自分を大切にしている人、
普段から幸せを感じられる人、

は、やっぱりキレイです。

 

<プロフィール写真撮影>

東京都内でプロフィール写真撮影をしています。
https://tsunagaruie.com/profilepics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »